ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • “新婚旅行はファーストクラス”は都市伝説? ファーストクラスに乗れるのは、新婚旅行ぐらいだから…っという独身者に、勤め先のイギリス人の既婚女性陣が新婚旅行はファーストクラスなんて、都市伝説よ!っと口々に言うので少々びっくり。 独身者はビジネスクラスぐらいまでにしておかないと、倹約家の配偶者と喧嘩になりそうですね。 独身の休暇は、ファーストか?、ビジネスか? イギリス人の知人(独身)が、休暇でカリブ海へ行くことになり、フライトをシートが180度フラットになるビジネスクラスにするか悩んでいました。 その知人曰く… ファーストクラスなんて、贅沢だから、新婚旅行だけ。 この年(40歳弱)まで独身なのだから、今後も独身のままの確率が高い。 上記2点を鑑みると、イベントとしてファーストクラスに乗ることがないから、機会は自ら作るしかない。 シートがフラットになれば十分なので、コスパを考えるとビジネスクラスで十分? つまり、一生ファーストクラスとは縁がない。 特に深く考えずに「そうだね~」っと聞き流していたのですが、勤め先の既婚女性陣にこの話をしたら、同じイギリス人なのに結構ツッコミが多かったので、ちょっとびっくり。 “新婚旅行はファーストクラス”なんて都市伝説 Mythを都市伝説と意訳しました。 「この年(40歳弱)まで独身なのだから、」なんて、白馬の王子様をいまだに待っているメンタリティーだから、「今後もそのままの確率が高い。」という考えは、正解。 結婚したいなら、努力を! 「機会は自ら作るしかない。」の機会が、「ファーストクラスに乗る」を意味しているとこがダメ。 「結婚」の機会にフォーカスすると、「ファーストクラス」の方はどうでもよくなるかもしれない。 大好きな人とラブラブ旅行に行くのに、手段なんてどうでもよくなるのでは? ファーストクラスは、いずれにしても自分で乗ろう! 疲れるとラブラブでも喧嘩しやすくなるので、余裕があるなら「シートがフラットになれば十分なので、ビジネスクラスにしようかな?」は、妥当。 おぉぉ〜。 子育てが終了に近づいている英国のお姉様方の力強さに圧倒されまくって、自分の意見なんて湧いてきそうにありません〜〜。 嘘みたいな本当の話 この独身知人、この後すぐに彼氏ができて、その彼氏のアメリカ駐在が決まったことで、出会いから3か月で結婚し、ハネムーン兼引っ越しでアメリカへ飛び立っていきました。 ファーストクラスだったか、聞きそびれて、残念無念。 折角友達が出来そうだったのに、残念無念。
        • 退職後やりたい100のこと、 いつかどっしり根を下ろしたい ここ17年間、2-5年間隔で引越しをしています。 イギリス2年→日本5年(2都市)→中国5年→インド2年→再イギリス3年目。 動き続ける事に抵抗感がなく、何処にでも適応できるタイプなんだろうと思うのですが、いつか庭付きの家で果樹など植えて、ハーブ園を作って、犬を飼ってなどなど。 いつかどっしり根を下ろしたい っと、定住への憧れを抱いています。 日本株を買いたいので、日本の何処かになるでしょう。 働いている間は、難しいかもしれないので、リタイアしてから、ですな。
        • 退職後やりたい100のこと、”名映画100選”を作る これまで数えきれないほど映画を観てきました。 映画を見ていると、人間の人生は感動するためにあるんじゃないか?っと思えてきます。 飽きっぽい私が、なが~く続けている趣味の一つです。 それなのに、一番好きな映画を聞かれると、凄く困ります。 自分でもどれが一番かわからないのです。 いつも適当に、I am Sam と答えるのですが、実はストーリーをよく覚えていないんですよね。 リタイアしたら、もう一度みたい映画を思いつくままに見直して、Myトップ100を決めたいです。 おススメを聞かれたら、その時点のNo.1をスムーズに答えられるようになります。 これは、リタイア後じゃなくてもいいかな…っと思わなくもないのですが、作文への苦手意識は拭いきれず、時間貧乏な会社員の間に映画とレビューを必須セットにすると、映画が嫌いになりそうです。 自分でもどれが1位に輝くのか、全く想像がつかないところが、楽しみポイントです。
        • 退職後やりたい100のこと、トップ10 RPG を決定 モノを捨てるのが苦手ゆえに、これまで買ったゲームソフトは、(貸したものが行方不明になっていない限り)ずっと大事に持っています。 リタイアしたら、それらを全て遊び直したいな〜。 ゲームレビューを書く プレイ日記は続かなさそうだから、 記憶をたどって、面白かったものから遊びなおし、レビューを書きたいです。 というのも、エンディングを覚えていないゲームが多すぎるのです。 「モンスターリストを全制覇」とか「ジョブカンスト」などの記憶はあるのですが、ストーリーのエンディングを覚えていないのです。 エンディングを覚えていない映画も星の数ほどありますが、何十時間も遊んでいて、エンディングを覚えていないというのは、ちょっと凹みます。 エンディングだけならまだしも、ストーリも忘れて、モンスターだけをうっすら覚えているゲームもあったりします。 リタイアしたら時間ができるから、全てのゲームにレビューを書いて、心残りをなくそう! 的な発想です。 トップ10を決める! レビューを書くたびに、Myランキングページに埋めていき、暫定トップ10を作ります。 面白かったものから遊んでいるハズなのに、後から遊んだゲームが番狂わせを起こしたりして、トップ10が磨かれていくのが楽しみです。 もしリマスターされたものがあれば、新しい方を試してみる。 いつの間にか、スピンオフが出ていれば、買い足して遊ぶなど。 そんな事ばっかりしながら生きていけるならさぞ幸せだろうな~。 何気にコレが一番楽しみにしている事だったりして…
        • 退職後やりたい100のこと、”ネトゲ廃人”デビュー “ネトゲ廃人”だけは、リタイアしてからじゃないと… 友人たちから、強くアドバイスされている、「ネトゲには手を出すな!」をちゃんと守って、何とか会社員やってます。 リタイアしたら、是非とも廃人デビューしたいです。 いやっ、リタイア後、「100の事を半分以上消化してから。」にしておきます。 そうしないと、他のことをする時間がゼロになっちゃいそうです。 最も危険な「退職したらやりたい100のこと」だと思われますから、くれぐれも慎重に! 特に気になっているタイトルとかはないので、時間ができた時に発売されたゲームに参加するんだろうと思います。 楽しみだな〜。

        筆者のリライト宿題帳

        • 貯金修行の副作用?、お金を使うと罪悪感を感じる時は… Saving_Money 目的のない貯金は、単なる「浪費」の先送りと考えている私にも、早期リタイア資金という貯金目的が出来、お金について粛々と学ぶこと3年半。 最近何だかお金を使うと罪悪感を感じるようになりました。 スーパー以外の買い物はすべて「浪費」の様な気がして、ちょっとした買い物にウジウジ悩むようになってしまったし、身動きが取れなくなった感じがします。 こういう時は、貯金の師匠、「Savvyに生きるのMMさん」のブログに教えを請うのが一番です! MMさんは、本業・副業・投資の3足の草鞋を颯爽と履きこなしつつ、支出ダウン(節約)も上手な方です。 手広く多岐にわたって成果を上げているのにサラッとしていて、バランス感覚抜群です! あ、弟子入りは、無許可で私が勝手にしているだけなので、ご本人ご存じないですけど… お金を使いやすくするための「予算化」 MMさんのイチオシは、「専業主婦(主夫)だと自由にお金を使いづらい?罪悪感無くお金を使うには「予算化」が必須」です。 これは、記事が見つかったので、↑オリジナルを当たってくださいませ。 お金を使うことに罪悪感を感じる人の殆どがこちらに当てはまると思います。 残念ながら私は2016年年初に大幅に家計予算を超えた支出をし、その後リカバリーに9か月もかかってしまい、苦しくて仕舞いには家計簿をつけるのを止めてしまったので、もう一つの方法をとりました。 先に貯めて、後で使う これもMMさんのブログからいただいた家計管理・予算管理に連なる貯金術なのですが、前のブログの記事なのか?オリジナルが上手く探せませんでした。m(_ _)m MMさんは、旅行や大き目の買い物をされる場合、それ用に積み立てをして、その後で使ってらっしゃったと思います。 レジャー目的のために貯めているのだから、そのために使わないと意味がないですよね。 この方法も罪悪感なく自分のためのお金を使う名案です! 私は綿密な計画が苦手なので、2017年1年かけて2018年の「へそくり」というか「お小遣い」を貯めています。 年初は、「2017年は、先に貯める」っと意気込んでいました。 目標は2014年~2016年の3年平均と同じ額だけ貯めて、しかる後に使う事。 でもよく考えたらこの方法だと冬のボーナスが出るまで3年平均に到達できず、12月中旬以降しか遊べない変な計画を立ててしまっていました。 8月ぐらいに、「なんか旅行に行きたいな~。もうそろそろお金貯まったかな~?」っと調べてみて、初めて冬のボーナスが出るまで旅行に出られないことに気付いたという… おそいよ! RPGゲームとNetflixがあれば楽しく生きられる人間って、いいのか?、悪いのか? 兎も角も、仕方がないから、3年平均貯金額を超えた分は、来年のお小遣いとして使うことにしました。 いくらになるかは、全く不明。 友達のおじいちゃんは、孫たちのお年玉を500円玉貯金で貯めていて、毎年金額が違ったそうです。 貯金箱を開けて、金額を数えて山分けするのが孫たちに大人気のお正月イベントだったそうですが、なんかわかる。 私もお正月イベントにしようっと。
        • 最も怖いのは”身の丈サイズ”の勘違い minimal life貯金において”見栄っ張り”よりも恐ろしいのは、”身の丈サイズ”の勘違いだと思っています。 関連記事「お金が貯まらない”見栄っ張り”は、才能に溢れている」でも書いたように、見栄っ張りさんの場合は、目線が上向きなので、やり様によっては収入増側に花開くポテンシャルを秘めているハズ。 “身の丈サイズ”の測り違いは、違います。 これは日々の生活で少しずつ足元をすくわれて、お金は減る一方です。 海外赴任という期間限定の下駄をはく 海外赴任になると、苦労もいっぱいしますけれど、大抵の場合、自分のお給料では住まないような広めの家に住むことができます。 というか、日本より狭い家を探す方が難しいカモ。 駐在妻だと、お手伝いさん、子守りさん、運転手さん、広い家、高級ランチ、スパ、毎週末の旅行などなど、バラエティー豊かに楽しめるらしいです。 一日12時間労働&出張まみれで「自宅=洗濯機」状態のへぼ独身駐在員目線では、広い家が唯一のベネフィット…(号泣) 注:イギリスに来てから、残業を止めて、ブログを書いています。(←) 海外赴任が10年目にもなると、身の丈よりも広い家が標準になってしまいます。 最近この”身の丈サイズ”の勘違いが最も危険だと気づきつつあります。 身の丈サイズの家は30平米 家賃は手取りの1/3以下にしましょう!というような有名アドバイスがありますが、お給料を1/3も持っていかれる家計最大の費目で、”身の程サイズ”を超えると絶対にお金は貯まりません。 もともと東京で暮らしていた時の部屋は30平米でしたから、帰国しても30平米の家が”身の丈サイズ”。 今住んでいる家のリビング(=リビングダイニングキッチン、5m x 6m)と同じ広さです。メインブログに写真があったので、転用します↓ 日本に戻ったらこのスペースに家のすべてが詰め込まれるのですから、今の家は超贅沢です。 最大費目の「住居」に関しては、帰国後は絶対に30平米と自分に言い聞かせています。 それでも、前より駅近、前より会社に近い、などなど家賃が高くなる要因はたくさんありそうですので、時期が近づいてきたら猛勉強しなければなりません。 ムダ遣いの多くが無自覚 この他の生活費については、居住国の庶民的生活がどんなものか詳しく知らないで暮らしている10年の間にどれほど金銭感覚がズレているのか想像もつきません。 なんとなく、周りのイギリス人よりケチケチしていると思い込んでいますが、実情は定かではありません。 この点、日本は、ブログコミュニティーで、家計簿を公開したり、マメな人が多くて助かります。 他人と比べて生活費が少なければよいという問題ではありませんが、ムダ遣いの多くが無自覚の所作なので、他の人の改善点を自分に当てはめて考える機会が多いに越したことはありません。 跂(つまだ)つ者は立たず。 跨(また)ぐ者は行かず。 下駄を脱いだ後は、つま立つことなく、身の丈に合わせた息の長い節約生活を続けたいものです。
        • お金が貯まらない”見栄っ張り”は、才能に溢れている Saving_Money“見栄っ張り”はお金が貯まらないという記事をよく見かけます。 けれど、見栄を張らない人には見えない世界が見えているという才能を活かす方向に努力するのもアリじゃないかな? “見栄っ張り”には、気概がある! 人間じゃない他の動物だとわかりやすいのかもしれませんが、群れの中で自分をよく見せようとする、影響力を持とうとする個体は”リーダー”マテリアルですよね。 競争の中で最も際立った人がリーダーになるんだと思いますが、見栄っ張りの人は少なくとも競争に身を置く気概があるだけ見どころがあると、ひそかに尊敬していたりします。 逆に競争に身を投じる気がない人についていかなければならないというのは、フォローワー目線では悲劇です。 自分を際立たせるのが上手なレベルもいろいろですが、政治家、芸能人、ブロガー、そして見栄っ張り。 最後の一つだけ嫌がられるのは何故なんでしょうね~? “見栄っ張り”は、世情に明るい 見栄っ張りは、世情にも人情にも通じています。 流行りに敏く、思わず余計なものを買っちゃったり、 人が喜ぶからと、奢っちゃったり。 確かに浪費しがちなのかもしれません。 こういう勘が良い気質は、常に新鮮で面白いトピックを拾ったり、読者の共感を得る逸話を書いたりするブロガーには最適な気がします。 何事も疎いと何が面白いのか想像するのが困難ですからね。 “見栄っ張り”は、客観的で向上心が強い 他の人より良く見せたい!時、他の人がどうなのか?、自分がどうなのか?っと、客観的な視線で世の中と自分を見比べる必要があります。世の中には常に自分と他人が存在し、その距離感を測っているのです。 つい背伸びをして、家計を締めつけちゃうこともあるかもしれませんね。 だけど、自然と目線が上向きで、今より良い方角が視界に入ってくるというのは貴重な才能ですよね。 いいところを伸ばせるかが勝負どころの”見栄っ張り”さん 見栄っ張りだから浪費が多くてお金が貯まらない。 事実だと思います。 しかし見栄っ張りさんの視界に入っている、この世の”良いもの”は、成長のポテンシャルを感じさせてくれます。 私は個人的には、浪費に留意しつつ、積極的に見栄を張っていこう!ってスタンスです。 自分がどれほど見栄っ張りなのか、サッパリわかりませんけれどね。