最新記事

  • お金が貯まらない「見栄っ張り」は、才能に溢れている Saving_Money「見栄っ張り」は、お金が貯まらないという記事を見かけます。見栄っ張りは、度胸があって、相手目線で、勉強家で、向上心があって、気概もある「稼ぐ」方に特化した性質だからね… 一般的な節約型の貯金法で測っていい相手ではないよね。
  • 33アイテムを3か月着まわすミニマリストを越えたイギリス淑女達 minimal lifeNetflixにMinimalismというドキュメンタリーにて紹介されていた”プロジェクト333″。 ランチタイムに「いつかやってみたいな~」なんて言っていたら、一緒にご飯を食べていた英国人2人が揃って3か月に33アイテム?、私はそんなに持っていないと思う。っと素で帰ってきてビックリ。 恐るべし、イギリス淑女。 プロジェクト333 プロジェクト333とは、33アイテムを3か月着まわすミニマリストチャレンジです。 カウントの対象は、衣類、宝飾品(指輪、ピアス、ネックレスなど)、アクセサリー(バッグや手袋など)、靴です。 Minimalismに出演していたのは、「be more with less」のコートニーさん。 分かりやすいし、面白いな~っと、早速、英国淑女たちに話してみた結果が冒頭の通り… ベタに質素なイギリス淑女達 なかなか面白いチャレンジなんじゃないかと思って一緒にご飯を食べていた英国人女性2名に話を振ってみたら、33アイテムは別にそんなに難しくなさそうだと薄い反応しか返ってきませんでした。 この二人の普段の様子から、本当に難しくなさそうというか、33アイテムより少ないかもという発言も納得できます。 お~。 なんか淑女の国、イギリスって感じ♪ しかし、これ、英国人女性がみんなそうというわけではなく、私が仲良くなる人がそんな感じなだけです。 イギリスのファッション業界はとても活況なようにしか見えませんから… データを探してみたところ、何気にイギリス人が最もファッションにお金を使っているようです。 人口に対するファッション市場の大きさは、イギリス→アメリカ→ドイツ→フランスといった具合に小さくなっていくようです。 きっと差が激しいんでしょうね。 もしかすると私と同じで、クローゼットはぎゅうぎゅう詰めだけど、着ているモノはいつも同じというダメダメパターンなのかもしれません。笑。 結局33アイテムぐらいしか着ていないカモ よく考えたら、我が家のクローゼットには着ない服が多いので、実際のところ33アイテムぐらいしか着まわしていないかも…っと思って、ここ1か月ほどで身につけたアイテム数を数えてみたところ、 トップス、7 ボトムス、5 ジャケット・コート、2 スカーフ、2 バッグ、2 靴、3 計23アイテム あれ?? 我が家の大量の衣類はいったい何のために存在するんだ!!! っと、自分に腹が立ってきて、逆333プロジェクトを立ち上げたのでした… 全て着るまでリピート禁止プロジェクト 名前ながっ。 同じ区分の衣類を1周するまでリピートしてはいけないルールです。 寝室のクローゼットから取り出した服を着て外出、帰宅後は空き部屋のクローゼットに収納するだけです。 ある区分で着るものがなくなったらその区分だけ一斉に寝室に戻します。 どんどんコーデが難しくなります。笑。 それがなんだか毎朝罰ゲームみたいな感じになっています。 実は開始前に、ほとんど着たことがない服などは、着るのが嫌で断捨離が進むのではないかと予測していたのですが、普通に着ています。 私の捨てられない病は深刻です。 今までほとんど着ていなかった理由は単に「お気に入り」に入っていなかったというだけでした。 そのうち嫌になって、衝動的にがーっと捨てられる日が来るかもしれないとうっすらとした期待を捨てず、しばらく続けてみることにします。
  • 「浪費・消費・投資」なる貯金中級者のお気に入り Saving_Money浪費はムダ遣い、消費は生活維持費、投資は収入増の種まき。賢い貯金中級者さん達のお気に入りコンセプト。上級者さんたちは「お金に色はついてない」なんていってますけどね。まだまだ改善の余地はありますが、膨大な「浪費」を可視化したことで、「貯金」は増えやすくなりました。
  • “本当のお金持ち”は、現金を見たことがない Saving_Money貯金・節約系の記事を読んでいると、本当のお金持ちは、”現金一括払い”派!というような見出しを見かけます。英語圏では、”お金持ちは現金派”と主張する記事を探せませんでした。 私は密かに、私が生きている間に現金が撤廃された世の中が来ないかな~なんて期待しています。 高額紙幣を廃止したインド 2016年11月、インドの高額紙幣が撤廃されました。現在の最高額紙幣は確か100ルピーです。日本円で170円札的なものです。 物価が安いインドとはいえ、170円紙幣が最高額紙幣ってチマい。 偽造防止、資産隠し&脱税防止が目的の様ですが、お金持ちはすべて電子化されたお金を使っている事になります。 何気にハイテクな新興国ですね、インディア。 £10紙幣が変わったことを知らなかったイギリスのお金持ち 2017年9月にイギリスの£10紙幣が新しいデザインに変わりました。 2016の9月の£5紙幣に続き、プラスチック紙幣の第2段です。 知り合いの友人は資産家で、£10紙幣どころか£5紙幣が変わったことを最近まで知らなかったとのこと。彼女はおそらく本物のお金持ちだ。現金を見たことがないんだから!っと、言っていたのが印象に残りました。 なんでもその人にとっては、「現金と言えば、外国通貨」って感じらしいです。 外国ではカードが使えないところもあるから、一応準備しておくとのこと。 イギリス人的感覚では、お金持ちは現金を使わないのかもしれません。 現金派のお金持ちが生息しているのは日本だけ?? 日本がそれ以外の国と逆を行くのは珍しくない事です。 いくつか記事を読んでみると、全ての記事が現金払いを推奨しているのではなく、実際は半々ぐらいでした。 いい機会だと思って、なぜ日本には現金派のお金持ちがいるのか調べようとしました。 しかし、お金持ちがクレジットカードを使わない理由しか見つからず、現金でなければ得られない利益が探せませんでした。 あるのかな?? 現金払い固有のベネフィット。 ここ数十年でお金の電子化はかなり進んでおり、現金でしかできない事って思いつきません。 お金持ちか、そうでないか、クレジットか、デビットか、などなどを問わず、私が生きている間に「現金」が撤廃された世の中が来ないかな~。なんて、期待しています。 最後の最後まで現金を使う人って、どんな属性の人なのか? 何となく、”お金持ち”ではなさそうですね。
  • お金に触りたくない人の”袋分け貯金” Saving_Money““袋分け貯金”というのは、用途ごとに月次予算を決めて、用途別の封筒やクリアケースに予め予算分の現金を入れて管理する貯金手法です。家計簿も袋分けも、お金を残すための技術ですが、残っているお金が見える袋分けの方が、より直接的に結果(=貯金)を知ることができます。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。