ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • 英語が出来る人たちが偉そうにしている Isle of Wight昔は英語ができない上司に、通訳の秘書がつくような時代もあったそうです。 しかし、私の勤め先では英語ができない部下を上司がフォローする場面をより多く見かけます。
        • 理想的な”記事の締め方” Wordpress_Customizeこのブログでは、記事の最後に「それではよい一日をお過ごしくださいませ~」で結ぶのを、理想的な”記事の締め方”とすることにしました。 SEO、作文テクニック云々は度外視して、「人として」そういうあいさつ文にしたいと思ったまでです。最後まで読んでくれたのは、人ですから。 メールの締めはどうしている? 日本語のビジネスメールだと最もよく見かけるのは「よろしくお願いします。」でしょうか? 英語だと「Best regards,」に当たる可もなく、不可もない表現ですね。。 私は仕事メールの98%が英語メールです。一日に20メールぐらいは出すと思いますが、日本語で書かない日もあるので、もしかしたらもっと日本語メールは少ないかもしれません。 このため、稀に日本語のメールを書くと非常に緊張します。 英語では「Best regards,」の前に、「Hope you have a good day.」とか「Hope this helps.」とか「Should you have any other questions, please feel free to contact us.」とか、何故かもう一文追加するのが習慣となっているので、日本語でメールを書く際に「どうぞよろしくお願いいたします。」だけだとなんだかちょっと寂しい感じがします。 自分用の備忘録を他人が読むということ このブログのブログカスタマイズ記事「ウラ」は、基本的に自分用の備忘録です。 但し、完全に自分用のメモだと、自分が後から読んで理解できないレベルの雑な説明にとどまり、結果として後日、自分で読んでも分からないレベルのものしか出来上がらないので、公開することで、他人(というか未来の自分)が読んでギリわかるかも?レベルのクオリティーまで上げようとしています。 実際の読者は未来の自分だけである可能性も高く、メールのように「良い一日をお過ごしくださいませ。」みたいな気持ちが全く湧きません。 本日、思うところがあって、これまで書いてきたカスタマイズ記事の最後尾に、あいさつ文を加えようとしてみましたが、挿せる終わり方じゃないことに愕然としました。 私の記事の終わり方って、人としてどうなの?? ひとりごとすぎる記事 ブログカスタマイズ「ウラ」以外の記事は、全て「ボツ」になった記事の仕上げですが、問題解決型ではなく、日々の生活で考えた事を記した、ただのひとりごとです。 でも、カスタマイズ記事よりは、誰かが読むことを想定して書いているつもりだったのですが、これも最後尾に「良い一日をお過ごしくださいませ。」と加えられるような終わり方をしていません。 ガッカリです。 というか、イタイ。 一人暮らしが長くなると話しかけるのが苦手になるのかもしれません。 誰かに話しかけるように書いているつもりでいながら、実は自分にしか話しかけていないから、挨拶文が挿せる状態にないのでしょうね。 ブログはあいさつ文で締める ブログを書き始めたばかりの頃、どうやって記事を締めたらいいのかわからず、調べ物をした時のメモがありました。 その頃の私は、要約文とか、まとめとかじゃなくて、挨拶の締め方が知りたかったのに、上手く探せなかった。と書いていました。最初はメールかの如く挨拶で締めないと気持ちが悪かったのですね。 要約文とか、まとめとか、そんな部分が拙くても、それまでに書いた内容から意図を汲み取ってくれる読解力を持った訪問者はいるかもしれません。 でも、私が訪問者に対して「良い一日をお過ごしくださいますようお祈り申し上げている」事は、書かなきゃ伝わりませんよね。 自分のメモなのに、読み返して新鮮です。 本日再度調べなおしてみましたが、しっくりくるものがありませんでした。もしかするとあいさつ文で記事を締めるのは、初心者っぽすぎて野暮ったい印象を持たれるからやらないのかも? かといって、「あいさつ文で締めるのはダメ」というような記事も見つからなかったので、開き直ってあいさつ文で締める練習をすることにしました。 そのうち、また忘れて、ひとりごとに戻ってしまうかもしれませんが、折角初心を思い出したので今回はメモではなく、記事にしてみました。 それでは、本日も良い一日をお過ごしくださいませ~。
        • ブログで”日記にタイトルをつける”と人生がカラフルに Wordpress_Customizeブログを始めてとても新鮮だったのは、”日記にタイトルをつける”事です。 最初は戸惑うだけだったのですが、次第に慣れ、2年続けた結果、自分の毎日がカラフルになったような錯覚を感じるようになりました。 人生は所詮、自己満足の世界ですから、ブログを書くことを通して、人生がカラフルになるのであれば、たとえ錯覚でもお得な気がします。 ビクトリア女王の日記 2015年にイギリスに住み始めて、以前より「ビクトリア女王」にまつわるドラマが増えた事を肌で感じたのですが、2012年に日記が公開された事も大きく影響していそうです。 Wikipedia、「Queen Victoria’s journals」より引用 Victoria started a daily journal in 1832, when she was just thirteen years old, and her first words were, “This book, Mamma gave me, that I might write the journal of my journey to Wales in it.” The keeping of such journals was common at that time. She was instructed in this by ...
        • “フォントエフェクト”、面白いけど使いどころがない? Wordpress_Customize“フォントエフェクト”を5種類ほど導入してみました。 Ice、Anaglyph、Fire Animation、Neon、Shadow Multipleです。 エフェクトによってはある程度大きな字でないと効果が分かりにくいです。 作業は難しくないのですが、使いどころを探すのが難しい! 2rem、boldでのサンプル↓ iceの場合の「アイウエオ」 anaglyphの場合の「アイウエオ」 fire animationの場合の「アイウエオ」 neonの場合の「アイウエオ」 shadow multipleの場合の「アイウエオ」 フォントエフェクトと言われるだけに、通常使っているフォントにエフェクトをつけるだけで、フォントそのものの形は変わらないみたいです。 Googleの”フォントエフェクト”の使い方 Googleのサイトで「Get Started with the Google Fonts API」を発見し、早速使ってみました。このページのサンプルは字のサイズや太さがあるので、エフェクトがわかりやすいです。 手順は3ステップです。 header.phpにスタイルシートへのリンクをつける CSSに追加する HTMLで文を書く header.phpにスタイルシートへのリンクをつける 外観→テーマの編集→子テーマ→header.phpにて、<head></head>の間のどこかに下記のコードを貼り付ける <link rel="stylesheet" href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Rancho&effect=anaglyph"> <link rel="stylesheet" href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Rancho&effect=fire-animation"> <link rel="stylesheet" href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Rancho&effect=ice"> <link rel="stylesheet" href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Rancho&effect=neon"> <link rel="stylesheet" href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Rancho&effect=shadow-multiple"> エフェクトの種類を変えたい場合は、最後尾のeffect=anaglyphの部分を他のAPI名に変更するだけです。 CSSに追加する ↓を外観→追加CSSにコピペします。 .css-selector { font-family: 'Rancho&effect=anaglyph', serif; } .css-selector { font-family: 'Rancho&effect=fire-animation', serif; } .css-selector { font-family: 'Rancho&effect=ice', serif; } .css-selector { font-family: 'Rancho&effect=neon', serif; } エフェクトのタイプを変えたいときは、上と同じように、API名を差し替えます。 HTMLで文書を書く 要素はh要素、p要素、span要素、div要素などどれでも使えます。 記事の中で使う場合は、クラス名を指定すれば、エフェクトが出るようになります。 <p class="font-effect-ice">iceの場合の「アイウエオ」</p> <p class="font-effect-anaglyph">anaglyphの場合の「アイウエオ」</p> <p class="font-effect-fire-animation">fire animationの場合の「アイウエオ」</p> <p class="font-effect-neon">neonの場合の「アイウエオ」</p> <p class="font-effect-shadow-multiple">shadow multipleの場合の「アイウエオ」</p> これを使ってh要素(ヘッディングh1~h6)を作るなどもいいかもしれません。 私は、投入してみたものの、使いどころがなくてどうしたものかと、持て余しております。笑
        • “趣味の投資”に目標はいる?、いらない? 私は心に余裕がないから、”趣味の投資”の目標は「いらない」というか、「持ちきれません」。 プロ&アマ混淆の投資ブロガーさんたちが、「指数より高いパフォーマンス」を目標に掲げていらっしゃるのをよく見かけます。 TOPIXが〇%伸びているのに、自分は〇%だ。というような感じです。 目標がない投資はギャンブル アーリーリタイアメントを意識する前の私にとって、投資は純粋な趣味で、目標も目的もありませんでした。 「年利回り〇%」、「Topixよりも高いパフォーマンス」というような目標なんて管理が面倒くさいし、利益が出たら「〇〇を買いたい!」、「〇〇の資金にしたい!」と考えるぐらいなら、さっさと貯金から買ってしまった方が早いと思っていました。(←だからお金が貯まらない) 「老後資金」、「住宅購入資金」などのような将来を見え据えた資金運用なんて、頭の片隅にもありませんでした。 楽しいからお金を投じるって、「ぎゃんぶらー」ですね~。 儲けようとする気概にも欠けているし。何がしたいんだか、私。 投資は、勉強することが多すぎて、遊び感も賭け事感が薄いのですが、明確な目的がないのであれば、やはり賭け事ですよね… 趣味は遊び。遊びなんだから、目標はあった方が楽しいなら掲げればいいし、ない方が楽しいならいらない、という緩いスタンスで、それは今でも変わっていません。 投資は趣味になりえない? 写真ブログで、趣味の写真家さん達が、「毎日100枚撮影しなさい!」とか「上達したいなら年に1回はコンテストを意識しながら撮影しなさい」などと書いているのを見たことがありません。 「△△を試してみたら、こんな風に仕上がった。」や「撮影条件Aと撮影条件Bはこう違う!」という記事は、散見されます。 何より、作品(結果)を掲載することが最も多いです。これはアートだからしょうか? 株ブログでは、まったく逆で、ランキング上位でよく見かけるのは、投資の心構え的な記事で、日々の投資成績を更新したり、売買の際の試行錯誤についての記事は人気がないですね。 株は、サイエンスなのかもしれません。試行データはまとめてから発表してよ。みたいな? 目標アレルギー 趣味の投資でも目標を持って、収益向上を目指しているブロガーさんたち、素敵だとは思うんです。 そういう人たちが、目的、目標の大切さを語っているのを見ると、彼ら目線では目的も目標もなく遊び感覚で投資をしている私などは、もどかしく見えたり、苛立たしさを感じたり、の対象なのだろうな~っと、恥ずかしさを覚えます。 仕事で「目標・ゴール・ターゲット」などの言葉に追いたてられる日々を過ごしていると、目標を持つことが趣味を楽しめなくする原因になります。 一種のアレルギー状態ですね。 願わくば、いつの日か、やることが何にもなくなり、退屈すぎて、自然発生的かつ主体的な気持ちで「投資に目標」を持ちたくなりたいものです。 今は、疲れすぎていて、ムリ。

        筆者のリライト宿題帳

        • “FC2ブログ”からワードプレスへ引っ越した理由 Movingワードプレスでボツネタブログを立ち上げた後もずっと”FC2ブログ”(無料版)をメインに据え続けた理由は、突き詰めてしまえば、それが最初のブログだったから。センチメンタルな理由でした。 このセンチメンタルな理由、なかなか強くて、大好きなFC2ブロガーさんがブログをお休みしてしまったことが最終的な引き金となりました。 今回は、趣味でブログを書くという観点から、「お金がかからない趣味(FC2)」から「お金がかかる趣味(ワードプレス)」へと変わってしまってもワードプレスが良い理由を記録に残しておくことにしました。 ワードプレスが他と代えがたい点 飽くまで趣味ブロガー目線ですから、一般的なワードプレスの利点とは全く違います。念のため。 リビジョンでバージョン管理ができる 私は作文が下手です。 手直し・書き直しが非常に勉強になるので、公開した後、何度も書き直しています。 ワードプレスには、リビジョンという機能がついていて、過去のバージョンをすべて残すことができます。記事間の差分もハイライトしてくれます。これは学習者にはとてもありがたいツールです。 自分がかつて書いた文章をバッサリ切り捨てるのに心理的抵抗があったのですが、リビジョンに残っているという安心感があるだけで、かなり思い切って書きかえるようになりました。(たんなる「捨てられない」貧乏性??) 関連記事「リビジョンを削除するプラグインを削除した理由」 SEOプラグインの作文指導 私は、YoastというSEOプラグインを使っています。パンくずリストを入れたくて使い始めたのですが、なんとコンテンツ分析・指導もしてくれます。 タイトルが短すぎる 見出しがない キーワードがはいっていない 画像がない 内部・外部リンクがない 云々。 細かすぎてウルサイのですが、これがトレーニングになります。 Googleはずっとコンテンツを充実させましょう!っと口酸っぱく言っているので、このSEOプラグインもユーザの為になる良いコンテンツとは何か?のツボを抑えて確認してくるのです。 モノグサな私には、こういう細々と気づいて指摘してくれるプラグインがピッタリ。 関連記事「“Yoastメタボックス”に記事の書き方を学ぶ」 個別記事のメタディスクリプションを設定できる メタディスクリプションは、Googleなどの検索結果のスニペット(ページ説明)の部分に表示されやすいページ毎の要約文です。 ワードプレスでは、「抜粋」や「カスタムフィールド」を利用してメタディスクリプションを記事とは別に作る環境が整っています。(私はYoastのフィールドを使っていますが、Yoastも設定で「抜粋」や「カスタムフィールド」を利用することができます。) FC2では、テンプレートをカスタマイズして「記事の冒頭の200文字」などをメタディスクリプションに指定することができますが、リード文にふわっとしたゆるさを持たせたいタイプのブロガーさんだと、検索用のぎゅっと要約されたメタディスクリプションを別に準備したくなるっぽいですよ。 趣味で書いているブログなのでクリックされなくてもいいのですが、(かなり面倒くさいけど)要約文を書くと本文に関係がない文章を間引きやすくなるから書いています。 関連記事「“メタディスクリプション”は、めちゃめちゃ大事だと思うよ」 カスタマイズがやりたい放題 https化、 AMP化、 (JSON-LDなどの)構造化データ投入、 php編集、 充実したプラグイン、 サブドメイン・サブディレクトリサイトの立ち上げ、 あちらこちらのブログからの引っ越し、 などなど、 何気にいろいろ試しました。(素人なので大したことはできていませんが…) たのし~。 FC2では、無料版でもHTMLとCSSなら、ほぼ自由にカスタマイズできます。 無料版の唯一の指定が「広告コード」。 自分で書き起こしたテンプレート(HTMLとCSS)を試したりして、とても楽しかったのですが、物足りなさは残っていました。 ワードプレスには、手に負えないほど出来ることがある! これは大きな魅力です。 趣味だから、お金払ってでもやるんです。 関連記事「開き直ってよかった、”収益化をしない”のにワードプレス」 さようなら、FC2ブログ 先週FC2からワードプレスへの引っ越しを終えたばかりなので、これはちょっとした寂しさをまぎらわす追悼記事です。絶賛ホームシック中。 収益化のためにワードプレスを選んだブロガーさん目線では、「大分間違っている」かもしれませんケド。 書きたかったの。 お別れ記事。 さようなら、FC2。
        • FC2″無料ブログ”から、ワードプレスへ引っ越しする moving from FC2 to wordpress記事799件、画像ファイル1,083件、FC2の”無料ブログ”から、下書きステータスでワードプレスへと引っ越しました。 カテゴリー40件(タグ700件)は、あらかじめ削除してから移行しました。 コメント467件をどうするか悩みましたが、読み返すと懐かしさが溢れてくるので、こちらは残すことにしました。励ましのコメント、アドバイスの数々、ありがたいものです。 これでメインコンテンツが裏話とボツネタに格下げされ、「ウラとボツ」だけのゆるさ極まりないブログになってしまいました。今後ともなにとぞよろしくお願いします。 FC2記事のダウンロード 私は引っ越しというか、既存のワードプレスブログとの統合なので、2つのブログのカテゴリーやタグを整理するため、FC2側のカテゴリー情報は削除してから、記事をダウンロードしました。 ①と②は、それぞれのページで削除しまくっただけです。 ③のデータバックアップを押すと、上の図のエクスポートの画面に遷移するので、④で「全ての記事」をダウンロードしました。 ダウンロードされた記事のテキストファイルを修正する 次にダウンロードされた記事のテキストファイルを開き、中のデータを洗い替えます。 Windows 10をお使いの皆さん、置換は「ctrl + h」です! 今回私が1番苦戦したのは、このコマンド探す部分でした。苦笑。 「STATUS: Publish」を「STATUS: Draft」へ置換 ①の記事のステータスについては、変えなくてもいいのですが、個人的に「下書き」としてアップロードした後、リライトしながらボチボチ公開していくことにしたので、「下書き」にしました。 画像ファイル名のドメインを変更する ②は「http://元のサブドメイン.blog.fc2.com/img」を「新ドメイン/wp-content/uploads/アップロード年/アップロード月」へ置換する。 画像ファイル参照先のドメインを変更する ③は「http://blog-imgs-73.fc2.com/l/a/g/元のサブドメイン」を「新ドメイン/wp-content/uploads/アップロード年/アップロード月」へ置換する。 数字の部分が曲者で、私の場合10数種ありました。 「—–EXCERPT:—–KEYWORDS:」を「」に置換する ④はワードプレス側に余分なカスタムフィールドが入らないように「抜粋」と「キーワード」を削除。 非公開コメントの削除 ⑤は非公開コメントは、6件しかなかったので、あらかじめ削除してからアップロードすることにしました。「SECRET: 0」を検索(ctrl + h)して、関連箇所を削除します。 記事内、内部リンクのリンク先変更 ⑥記事内の内部リンクも参照先が変更されますので、「href=”http://旧ドメイン.blog.fc2.com/”」を「href=”https://新ドメイン.com/”」に変更しておきました。私の場合、新規で登録するわけではないので、今更FC2のblog-entry-XXXスタイルのスラッグを採用するつもりもありませんが、ドメインが変わっていると404エラーなどのリンク切れレポートが新サイト側で検知できるので、なんとなく変えておきました。 但し、これ順番が大事!、②、③の後です。 「border=”0″ 」を「」に置換する。 ⑦は、ほんのついでです。FC2では画像入れるときに枠線なしを指定する属性がムダに入るので、この部分は取り除きました。 記事をワードプレスへアップロードする ワードプレス側に、記事をアップロードする場合は、ツール→インポート→「Movable Type と TypePad」です。理由は分かりませんが、皆さんこれの様です。 画像ファイルをダウンロードする 画像ファイル、めんどくさかった〜。 画像ファイル1,083件を移行するのに、2時間かかりました。 まずダウンロードです。ファイルが100件ずつに分かれてフォルダーに保存されています。保存されたファイルの量にもよりますが、私は12回に分けてダウンロードしなければなりませんでした。 ダウンロードが始まると、新しいタブでウェブページが開き、どんどんファイルが表示されていきます。どこか写真以外の空白の所で右クリックして、「名前をつけて保存する」を選ぶとローカルファイルとして保存することができます。この時ファイルタイプが「ウェブページ、完全」になっていればすべてのファイルがダウンロードできる状態です。 画像ファイルフォルダからサムネイルファイルを取り除く 1つのフォルダの100件のファイルのうち、概ね半分はサムネイルファイルです。アップロード後、ワードプレスでもサムネイルファイルが自動生成されるので、同じ画像が更に増殖します。というわけで、ダウンロードホルダーの中のサムネールファイルは削除してからアップロードしました。 ワードプレスに画像をアップロードする デフォルトのアップローダーでは、1回に128MBまでアップロードすることができます。FC2のファイルも12分割されているので、都度ポイポイ放り投げるだけでした。
        • Yoga 920でスタイラスペンにショック!やけっぱちでApple Pencilを買う Crying bee昨年、ノートパソコンが壊れた際、サーフェスプロにするかさんざん悩んだあげく、スタイラスペンを諦めて4KスクリーンのYoga 910にしました。 ところが新型のYoga 920は、4Kスクリーンはそのままで、スタイラスペンでお絵かきが出来るようになっていました。ショック!! それであまりの悔しさにやけっぱちでApple Pencilを買ってみました。 iPad Proはもともと持っていたのですが、パソコンが壊れてからしばらくの間、これでブログを書いてみて不便だったので、ノートパソコンを買うことにしたんです。それなのに、たった1年で、音声入力やスタイラスペンの便利さに負けて、結局iPad Proでブログを書くことになってしまいました。 残念すぎる。 iPad Proだけでブログが書けちゃう iPad Proが不便なのはマウスがないことです。 これはみんなが思っている事かもしれませんが、iPad Proにマウスがついていれば、パソコンはいらないんじゃないかな? キーボードは純正ではありませんが、Bluetoothキーボードで問題なくタイピングができます。 そもそも家にいるときは、音声入力を使っているので、キーボードはいらなかったりします。 会議の議事録を書く時のみキーボードを使っている感じでしょうか。 今回Apple Pencilでお絵かきができることになったことによって、画面キャプチャーの後手書きの注釈をつけて、必要な分だけクロップするだけでカスタマイズ記事もiPad Proだけで書けちゃいます。 Apple Pencilで修正箇所を指定すると便利 iPhoneにしてもiPad Proにしてもちょっと使いづらいなと思っていたのが、文章の中での修正箇所の指定です。 マウスやキーボードだとカーソルの移動が簡単なので、1文字だけ移動させたり、3文字だけ囲ったりすることが容易です。 これがiPhoneやiPad Proだと指で苦労して修正箇所を指定するのが少々億劫でした。こういう時はペンシルで指定すれば良いので非常に楽になりました。ワードプレスアプリで見出しを入れたり、引用箇所を指定して引用タグを入れたりそーゆー作業が非常に楽になりました。 これは意外な発見でした。 マウス、もういらないかもね。 今使っているパソコンが壊れたら、もう買い直さない!なぁんて心に決めています。 せっかくだからお絵かきも… 私の用途では、画面キャプチャーに注釈をつけるだけなのですが、せっかくなのでお絵かきをしてみました。 わ、私、絵が下手すぎる… 作品名「やけっぱち」です。 まぁ、5分位で書いたものなので、こんなもんでしょう。オリジナリティーはあると言うことで… 笑。