ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • 改行タグ(br要素)ではなく、”段落タグ”(p要素)を使おう! ブログを始めてから、1年以上、”段落タグ”<p></p>の存在を存じませんでした。 改行は主に<br>で行っていました。 段落タグは、FC2やBloggerで記事を書く際に顔を出さないコードです。カスタマイズをするようになってから初めて知ったのですが、<br>の空白行づくりの目的で使用することは推奨されていないようです。 改行タグ、br要素の使い方 W3C、「4.5.29. The br element」より引用 The br element represents a line break. br elements must be used only for line breaks that are actually part of the content, as in poems or addresses. br elements must not be used for separating thematic groups in a paragraph. br 要素は改行を表します。 br 要素は、詩やアドレスのように、改行が実際にコンテンツの一部である場合にのみ使用する必要があります。 br 要素は、1つの段落内のテーマの塊を分離するために使用してはなりません。 ん? 例を見てみました。 「コメントの数」と「コメントを書く」は、別の内容だから、brタグの改行ではなく、pタグで段落分け。 「住所」と「名前」は、別の内容だから、brタグの改行ではなく、pタグで段落分け。 ふむふむ。 で、pタグって、何?? と、なったわけです。 段落タグ、p要素の使い方 W3C、「4.4.1. The p element」より引用 The p element represents a paragraph. The p should ...
        • “Lightroom CC”に関するメモ 海外赴任者独特の悩みです。 “Lightroom CC”を日本のサイトで購入できない Lightroom CC + Photoshopのプランは、日本では月額1,000円に満たない模様です。イギリスでは最も小さいパッケージが月額£10.10です。 Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版 adobeのサイトは、イギリスからだと確実にukサイトにもっていかれます。 /uk/の部分を/jp/と書き直しても、容赦なく/uk/のサイトに差し戻されます。 上記、このためAmazonのサイトへリンクしました。 備忘録Adobeサイト:Adobe Photoshop Lightroom CC £10.10/月だったとしても、面白そうだし、1年間くらいは購入してもいいかな?っと思ったのですが、止めておきました。 日本のクレジットカードで日本ベースで買えるのであれば、申し込んでいたと思います。 本国のアカウントであれば、海外赴任で次がどの国への引っ越しになっても継続的にサービスを受けられるからです。 契約期間の途中で別の国に引っ越した場合、設定変更が面倒というか、困難というか、不可能というか… サービス次第なので、クラウドアカウントごとに調べ物をしなければなりません。(クラウドサービス自体は一般的に大好きですが、海外引っ越しがある人は面倒ですね。) ダウンロード版のLightroom7を待っているのですが、もうでないかもしれませんね。うーむ。 pngファイルとjpegファイルの使い分け DPP4やLightroomなどの写真編集ソフトはrawファイルを扱えることが特徴ですが、pngファイルは書き出せないようです。 私にとってのDPP4とLightroomの最大の違いは、pngファイルを読み出せるか?という点です。 DPP4は、pngファイルを認識してくれないみたいです。私はブログ用にpngファイルを使用することの方が多いので、ちょっと不便です。 写真はjpegファイルで問題がないのですけれど、ブログを書く際には、スクリーンショットをはじめとする写真ではない画像を触ることの方が多いので、この辺がシームレスにならないかな~っと贅沢なことを妄想しています。 Lightroomはpngファイルの読み出しと編集はできるけれど、書き出しはできない。その代わりにPhotoshopと連携できでシームレス。っと理解しています。 ただ、ブログにスクリーンショットを掲載するぐらいなら、Photoshopなんて高級な道具はいりません。私の場合ウィンドウズに標準装備されているペイントで作業しています。Photoshopの様にレイヤーごとに作業できるのは非常に便利そうですが、そんな高度なコンテンツを作れるレベルでもありません。 というわけで、DPP4(写真)&ペイント(写真以外)の組み合わせで十分です。無料だし。 で、結局、写真系の画像処理はDPP4で満足しているので、Lightroom代への追加出費よりは、appleのスタイラスペンを買って、お絵かきデビューの方がマシかな?と思ったのです。 万が一、Lightroom 7(ダウンロード)が販売されたら、また考えます。
        • 2年で下書きが1,000記事も溜った原因を考えてみた。 “ブログ 下書きがたまる原因”というワードでGoogle検索をしてみて、私って、ほとほとブログ執筆には向いていないタイプだな…っと、ひとしきり落ち込んで、んで、開き直りました。 開き直りついでに、私の超社畜メンタリティーと下書きの関係をご紹介申し上げます。 完璧主義者は、上がいることを知らないだけ 完璧じゃないと公開できない、だから下書きのまま滞留するらしいです。 私の記事を読んでいただくのが、最も説得力があると思うのですが、私はこれじゃありません。 完璧主義者と潔癖症気味の理想主義者はちょっと違うと思っているので、念のため注記です。 職場で、〇〇さんは、完璧主義だけど、そんなに高いレベルじゃなくても大丈夫だよ。っと、言われて、自分でも心当たりがある人は、完璧主義者ではなく、潔癖症気味なのではないでしょうか? この場合、頑張って磨いても、左程価値が上がらないから、その辺で止めておいたら?っと言われていると読み替えて、サクッと引けるようにならないと、処理スピードを他の人と比較しやすいルーチンワーク以外をお願いできなくなるので、本人のためになっていません。 同じことを言われても、心当たりがなく、あとでコッソリ隣の同じチームの私に、レベル高いって、嫌味かな?、遅いってこと?っと聞いてきた人は、とてもレベルが高い人で、他の人にはついていけないレベルになっていたので、想定より目標を下げて、実行できるレベルに抑えた代替案を考えてきました。 この人は、完璧主義者ではなく、単なるレベルが高い人でした。 後者のタイプを上司陣にチラホラ見かけるので、昇進する人には、ちゃんと理由があるのね~っと、妙に感心したりしています。 上記の2タイプの人たちを傍から見比べるにつれ、完璧主義者というのは、その上のレベルがある可能性を考えない危険なタイプかもしれないと恐怖し、完璧だけは絶対目指さないと心に決めて肝に銘じております。笑。 だから、私の下書き(ボツネタ)がどんどん溜まるのはここじゃないと思いたい。という気持ちも多分にあります。 結論がある人は、成長が止まっている 先に結論を書いてしまえば、あとはそこに至る道を書くだけだから、仕上がるよ!っと言われましても… ブログ作文で一番難しいのは、ココです。 これがあまりにも鉄板アドバイス過ぎて、「結論」恐怖症になっております。 どこで教育されたんだか覚えていないのですが、会議などで議論するのは「決断」するためであって、「結論」を出すためではない。とか、 「結論」は最後に出す答えであって、その先はない。とか、 何やらそんなメンタリティーが染みついていて、これからもずっとお付き合いする案件・事象には、結論があってはいけない気がしているんですよね。 そのうちちゃんと一般的な「結論」の定義を学んで、離縁状以外の「結論」を出せるようにならないといけません。 もしくは、開き直って、なげっぱなしスタイルを磨くか… 結論がない下書は、ボツネタに直結していました。 アイデアが出せないマーケターは終わっている 良し悪しは置いておいて、とにかく3つはアイデアを出すように訓練されているのも良くないのかもしれません。 ブログを始めてからちょうど2年の2017年5月28日の時点で、下書き(ボツネタ)が1,271、完成記事がメインブログに700とボツブログに54、合計2,025レコード。1年に1,000レコード程、1日に2.7レコード作ったことになります。 この数字を見て、あ~。職業病カモ??っと思いました。 目標の3つに近いじゃないですか? 意識していたわけじゃないんです。 習慣みたいなものなんです。 仕事の場合、考えた(最低)3つの内、1つだけが生き残るのですが、一応すべてテーブルに並べるんですよね。 記事のアイデアは、会議で他人が却下してくれないから、捨てられなくて、溜まっちゃった… どれを捨てるか、自分で決めなきゃね。 っということで、アイデアの捨て方を模索する間、新しい記事は書かないし、新しい記事の案も考えないことにしました。 今はあまり時間がないので、すぐに公開できそうな記事を探して、その時の気持ちを少し挿して公開しているだけですが、しばらくすると、これは公開はムリだね!っという下書きばっかりになって、捨てやすくなると思います。(楽観的) ひとりごと このブログの記事は、ほとんどそうなのですが、最近はちゃんと誰かに話しかけるように心がけているんです。 「話しかけるように書く」も、ブログ作文の鉄板アドバイスですから。 素直に従っているんです。 しかし、ひとりごと中のひとりごとみたいな下書きがあって、これはむしろ「ひとりごとブログ」の実験材料として仕上げに取り組んでみたいなと…(多分11月以降) ひとりごとブログ、ひとりごと記事、ひとりごとカテゴリー、かなり大量の「ひとりごと」サンプルがネット上に転がっているので、自分のひとりごとも同じように捌いてみようと考えているんですが、今のところ考えているだけ… もっと時間があったらな~。
        • Seesaaブログ、記事の”大見出し”は、h3タグ Seesaaブログの標準テンプレートは、「シンプルA.ホワイト 右カラム」でした。 スッキリしたデザインで、使いやすかったので、兄弟分の「シンプルC.グレー 右カラム」でカスタマイズをしました。 このシリーズでは、h1がブログ名、h2が記事名に使用されているため、記事の最大の見出し(=”大見出し”)はh3にしました。 シンプルシリーズの記事の”大見出し”はh3タグ h1~h6までの見出しタグ(Heading tags)は、真面目に上から振っていくようにしています。 このテンプレートのデフォルトでは、h1はブログ名、h2は記事名になっているようでしたので、記事内の最大の見出しはh3タグにすることにしました。 必要に応じて中見出しh4、小見出しh5を追記します。 番号の探し方は、画面のそれっぽい箇所で右クリックして「検証」を選ぶと、右側にソース情報が出てきますので、そこをいろいろ掘って探しました。 セクショニングタグもヘッディングタグもきれいに埋まっている良い感じのテンプレートなのに、「本文」の編集画面に記事中の見出しタグを支援するボタンもないし、字も大きくなるだけって、なんだかおしい。 シンプルシリーズの記事エリアはclass=”article__content” CSSでデザインを指定する際に、class(属性)やid(id)で区切られたエリアの名前が分かれば、その部分だけに反映し、他のエリアには影響を及ぼさない様にデザイン範囲を指定することができます。 同じエリアに広告なども入っていますね。(これは取り除けます) h3タグ、CSSの設定 .article__content h3 { margin:0.75rem 0; background: linear-gradient(transparent 50%, #b7ffdb 0%); font-size:1.3rem; line-height:1.5; } SeesaaでのCSSの変更方法 デザイン→PC→デザイン設定→スタイルシート編集→一番後ろに上のコードをコピペです。 古いコードと新しいコードが打ち消しあっている時は、「初期値との差分」の部分に示してくれるので、親切設計です。 h3タグ、HTMLの書き方 <h3>大見出し</h3> 本文エリアに↑のように書けばh3見出しになります。 完成品サンプル キャッシュがすぐにかかってしまい、カスタマイズしても、新デザインがすぐに確認できないことが多いので、そういう時は履歴を消すか、ゲストモードで見てみてください。 他のデザインがいい時は、ネットでCSSの記述部分を探して、.article__content h3以外の部分を差し替えるだけです。
        • “60歳”を過ぎてもまだ働くつもりの母 “60歳”になって数年の母ともうすぐ40歳になる私。親子でも働くことに対する感覚が大きく違うように思えます。 母はまだ少しだけ働きたいと感じ、私は出来るだけ早く完全リタイアしたいと感じているのです。 社会との関わり方の距離感も大きく違います。 “60歳”を過ぎてもまだ働くつもりの母 昨年還暦を迎えた母は、心臓が悪いのに、自分は元気だと思っていて、まだ働く気が満々の様なんです。 週に3回、1回4時間、週に12時間の事務のバイト(パート)をしていて、それではちょっと物足りないのか、別のパートを週に1回入れています。ダブルワーク!!です。 加えて、キルトの習い事をしていて、祖母のホームにお見舞いに行ったり、結構多忙な人です。 母が働き続ける理由は、お金だけではありません。 規則正しい生活、 人との交流、 そして働けば何らかの収入が入ってくるから、 切り崩すばかりじゃなくなく、遊んでる分ぐらいはお金が入ることに対する安心感があるようです。 まぁ、ずっと父と2人で、テレビを見ているっというよりは、いいかもしれません。 私の実家では、リタイア歴14年の父がリタイアライフの主導権を握っていますから、新参者の母は、既に作られた環境に適応するしかないですからね… 新参者は肩身が狭い? 60歳過ぎての「セミ」リタイア人口は多いかも? キルト教室の他の生徒は、皆さん母より年上で、なおかつ仕事を続けている人ばかりの様です。 すごいことです。 どなた様も、週に数回、短時間、お金が必要な若い人たちが敬遠する隙間バイト(パート)が多いようです。 これって、いわゆるセミリタイアですよね。リタイアエイジのセミリタイア。結構多そうな感じです。 そして、働いているのに、楽しそう。 働く必要性がなくなった後は、働くことを趣味的に楽しく感じるようになるのかな?? 出不精の私を心配する母 私の母は、私のアーリーリタイアメントには一切反対していないのですが、社会性を保つためにちょっと働くことを勧めます。私のことを出不精だと思っている母だからこそのアドバイスかもしれません。 これだけ移動が多い人間のどこが出不精だ!っと呆れたくなる半面、確かに必要がなければ外に出ないかも?と、少々心当たりがあります。 まぁ、折角アドバイスをくれているのですから、傾聴した方がよさそうです。 私は、あまり社交的な方ではないのか、だれにも会わなくても、割と平気です。 周りにもそんなに社交的な人はいませんから、月に1度、3人ぐらいとお茶かごはんへ行けば多い方です。 そういった意味で、ちょいちょいお出かけして、毎日忙しくしている母からすれば、実家に帰った時に必要最低限しか出かけない私のことが気にかかるんだろうな~。 弟はどうやら実家に帰っても、ゆっくり家には滞在せず、盛んに社交に勤しんでいるようですし、少し他人と触れ合うタイプの趣味を持った方がいいかもしれません。

        筆者のリライト宿題帳

        • 料理嫌いでも、自炊じゃなくても、工夫はできる Thai Green Curry After Microwave私は料理嫌いです。 ドジっ子ではないので、食べられないほどヒドイものは出来たことがありませんが、嫌いなだけに、上手ではありません。 節約と料理嫌い 家計簿を始めて、最初に直面した課題が”食費”でした。 一人暮らしで、外食が主だったので、食費が大変な事になっていました。 家計簿をつけていたころは、£750(11万円ちょい)から自炊を開始して、£300(4万5千円ほど)まで落としました。 イギリスの外食物価は高いので、下記をイギリス在住者に見てもらえば、外食と言っても贅沢な食事をしていない事はすぐにわかるレベルです。 因みに、自炊をしていた頃の月間£300は、イギリスではかなりの低レベルまで落とせているんじゃないか?っと思わなくもありません。 イギリスでの1日の食費 内訳 外食 自炊 外食+お弁当(今) 朝食 £3 £3 £3 昼食 £4 £2 £3 ラテ £3 £0 £0 おやつ £2 £0 £2 夕食 £12 £4 £6 くだもの £1 £1 £1 合計 £25 £10 £15 合計x30(=月) £750 £300 £450 そして現在… 外食とお弁当の折衷版に落ち着いています。 1年ほど頑張って自炊をしてみたものの、実はお弁当とほぼ変わらないので、がっかりしました。 お弁当に切り替え、更に月に数回外食しています。 料理上手、やりくり上手だと、お弁当よりも自炊の方が節約できるらしいです。 しかし私の場合、同じものを食べ続けたり、廃棄したりで、生活が非常に貧相になってしまったので、バラエティーに富んだスーパーのお弁当を食べ始めたところ、かかる費用がほぼ同じで、調理じかんが10分以下に短縮され、洗い物がとても少なくなって、毎日1時間以上時短できています。(それでブログを書いたり、読んだりしています。) 料理嫌いとダイエット 料理嫌いなので、基本的に割り切ってお弁当を電子レンジで温めて食べているのですが、グリーンカレー手作りキットを発見して、フラフラと買ってしまいました。 キット(£5.99)の中に必要な材料が全て入っているので、帯に書いているレシピを見ながら作るだけです。 8分で完成と書いていましたが、倍以上の時間がかかりましたケドね。 これで出来たのが、何だか白っぽいグリーンカレー。味は普通。鶏肉に火が通ったか、ちょっと不安を抱えながら食べました。 いつも食べているお弁当タイプは、カレー(£3.75)とご飯(£1.99)を別々に購入して、それぞれ4分+2分、電子レンジで温めます。 これは確実に6分で完成します。笑 何気にお弁当の方が安いので、洗い物等々を考えると、もうキットは買わない…っという感じです。 理科の実験キットみたいで面白かったですけれどね。 そして、お弁当の良いところは、カロリーが書いているところです。 自炊だと、食材のカロリーを自分で計算しなければなりません。ダイエット中に非常に苦戦しました。 キットは、1人前(写真の半分の量)で456kcal。 お弁当は、1人前(写真の半分の量)で、(273+229)=502kcalです。 夕食と翌日の朝食になります。 ダイエット中は摂取カロリーを計算するので、毎日スーパーへ出かけ、トータルで1,500kcalを越えない様に買い物します。 この方法はとても便利で手間いらずです。 ダイエットと自分への言い訳… 貯金を始めてから、なんとなく、自炊をした方がいいような、自炊をしないと悪いことをしているような、そんな気分になります。 (料理下手だから)自炊と値段はほぼ変わらないし、 同じ値段でバラエティーに富んだお弁当を食べられるなんてお得だし、 しかもトータルで1時間半は時短だし、 カロリー計算もやりやすいし、 栄養価も把握できる! などなど、などなど、 何故か必死に自分に言い訳をしているのでした。
        • (マジギレしないでね)貯金レベルを、初・中・上級に分けてみた。 Saving_Money初級は、貯金開始時の自分の考え方の回想。 中級は、現在目指している状態。 上級は、周りの貯金上手、尊敬しているブロガーさんなどの考え方。 を参考にして、”セルフチェック”リストを作ってみました。 黄色マーカー部分が、各項の最適対象レベルです。 貯金レベルの”セルフチェック” 使用目的と目標金額が決まっている (初心者)小ぶりの貯金目的を決めて、目標を達成して自信をつける。 (中級者)いざという時のための安心代として、使用時期が定まっていない、もしくは遠い将来の大きい金額を貯め始める。 (上級者)お金を貯めるのが楽しいから貯めている。貯まった後、使ってしまうと減るから目的&目標は邪魔。 ポイントを貯める&使う (初心者)節約で支出を減らすばかりだと息苦しいので、ポイントを貯めてそこから買えるものを作るステップ。 (中級者)クレカ、マイレージなど、換金性・効率が良いポイントへの集中&選択。 (上級者)買わないが正義!ポイントは固定費など貯めどころを限定、お金を払わずポイントだけを稼ぐ術を知っている。 差額貯金が効果的 (初心者)物欲を否定することなく、安く抑える楽しさを学ぶ (中級者)習慣となり、意識しなくてもより安いものを探している。 (上級者)差額?、何故わざわざ高いものまで調べるの?っと混乱する。 つもり貯金が効果的 (初心者)我慢というか、物欲を紛らわす術を学ぶ。「買わない」ことで貯金箱にお金が貯まっていくことをご褒美にすり替える。 (中級者)自然と自分をだまし、貯金術としては不要になる。物欲が湧かなくなったような錯覚を覚える。 (上級者)「欲しいものは買っていますよ」っと言い張り、つもりになる必要が全く無いと感じる。 罰金貯金が効果的 (初心者)貯金が嫌いになるからやめた方がいい。 (中級者)家計把握が進んで、減らしたい特掲費目がある場合に、それを買うことを罰則にすると、自己チェックを助けてくれる。 (上級者)何言ってんの?、その罰金がどこから出るのか考えると、純増じゃないからバカバカしいよ。(一人暮らし)っと鼻で笑う。 家計簿をつけている (初心者)支出の全貌を把握することの効果を実感する (中級者)どの費目が弱点なのか明確になり、具体的な戦略を練り始める。 (上級者)家計簿なんてつけなくてもお金は貯まるっとかいって、初心者を混乱させる。 家計予算を立てている (初心者)支出の概要が把握できていない状態で予算を建てても適切に予算を建てられないからやめた方がいい。 (中級者)費目ごとに支出削減のエッジを攻め始める。 (上級者)全力で貯めるので、細かい予算は要らない。 袋分け貯金 (初心者)いくつの袋に分けて、いくらずつ入れたらいいか、想像もつかない… (中級者)目標がちょっとキツメの時は、毎日現金で確認できる方が分かりやすいカナ。 (上級者)本当に袋に入れて持ち歩くの?っと驚く。 お金を下ろす頻度が低い (初心者)お金を下ろすのは、月に1回で十分以上だという世界を知らない。 (中級者)貯金上手は、優れた計画性を持っており、お金を下ろす頻度が低いと信じ込んでいる。 (上級者)そんなもの好みの問題でしょ?などと言い、相手にしない。 固定費が低い (初心者)固定費を見直したら生活が楽になって驚く。 (中級者)習い事などに罪悪感を感じ始める。 (上級者)当然のごとく、固定費はすべて戦略的に管理している。 保険は最低限 (初心者)スゴイ貯金者が、あまり保険をかけていない事を知る。 (中級者)保険は準備金があれば不要で、全く割に合わない、ムダだ、と忌み嫌う。 (上級者)保険を金融商品の1種とみなし、有利な使い方を心得ている。 先取り貯金をしている (初心者)家計収支を把握していない人がやっても変な癖がつくだけ。 (中級者)少しずつじわじわと家計支出を縮小したい時期に、貯金分を先取りすると、やりくりの腕が上がる。 (上級者)小賢しい事しないで、全力で貯めたら?っとコッソリ思っている。 スライド貯金をしている (初心者)まずはスタンダードの家計管理を覚えてみる。 (中級者)スライド貯金を試したことがある、もしくは買い物を先送りすることで家計の帳尻合わせをしたことがある。 (上級者)それ、手間がかかりそうだね…っと、他人事。 消費・浪費・投資にわけて考える (初心者)「浪費」という言葉は、初期から使うと息苦しくなるから、取り敢えず「消費」として支出全体を把握。 (中級者)削りたくてたまらない部分を「浪費」と定義し始める。そして「投資」を始める。でも、使用予定のない貯金は「浪費」の先送りでしかない事にうすうす気づき始める。 (上級者)あなた方の貯金法、面倒くさいね。と気の毒がっている。 生活防衛資金がある (初心者)生活防衛資金がある人は、初心者のフリをするのは止めましょう! (中級者)6か月~2年ほどの生活防衛資金を準備して、投資などでお金に働いてもらうなどと言い出す。 (上級者)絶対に崩さない額が決まっているにも関わらず、お金に色はついていないなどと言い出す。 何かしら積み立てている (初心者)すぐに現金化出来ない商品もたくさんあるので、生活防衛資金が貯まってから。 (中級者)直ぐに現金化できなくても困らないので、積み立てを視野に入れ始める。 (上級者)積み立てにこだわる必要はないと、スルーする。 投資をしている (初心者)支出減の方が効率がいい。 (中級者)お金に働いてもらっているつもりになり、パフォーマンスを気にする。 (上級者)実際にお金に働いてもらっている。ので、キャッシュポジションを気にする。 インフレリスクを気にかけている (初心者)インフレってなんだっけ?? (中級者)投資を始めて、インフレリスクが…っと、言いたい時期。 (上級者)ん~。将来のインフレより目の前の為替変動の方が気になるかな~。っと、何故か短期志向… 本業、副業、副収入など、収入源が複数 (初心者)支出減に集中しないと、いくら稼いでも貯まらない事に気づく。 (中級者)利殖ばかりか、アフィリエイト、ダブルワークなど、副業などにも手を広げ、収入チャネルを増やそうとする。 (上級者)一周回って好きな事しか続かないよね~っと、マイペースを確立している。 お金の話に積極的 (初心者)お金の話なんて、はしたないと思っている。自信がないから口に出さない。 (中級者)学習成果を披露したくてたまらない。もしくは、4年も貯金に取り組んで、もうそろそろ中級入りしないと情けないと、発信を開始する。(←私) (上級者)語るほどの事でもないが、聞かれれば意見は出てくる。 スーパーはカートじゃなくて、カゴ (初心者)自然と生活必需品を優先的に買うようになる。 (中級者)スーパーの特売品を把握して、計画的にカゴで買う様になる。 (上級者)まとめ買いをお得に使えるようになるため、カートでも浪費しなくなる。 消耗品・日用品を意図的に切らすことがある (初心者)貯金による嫌な思い、不便な思いはできるだけ避けた方が良い。 (中級者)支出を更に削る為、買わずに生活できないものか、取り敢えず試してみる。 (上級者)え?必要のないモノを買ってたの?っと、不思議がる。 生活を切り詰める (初心者)最初はムリなく、「続ける」方が大事! (中級者)ムダを省くことができるようになったら、必要なものまで縮小し始める。 (上級者)あ~。それね、飽きた。っと、経験済み、かつ定着済み。 セール買いをしない (初心者)セールで要らないモノまで買っちゃっている事にうっすら気づき始める。 (中級者)セールで買うより、必要なモノを必要な分だけ必要な時に買うことが、最もスリムな家計だと信じ込んでいる。 (上級者)セールまで待てるなら、セールで買うでしょ。っと、虎視眈々とセール買いを狙っている。 お得に敏感 (初心者)どこのお店が安いか探し始める (中級者)店舗、ネットに関わらず、お店の特徴を捉え、クーポン、ディスカウント、送料無料、キャンペーンなどのお得情報にアンテナを張り巡らせている。 (上級者)アンテナを巡らせてるのではなく、必要なモノに対して詳細リサーチ。 安物は買わない (初心者)取り敢えず、安い代替品がないか調べるようになる。 (中級者)「高級品の方が大事に使うからベター」派と「常に耐久年数とコストのバランスを意識した戦略的な安物買い」派に分かれる。 (上級者)え?、好きなモノを選んでいますよ。と、圧倒的な力の差を見せつける。 モノを大切にする (初心者)モノを粗末に扱っている事に気づいていない (中級者)大切にすると長持ちするモノ、100円均一などで使い捨てる方がいいモノなど、コスパを意識し、メリハリをつけたがる。 (上級者)人も物も大切にするに越したことはないんじゃない?と、ざっくりとした拘りのなさを披露する。 衝動買いはしない (初心者)あ~。ストレスが溜まると増えるよね~っと、反省している。 (中級者)めちゃめちゃ吟味して、渾身の逸品を買うことに喜びを感じる。 (上級者)何年も温めてきた欲しい気持ちが、ふと決壊すると、衝動買いしちゃった♪と、喜んでいる。 「自分へのご褒美」を買わない (初心者)貯金のモチベーションを上げるために、「自分へのご褒美」を上手く使う。 (中級者)初心者のやることだと、「自分へのご褒美」を買わない自分に酔いしれる。 (上級者)そもそも貯金は苦ではない。すなわち、ご褒美に必要性を感じない。 コスパを重視する (初心者)コスパって、貧乏くさい… (中級者)コスパは、意識している。気になる。 (上級者)コスパは、満足度に影響するよね~っと、サラリとかわし、満足度の方をより重視していることを匂わす。 お金がなくてもお金がないと言わない (初心者)じゃぁ、なんていうの?っと混乱する。 (中級者)お金がないと言わないのは中級者用の心意気。現在持っているお金を大事にするメンタリティー。 (上級者)上級者がお金がないという時は、“(贅沢して遊ぶ)”という接頭語が隠れているから要注意。 家がキレイ・片付いている (初心者)掃除を通じて、家財のセルフチェックができる事に気づく。 (中級者)ムダなモノが減り、管理が楽になることで、掃除がしやすくなり、掃除好きになる。 (上級者)家が片付いていなかった頃の記憶がない。 自炊している (初心者)外食を減らすことで、節約できる。コンビニ弁当はセーフ。 (中級者)自分で作ることで、更に節約できる。 (上級者)自炊が最も経済的であることは知りつつも、一人暮らしの自炊で節約効果を上げるのは凄い料理の腕がいるから、好きじゃないと難しいよね~なんて、懐の広さを感じる温かい言葉で、涙を誘ったりする。 ゴミが少ない (初心者)家の中にゴミが溢れている (中級者)断捨離などをして、大量のゴミを捨てることを喜びとしている。 (上級者)スリムな家計からは、スリムなゴミしかでない。むしろゴミですら、たい肥に変えようとしたり、売って換金しようとしたりする。 コンビニへ行かない (初心者)コンビニが割高だと知ってはいる。 (中級者)コンビニが割高だからと極力避けている。 (上級者)郵便を出したり、各種料金を払ったり、ATMを利用したり、コンビニが割高感なく便利に使える方法を知っている。 ラテマネーを使わない (初心者)ラテマネーを知って、みなし貯金などを試してみる。 (中級者)ラテマネーを止めて、水筒などを持参し始める。 (上級者)水筒に慣れ切って、たまにラテマネーを使うと、とっても贅沢な気分になる。 流行りに流されない (初心者)広告に乗せられて、要らないものまで買わされている気がしてくる。 (中級者)誘惑に負けない鋼の心を持つ自分が大好き。 (上級者)自分なりの流行りの取り入れ方を心得ている。 見栄を張らない (初心者)見栄がムダ遣いにつながっていることを認識し始める。 (中級者)見栄を張ることを止める。 (上級者)むしろ「見栄を張る」事が苦行に思える。 人間関係にお金を惜しまない (初心者)支出全体に対する交際費の比率が気になってくる。 (中級者)「人の断捨離を始める」派と「人脈をお金に換える」派に分かれる。 (上級者)人生を豊かにする人間関係を心得、快くお金を払う範囲に収まっている。 小銭を大事にする (初心者)一攫千金を狙う気持ちが、なくはない。 (中級者)(勉強・努力しすぎて)小銭の積み重ねが大銭に変わると信じたい。 (上級者)小銭は、貯まる方より、ちょろちょろ出ていく方がより気になる。 「まとまったお金」の単位が小さい (初心者)「まとまったお金」の大きさについて考えた事がない。 (中級者)まとまったお金の単位は小さい方が良いと考え、数万円でも、すかさず貯金に回す。 (上級者)貯金が増えるにしたがって、一般との金銭感覚がズレてくる。 大きな買い物をしたことがある (初心者)大きな買い物をするお金がない。 (中級者)大きな買い物の経験は、計画性を養うのに効果的だと考えている。 (上級者)貯金が減るから、大きな買い物はしたくない。 借金は悪い事 (初心者)元本が返せないかもしれないから、背伸びした借金はしない方がよいと思っている。 (中級者)利子を払うのがもったいないから、借金はしない方がいいと思っている。 (上級者)会社経営的な視点を持ち、借金からお金を生んで利を出すことができる。 持ち家派 (初心者)マイホーム夢だよね~。 (中級者)「賃貸」派と「持ち家」派に分かれる (上級者)お金がたっぷりある富裕層は持ち家だろうね~。っとかいいながら、自分はライフスタイルに適した賃貸を選んでいたりする。 お金のかからない遊びを知っている (初心者)現在の趣味にどのくらいお金をかけているか調べたことがない。 (中級者)お金がかからない遊び、遊び方を研究している。 (上級者)お金がかからない趣味は知らないが、お金がかかる趣味は、いつの間にか止めてしまう。 給与明細、各種税金、年金定期便などはつぶさにチェックする (初心者)正直面倒くさいと思っている。 (中級者)給与明細や税金、年金に限らず出来るだけお金についての知識を増やしたいと勉強熱心。 (上級者)知識もさることながら、外部要因に影響をうけないような強い家計を作っている。 お金に対して感情的 (初心者)そりゃぁもう、一喜一憂でしょ。と、出来るだけ自分を喜ばせる方法を模索する。 (中級者)お金が感情に影響を与えない方法を考えようとする。 (上級者)お金の余裕は、心の余裕に繋がっていると実感している。 金持ち喧嘩せず。柔和で穏やか。 (初心者)本当かな?、攻撃的な人の方が、頭がよさそうだけど… (中級者)頑張っているから、つい尖っちゃう時も… (上級者)柔和じゃないんですよ。損をするから喧嘩しないんです。たまにハングリー精神が必要だなっと、実際にお腹を空かせてみます。っと突拍子もない事をいいながら、性格とお金は関係がない、柔軟にコントロールする能力が大事と説く。 時間の使い方がうまい (初心者)貧乏暇なしって、本当じゃ!時間がないから、貯金の事を考える余裕がないと考えている。 (中級者)お金のやりくりが上手な人は、時間のやりくりも上手なハズだと信じてあれこれ模索している。 (上級者)貯金が上手になっても、相変わらず時間が足りないと落胆している。 貯金スタイル、ポリシーがある (初心者)ブレブレでも、自分のステージにあった貯金法を楽しく模索中。 (中級者)自分のスタイル&ポリシーを作るのが楽しい! (上級者)バカとハサミは使いよう。こだわりがなくなってきちゃった…っと、寂しがっている。 健康管理にご執心 (初心者)健康と貯金の関係がピンとこない。 (中級者)健康が全ての原資だと認知しているモノの、ついついムリして仕事で疲れ果ててしまったりする。 (上級者)お金の事は片付いている、後は健康管理だけともいう。 編集後記 100記事のボツネタを仕上げている最中ですが、似たような内容で異なる考えの相反しているボツネタも多いのです。 整理していたら、4年間で考え方が変わってきたことも原因になっていそうだったので、レベルわけしてセルフチェックとトピック選びに使うことにしました。 コンテンツの整理と個人的なセルフチェックリストなので、至らないところが盛りだくさんですが、ご容赦くださいませ。m(_ _)m
        • 一番面倒くさい貯金術は、”差額貯金” Saving_Money“差額貯金”というのは、買う予定だった金額と実際に買った金額の差額を貯金に回す貯金法です。 例えば、定価500円の靴下をセールやクーポンで300円で購入することが出来たら、差額の200円を貯金する。 例えば、1泊15,000円の高級温泉旅館を1泊3,000円の素泊まり宿に変えて、差額の12,000円を貯金する。 例えば、20万円のインドツアー旅行を5,000円の「アンチャーテッド 古代神の秘宝」(PS4ゲーム)に変えて、差額の19万5千円を貯金する。(笑) などなど、買ったつもりになって、使う予定だった分のお金を貯金する”つもり貯金”の兄弟分です。 “つもり貯金”同様に、ぶたさんの貯金箱にちゃり~んっと小銭を入れる感じの人が多いみたいですけれど、別に数字だけ記録して、満足感に味わうだけでも良いと思います。差額分のお金を使わないで貯めるという点では、同じですから。 「お得に買う」や「他のもので代替する」というのは、実はみんなやっている事。 “差額貯金”の意義は、差額をすぐさま貯金額として確定する事で確実に貯金できたり、 お手柄として、へそくりに入れたりするのに罪悪感を感じずに済むとか、そういう事だと思います。 どちらも自分が工夫したことでお金が貯まる。攻めの貯金法。 管理が面倒なところが難点です。 差額貯金の成立条件 差額貯金の成立条件は、大きく分けて2つ。 1つ目は、差額が計算でき、覚えていられること。 これは、面倒くさがりにはかなり困難です。 特に小さい金額は覚えていられません。 2つ目は、差額貯金としての成果を見たいと思っていること。 差額をきっちり貯金箱に入れる(もしくは記録する)マメな人じゃないと成功しません。 自宅について、差額分の小銭がなかったら、貯金箱に入れられないので小銭確保の面倒くささもあります。 これは貯金法として効果が低いという事ではありません。 むしろ貯金法として成果が出やすい方だっと思います。 特に大きな買い物をする前に、ちょっとした工夫をすると大きく貯金が進みます。 だた、記録するのが面倒くさくて”差額貯金”としての貢献度が分かりにくいです。 家計簿アプリで差額貯金分だけメモ 計算機付きの家計簿アプリで差額貯金分だけ記録する。 貯金術の殆どが、貯める為のモチベーションを上げるために存在しているわけですが、私こんなに頑張りましたよ!っという記録がどうしても欲しい場合は、そこの部分だけ発生の都度、スマホの家計簿アプリにメモするのが一番やりやすい感じでしょうか? 私は1か月だけiphoneのMemoに「2017年4月2日、ラテ£3.1」などと記録していたことがありますが、耐えがたく面倒くさい。 1か月だけだったけど、総差額は£1,500(20万円ぐらい)。 普段は記録がないだけで、実際には同じように差額貯金を継続している状態なので、コンセプトとしては優れていると思うのですけれどね…