最新記事

  • 「足るを知る」は「ミニマルライフ」と対極にある Shachiku 16-9「足るを知る」を「余分なモノを排除すること」と関連付けるミニマリストに少々違和感を感じました。そもそもミニマリストは努力家が多いし、汚部屋だろうが、貧乏だろうが、現状に満足していれば、ストレスはなく、それこそが「豊か」という発想はなさそう。
  • 「お金持ち」って何?、自称??、ハードルは意外と低い england and sheep早期リタイアの為の「貯金」を始めてから、「お金持ち」の定義がかなりグレードダウンしました。 英国女王クラスの人たちを「お金持ち」だと思っていたのですが、ネット上には数千万円の貯金・貯蓄で「お金持ち」の仲間入りする人がいて、最初はビックリしました。
  • “貯金の目的”が明確な時は、お金が貯まりやすい Saving_Money早期リタイアを目指し始めてから社会通念に合致した貯金のスピードが5倍になったので、”貯金の目的”と”使う予定が無限大に遠い”ことがポイントなんだろうとうっすら感じます。
  • 退職後やりたい100のこと、「ホビトン」へ行ってみたい early retirement誰しも一度行ってみたい場所ってありますよね。知り合いはマチュピチュ、アンコール・ワットを上げる人が多いのですが、私は「ホビトン」です。ホビット、指輪物語のロケ地ツアー。日本の夏が、ニュージーランドの冬なので、避暑に行くには寒すぎるかもしれませんが…
  • 退職後やりたい100のこと、「ウェールズ」で避暑 Twenty Nineteen 16-9ただボケーっと夏を過ごすならウェールズがいいな~。っと思っています。「ウェールズ」の放し飼いは、オクスフォードの放し飼いとはレベルが違います。羊どもが村中をウロウロしているレベルの放し飼いです。バス停に寝ているんですよ。牛とか、羊が。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。