最新記事

  • “英語ができる人”は、”仕事ができない”のか? "英語ができる人"は、"仕事ができない"のか?“英語ができる人”と”仕事ができない”という二つの検索用語が並んでサーチコンソールに表示されているのをたまに見かけます。 え?、えぇ~?、そうなの???っと動揺しましたが、思い当たる節がなくもないです。 インド駐在員の英語がインド語に訛っていると「デキル感」を醸しているとか、イギリス駐在員の英語がアメリカ訛りだと「使えない感」が出ているとか、そういうことを聞いたことがなくもないし… そこで、ごく小数名のありきたりな駐在員の独断と偏見に満ちた率直な感触をご紹介するのもいいかもしれないと思い立ちました。笑。 仕事ができる人は、現地語に訛る これは、インドの某4大会計事務所の日本人の方が、インド訛りの英語で、すごい「デキル感」がありますね!っという駐在員同士の井戸端会議から発しています。 いや、4強にお勤めの人は、訛りに関係なく「デキル感」があるのですが、インド訛りがあることで現地に根付いている感と、キレイな発音よりも現地の人に伝わる話し方を重視している感が伝わって、みんな何気に感動しておりました。 変なところに感心せずに、ちゃんと話を聞きなさいって感じですね。アハハ。 発音に拘り過ぎると、失笑を買う? これは、イギリス人から質問から発しています。 この前、アメリカ英語の日本人が、日本人は学校教育でアメリカ英語を勉強するから、発音はアメリカ訛りが普通だよって、言っていたけど、のろのろはアメリカ訛りの欠片もないよね。なんで? なんでって、日本にいる時は英語が出来なかったからだよ… っと、正直に答えておきました。涙。 この話を別の会社の駐在員の人(イギリス訛り)にしたら、 あぁ、駐在員も仕事が出来て派遣されるタイプと、英語が出来て派遣されるタイプがいるけど、仕事が出来て派遣されるタイプは必ずしも英語が出来るわけじゃないからね。言葉は現地で学ぶから、現地語に訛りやすいよね。そもそもの派遣理由が「仕事ができるから」の場合、「英語ができる」人がかなうわけないよね。米語発音を保持してる流暢な英語話者って、確かに痛いカモね。ふっ。 最後の「ふっ」は、失笑でした… 私は実は、就職できなかったので、大学卒業後しばらくイギリスでぶらぶらしていたことがあります。英語が話せなかったので、会話を始めたのはイギリスで、アメリカ訛りになりようがないケド、実は「英語ができる」から駐在員になったグループです。 しかも、最初の任地が「中国」なところあたり、英語を買われたというより、逞しさを買われた感じカモ。 ぐさぐさぐさっと何かが刺さりましたよ~。 とりあえず、にこにこしておきました。 ま、結論としては「仕事ができるから」駐在員になった人は、仕事をするために必要な「ローカル言語もできるようになる」ため、「英語ができる」勢がこの人たちに敵わなくても至極当然かもしれないという考えに落ち着きました。 ふふふ。
  • 「カンスト」に当たる英語はなさそうだよ。 「カンスト」に当たる英語はなさそうだよ。ゲーマーしか使わない言葉、「カンスト」は、Counter Stopの略です。RPGなどでレベルが最大に達してカウンターがストップポイントに至ることなのですが、それに対応する英語は存在しておりませぬ。「カンスト」に一番近いのは、Max Levelかな。
  • モンハンワールド、”オトモアイルー”のレベルがカンスト… モンハンワールド、"オトモアイルー"のレベルがカンスト…モンハンワールドでは、”オトモアイルー”レベルは、30がmaxであるらしく、これ以上レベルが上がらなくなってしまいました。うぉ。 レベルがmaxのウチのネコちゃん、実ははじめから持っている「ミツムシ寄せのお香」しか習得していなかったりします。オトモ道具は全6種もあるのに、私がハンターとして未熟すぎるため、「ミツムシ寄せのお香」を外すのが怖くて他の道具に変えたことがありません。 ミツムシ寄せのお香、サイコー! 弱ってくるとオトモがミツムシ寄せのお香をハンターの元まで運んできてくれるんです。 飛竜に端っこに追い詰められて連続攻撃を受けている時など、秘薬のコマンドがなかなか入らなくて、オトモがミツムシちゃんを運んできてくれなかったら、倒されちゃいます。(←私が下手なだけですけど!) レベル10の「ミツムシ寄せのお香」は、めちゃめちゃ気前よく運んできてくれるんですよね~~。 しかし、オトモアイルーがレベルマックスになるまで成長したのだから、私も薬ぐらい自分で飲めるようにならなきゃ! (というか、回避能力、上げたい…) はげましの楽器 というわけで、この機会にオトモ道具を「はげましの楽器」に変えてみたところ、私がバタバタ倒れるようになってしまいました。 ちょっといじけて大人のぬりえをやってみたり(↑)、ブログを書いたりしています。 さて、気を取り直して、また狩りに出かけますかね…
  • モンハンワールド、ストーリークリアは単なる通過点でしかない? モンハンワールド、ストーリークリアは単なる通過点でしかない?モンハンワールド、最初の「上限解放」しました。初心者にとっての「ストーリークリア」は、ベテランハンターにとっての「上限解放」という一つの通過点でしかない模様。ハンターランクの上限解放が複数回、武器・装備の強化にそれぞれ上限解放があって、何やら開放するものが沢山あって複雑なゲームです。
  • 「お金のかからない趣味」などない! 「お金のかからない趣味」などない!一般的な「お金がかからない趣味」の内「7つ」にお金がかかりまくっていました。お金がかからない「ヒマつぶし」と「趣味」は違うよね!とぶつぶつ言いながら、ウォーキング、ヨガ、料理、読書、ゲーム、映画鑑賞、ブログにお金をかけられなくても遊べるか検証しました。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。