ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • ワードプレステーマ、”Canard”のホーム画面の設定 canard featured homeホーム画面にギャラリー風のカテゴリーリンクを作りたいなと思い、”Canard”というテーマをインストールしてみました。 ポートフォリオではなく、アイキャッチ画像を使うスタイルです。 残念ながら今の力量では、カテゴリーページにアイキャッチ画像が投入できず、専用ページを別に作りました。 ワードプレステーマ、”Canard” ホーム画面にギャラリー風のカテゴリーリンクというのは、こんなイメージです↓ 画像をクリックするとワードプレスのテーマディレクトリへと遷移します。 「ポートフォリオ」を使ってこんな感じに仕立て上げているテーマが多いのですが、これは「投稿」か「固定ページ」のアイキャッチ画像を使っています。 「カテゴリー」ページに直接リンクしたかったのですが、このタイプだとアイキャッチ画像とタグが持てないので、「投稿」ページを使うことにしました。 Canardのホームギャラリーの設定法 ↓まずは、当ブログでの完成図↓ 小さい文字が「カテゴリー名」で、大きい文字が「投稿タイトル」です。 設定法は、 外観→カスタマイズ→固定フロントページ→フロントページの表示にて、最新の投稿を選択 外観→カスタマイズ→おすすめコンテンツ→タグ名に、適当なタグ名をつける 上記で設定したタグがついている「固定ページ」か「投稿」を最大5記事準備する 上記で作成した「固定ページ」か「投稿」にアイキャッチ画像をつける 表示される順番は投稿時間順に新しいものから、左上→右上→右下→左下→下段真ん中 分かりにくかったら、コメントくだされば、キャプチャー貼ります。(ちょっと手抜き) Canardのフォントをゴシック体へ変更 文字が明朝体系列だったので、ゴシック体系列に変更しました。(上の画像は変更済み) 外観→カスタマイズ→追加CSSに後述のコードをコピペ body, button, input, select, textarea { color: #222; font-family: "Yu Gothic", "Hiragino Kaku Gothic Pro", Meiryo, sans-serif; font-size: 16px; } h1, h2, h3, h4, h5, h6 { clear: both; font-family:"Yu Gothic", "Hiragino Kaku Gothic Pro", Meiryo, sans-serif; font-weight: bold; margin-top: 0; } 日本語フォントは「游ゴシック」を使いました。 投稿ページのアイキャッチ画像を縮小する 実は、上の「ホーム」のキャプチャーはスクリーンの縮尺を50%まで落としてキャプチャーしたものです。私のパソコンにてスクリーンサイズを変えずに「投稿ページ」を表示すると下図の通りになります。 これは… いくら何でもひどすぎるでしょう?? スクロールしないと最初の一文字すら読めません。 少なくとも最初の200文字、もしくは1段落ぐらいまではスクロールなしで読めるようにしたいものです。 強引に最大の高さを200pxにしてしたところ、尺がぎゅっと詰まって微妙な写真になりましたが、こんな感じ↓ しまった。最初の写真と違うページを使ってしまった。ドンマイ。 変更方法は、 外観→カスタマイズ→追加CSSに後述のコードをコピペ .post-thumbnail img { display: block; max-height: 200px; } これでとりあえず、投稿内容の文字が見え始めました。一歩前進。 メディアスクリーン1380px以上だと3カラム 3カラム嫌い。っという極々個人的な好みの問題で、メディアスクリーン1380px以上を下記の通り変更しました。 @media screen and (min-width: 1380px) { .entry-footer, .footer-widget-inner .widget { ...
        • 反対されたら、やめるの? early retirement in wales友人から相談を受ける時は大抵、ただ話を聞いてほしいだけで、私の意見を受け入れる気なんてなさそうです。 そんなもんだと気にも止めないようになって久しいです。 先日、友人や両親に早期リタイアについて相談してみましたところ… “反対したら、やめるの?”と聞き返されていました。 ドキっ 反対されたら、やめる かな? 相談なのか?、事前報告なのか?、事後報告なのか? 話をするタイミングによって周囲の反対の仕方、こちらの反応もかわりますね。 「事後報告」だと、反対しにくい 株は、いつの間にか、始めていたよ。悪びれずペラペラ喋っているから、危ない橋は渡っていないんだろうと思ったし、今から反対もしにくいでしょう?というスタンスでした。 株に関しては、私が始めたことを聞きつけた叔父が、つられてデビューしたりしていましたから、割とオープンな土壌なんだと思います。 「大賛成」されると躊躇する 「会社を辞めたい。」と口にした時、両親は大賛成でした。 今の勤め先を辞めることに関しては、両親は常に大賛成です。 4回も退職届を出して、4回とも辞めるのを止めた情けない人間ですが、両親の大賛成を裏切って、仕事を続けています。 誰も反対していなくても、躊躇することがあるんですね。 「賛成も反対もされない」と踏ん切りがつかない 早期リタイアについては、賛成も反対もされていないというか、興味深々。 そこを目指して貯金を開始したので、好感度が高い感触です。 反対されないと肩透かしというか、ちょっと淋しい。 単なる甘えですね。 結局、構ってもらいたいだけなんでしょうね。 反対されても、聞いていなかった 苦笑 私の両親が反対したことと言えば、「インド赴任」です。 「インド赴任」は、そんなの勤め人なんだから、断ることはできないよ!っと思っていたのですが、別に強く断りたいと思っていなかったんでしょうね。 ちょっと興味があったというのもあるし。 インドの様なハードシップが大きいところは、自腹では行かないですから、会社にある程度守ってもらえるという状況はある意味面白いです。 極々珍しく反対していた両親の意見を聞いていません。 インド赴任後、日本人上司にいじめられてウツ状態に至ったので、聞いておくべきだったな。 とりとめもなく、昔を振り返って、人のアドバイスを聞くのって難しいな~っと思ったのでした。 両親的には、絶対にダメな事じゃなければ、見守ると決めているみたいです。 インドは命に関わると思ったっぽいですし、仕事は心が壊れると思ったっぽいです。 そんな両親が反対する時は、もっと耳を傾けよう! と、いつまで続くかわからない決意をしたのでした。
        • “友人の紹介”は、怖い むか~し昔、旧家(=名家?)出身の知人が、友人や親戚の紹介は、しがらみなので、飽くまで最終兵器だ!っと言っているのを聞いて、「凄いな〜、旧家。」なんて他人事なりに感心していました。 こういう人たちは、持ちつ持たれつが上手で、コネは使い倒しているのかと思っていたので、少々意外でした。 最近、違う意味で、「友人の紹介はこわいな〜」っと感じたことを、教訓の為にメモメモです。 類は友を呼ぶ 紹介された友人と同類だと思われて、恐怖した話です。 友人Aさんに美容師さんを紹介してもらったBちゃんが、紹介してもらった美容師さんは、初めてお願いしたのに、最初から最後まで、グチ&悪口ばかりで、楽しい話が1つもなく、ヘトヘトになった!と嘆いていました。 凄腕スタイリスト(?)だけど、人間関係のしがらみが嫌で、独立して、一人で隠れ家的にお店を切り盛りしているらしく、働く女性の憧れの的という触れこみだったそうです。 ところが行ってみたら、徹頭徹尾、毒しか吐かない美容師さんだったらしく、もう行きたくないけど、紹介してもらっただけに、行かない理由を考えないと気まずいそうです。 お気の毒ですね。 Aさんも毒しか吐かないタイプで、美容師さんと同類。 Aさんの紹介のBさんも同類に違いないと美容師さんから誤解された可能性が高いそうです。 もしかすると、毒吐きまくりトークは、美容師さん的には、大リップサービスだったかもしれません。 水と油 Aさんは悪口しか言わないから、楽しくないし私はいつも遠慮させてもらっているの。っと、口を開いたCさん。 Cさんは以前、Aさんお気に入りの隠れ家カフェにご一緒させてもらった際に、カウンターでずーっとマスターに愚痴ってのに驚いたとのこと。 Bちゃんもそのカフェには心当たりがあるそう。 Aさんは、何やら「隠れ家」が大好きなようです。 AさんはBちゃんにしか愚痴れないのだろうと、聞くのはいいけど、同類だと思われるのは嫌だ…っとしょぼーんとしていました。 悪口ばかり言っていれば喜ばれると思われちゃったのか…って、泣ける。 キャリア志向で素敵女子を目指すAさんと、モンハン仲間で40歳になったら女子の呪縛から解放されるだろうことを心待ちにしているBさんとCさん。 どちらかと言えば、水と油。 ま、もう、交わろうとしない方がいいのかもしれません。 おススメの裏側で… 自分はいいと思ってオススメしても、お互いの嗜好が違いすぎると、こんなことになっちゃうんですね。 プライベートでは、聞かれない限り、自分の行きつけを紹介することはしないようにしよう! っと、そっと心に決めたのでした。
        • “ネット断ち”をしたら、傍にいる人が見えてしまった early retirement in wales年2回、2週間ずつの”ネット断ち”を試みています。普段インターネット依存度が高く、人付き合いが良い方とはいえません。無理に社交的になる必要はないと思っているのですが、周りの親しい人たちまで無視して暮らしちゃっていることに気付かされる大事なイベントです。 傍若無人(傍に人無きがごとし)は、周りに他の人がいないかのように自分勝手に振る舞う事ですが、インターネットは、実際に周りにいる人たちが見えていなくても気付けなくなるという意味で、傍若無人。怖いツールだなぁと思います。 ネット断ちの効果 定期的な短期のネット断ちをするようになって3年、効果や失敗原因などについての反省点もまとまってきています。 私がネット断ちの効果と考えているのは以下です。 インターネット依存度が下がる 自由時間が増える 社交的になる インターネットで楽しんでいることがわかる インターネット依存度が下がる 普段仕事を終えて、帰宅した後、ついつい長々とネットにはまり込んでしまうことがあります。 気付かぬうちに、オンライン時間がどんどん長くなっていって、気付いたら毎日寝不足気味です。 うっすら良くない状態だとはわかるのですが、じわじわと侵食してくる感じで、なかなか上手くコントロールできていません。 実際にネット断ちをすると、スッキリ憑き物が落ちたかのような気分になり、依存気味だったんだな~っと、危機感が生まれます。 自由時間が増える インターネットも自由時間に行っているのに、しばらくネット断ちをした後は、「拘束」されていたかのように感じます。 割と負担なく遊んでいられるので、長時間化します。一旦はじめると寝るまで貼り付いて、他の事をやりたがらなくなります。インターネット以外の事は、途中で集中力がきれたり、体力の限界を迎えたり、飽きたり、種々の理由でインターネット程長時間「拘束」されません。 ネット断ちをしている期間は、一日にこんなに多くの種類のことが出来るのか!っと、新鮮な気持ちになります。さも自由時間が増えたかのような錯覚に陥ります。 インターネットで数件だけ軽く調べものして、リアルライフで実行してみる。っというようにバランスを保てればいいのですが、実際には、インターネットで数十件もじっくり調べ物をしただけで、時間が無くなる。でも何となく満足してしまいます。 リアルライフで実行してみると「達成感」を感じやすいだけかもしれませんが、旅行など、調べただけで終わっちゃった場所よりも、実際に足を運んだ場所の方が、印象に残ります。 ネット断ちをすると社交的になる 時間が出来て、いろいろやろうと思っていたことが片付いてくると、手持無沙汰になります。 それで、よく出かけるようになります。 一人で出かける事もありますが、しばらくすると誰かの顔が思い出されたりして、声をかけてみるようになります。 めったにこちらからは連絡しないので、映画や食事に誘うと快諾してくれたりして、ちょっと嬉しかったりします。 友人たちから聞く、彼らの近況や最近ハマっているものなどについて、ブログを読むかの如く聞き入ってしまいます。友人時間は興味はなかったけど面白い話(世界が広がる)が聞けていいですね。 興味がなかった、存在すら知らなかった、色々なモノやコトに共感できたりするのが、不思議です。周りの人たちに流れた充実した時間を垣間見ることができます。(私は他人の自慢話が好きです。) 私は今までこの人のことが見えていなかったんだな…っと感じます。 ネットでは、興味のある内容だけに浸っていられますし、興味がある分野で活躍しているブロガーさんの記事を拝読すると、心打たれます。でも、見ず知らずの人の活動進捗が更新される(=与えられる)のを待っているだけです。 普段、字面を追っているだけなので、相手の表情、声色などが変わったり、リアルタイムで相槌が返ってくることすら新鮮なことがあり、私ってかなりやばいんじゃ?って思っちゃいます。 会いに行って、食事を食べて、帰宅してなどの時間が非効率な気がする時もありますが、この辺りは、慣れの問題もありそうです。デジタルデトックス頻度を増やすと、社交周りの面倒くささが減るかもしれません。 いずれにせよ、友人たちに会うと、今まで自分の世界に引きこもって、周りの人が見えていなかったんだな…っと身が引き締まります。 インターネットで楽しんでいることがわかる ネット断ち期間は、お気に入りブログの未読が貯まって、ネット再開後「ため読み」ができるのを心待ちにしていたりします。 続編が出るのを心待ちにしている漫画や映画と同じ感覚で、好きなブログの更新を楽しみにしているのです。普段何となく読んでいるブログ・ニュースフィードと自分が楽しみにしているサイトの差が明確になります。 そしてフィードリーダーに自分が心待ちにしていたサイトだけ残します。 ネット断ちの方法 私の場合は、外国暮らしなので、一時帰国時にネット断ちを決め込んで、普段インターネットに使っているデバイスを持ち帰らないことによって、インターネットをしなくなります。 逆にデバイスを持ち帰ると、wifiでつないでしまうので、物理的にできない環境を作るのが最もスムーズです。 ネット断ち、失敗原因 実は2016年も、2017年も、完全には断てませんでした。 主な原因は… 銀行口座などへのログイン(大抵これがスタート地点) 待ち合わせ場所や食事に出かけるレストランの調査(社交のためだからと自分に言い訳) ネットショッピング(日本にいる間に買わなきゃ!っと自分に言い訳) 仕事(仕方ないよね←) もっと自制心を持ちなさいよ… の、一言に尽きます。 自分の世界にこもりすぎるのは怖い 祖父母が痴呆になる前に、人の話を聞かない時期があったように思います。 年をとったら誰しも我が儘になるから…っと、周囲は寛容で、それ自体に問題はありません。 ただ、あれは社交力が落ちていたんじゃないかと思い当りました。 敵意なぞ全くないのに、他人と上手く協調できなくなる感じ。 ネット断ち期間は楽しくはあるのですが、疲労も激しく、特に「社交の筋力不足」を感じます。 ネットではその場で相槌を打ったり、返事をしなくていいですからね。 仕事は、お金を頂戴しているので、割り切っていますが、気が緩むと十分な反応を返していなかったりします。 ネット時間は、何の反応もしなくていいですからね。 ↑やばいね 2018年ネット断ちは、年4回1週間ずつ ネット断ちの頻度を増やすというか、社交頻度を増やす努力をした方がよさそうです。 2週間と欲張らず、1回1週間ぐらいのネット断ちを季節ごとに1回行う事にします! 遅くまでネットにハマり過ぎないように、ゆっくりお休みくださいませ~。
        • “ネタかぶり”、あるあるネタ、鉄板ネタ、定番ネタは、皆兄弟。 Wordpress_Customizeブログの”ネタかぶり”を気に病む記事を見かける度に、まじめだな~っと、妙に感心してしまいます。 元読書家かつ映画好きの目線では、世の中に似たような小説や映画はゴロゴロ転がっています。これは他に似ている例が思い浮かばないユニークな作品だ!!なんて言い切れる作品を考える方が大変です。 特に日常生活、日記ブログ記事は、あるあるネタ、鉄板ネタ、定番ネタが溢れていて、それらは共感を受けやすく、人気も高い。この”ネタかぶり”という表現自体が読者目線ではなく、筆者目線なのかもしれません。”ネタ被り”と残り3つの境界はどこにあるのか、考えてみました。 Google検索結果はすべて”ネタかぶり” ネタがかぶる事が気になるときは、その記事の軸になるキーワードをGoogleしてみるといいかも。 ビッグワード(人気ワード)の上位記事は、戦略的に被せて書かれている様にしか見えません。 それまでそのキーワードに関する記事が殆ど存在していないのに、急に2日立て続けに記事が出たら、それは被っていますから、旬の走りだと思って割り切れないなら、投稿を諦めるかも。 チラホラ恒常的に上がってくるネタなら、1ページ目に乗ることを目指して記事を書けば、被った相手が読んでも面白い記事になるんじゃないかな? あとは所属コミュニティーの雰囲気で決めるしかないですよね。 同じ日に似た様なコーデになっちゃった時に、恥ずかしいかどうかどうかは、その服の斬新さと着こなしなどによって決まるもので、制服の様に皆一様に同じ記事を書くのが自然な場合もありますし。 旬のネタの走り、盛り、名残り 旬のネタなら走り、盛りの間は、積極的に「被せていく」ぐらいの気概でいくのでは? 新作映画レビューにおいては、被らない様に工夫している人もいるのかよくわかりませんが、皆さん同じ作品に関するレビューが続きますし。 読者の方でもバリエーション豊かな多種の記事を求めている可能性が高いと思うのです。 ニュースメディアでも各社が一様に同じネタを扱っている時に、落としてしまった方が「何やっているの?」感がありますよね。 難しいのはいつでも「勝てるように書く」事で、「被らないように書く」事ではないんじゃないかな? あるあるネタ あるあるネタも共感できることが肝になってきますから、被る覚悟は必要ですよね。 ネタ自体はいいとして、「タイミング」的に被ると微妙なところが旬のネタとの違い。 しかし、全く被らないネタはあるあるじゃないかも? 「あるようでなかった」のみを集めようとするのは素晴らしい挑戦心ですけれどね。 鉄板ネタと定番ネタ 言葉の使い方が難しいのですが、鉄板ネタは手堅くアクセスが入る人気なネタ、定番ネタは不変的に存在する親しまれているネタという使いわけ事にします。 鉄板は、みんな大好き(?)カレーライス。 定番は、お正月といえばお雑煮。 というニュアンスです。 鉄板ネタ 早期リタイア界では、「持ち家派、賃貸派」、「リタイア資金」などの鉄板ネタがあり、みんなついつい見ちゃうのか、ランキング上位にいたりします。 こういうのも、かぶってしまったとしても多くの意見を知りたがっている読者たちが飽きる事なくポチッとしているのですから、潔くポジションをとって記事にすると喜ばれそうです。 私の感触では、意見が個性的な必要はなく、しっかり自分の考えが現れていればウケていそうなので、前の2つに比べてハードルは低いんじゃないでしょうか? 私はむしろ鉄板ネタ集を作ってもいいんじゃないかと思っているぐらいです。 個人的にはこの辺りでの独自性を出そう!というアドバイスには懐疑的です。ごく一般的な、自分(=読者)も当てはめて考えられるぐらいの身近な記事の方が実は参考になる気がしているのは私だけでしょうか? 定番ネタ 1,000記事達成報告や、節約ブログの「家計簿」やミニマリストの「断捨離」などがこの辺り。 ここで「独自性」を出すのはかなりの腕が必要そうですよね。 「ワードプレスの子テーマ」なんて、codex(公式オンラインマニュアル)まで存在する定番ネタですが、私は自分用のメモが欲しかったので、書きました。 独自性などなく、他所の記事と似たり寄ったりです。 そしてGoogle検索1位に君臨しているのは、大抵「王道」記事です。最も一般的な手順を、とてもわかりやすく、期待された構成で、簡潔に書かれている記事です。 もしかしたら、とても良い内容の記事が、最終的に生き残って、他に影響を与えているため、それが「王道」な印象を与えているのかもしれませんね。 開き直るしかない? シナリオごとにいろいろ考えてみたものの、どれもかぶってはいけない決め手に欠けます。 結局、開き直ってしまった後は、あまり気にならなくなるものなのかもしれません。 気まずいのは分からなくないので、また機会があったら考えてみます。 グダグダでごめんなさい。 今日も一日、軽やかな気分でお過ごしいただけますよう、お祈り申し上げます。 独自性を出せばよい!なんてアドバイスを読むにつれて、「王道」を模索する方が難しいよね…なんて、しらけてしまったりもします。 ネタが旬であればあるほど、盗作じみた記事になってしまうから、気になるのかな?

        筆者のリライト宿題帳

        • “AMPのページリダイレクト”は、バックスラッシュをつけない 404エラー処置で、”AMPのページリダイレクト”を設定する際は、最後のバックスラッシュをつけないで設定しないとリダイレクトが効かないみたいです。 今まで気にしたことがなかったのですが、URLの最後のバックスラッシュ/は、あるのとないので、意味がちがうそうです。 ※AMP(=Accelerated Mobile Page) バックスラッシュありは、ディレクトリ バックスラッシュがある場合はディレクトリを示し、バックスラッシュがない場合はファイルを示すそうです。 ディレクトリは、同名のフォルダの中に格納されており、 ファイルは、フォルダの中のファイル。拡張子はhtml。 ワードプレスだと、ページごとにフォルダがあるので、普通のページならバックスラッシュ/をつけて、拡張子.htmlをつけないで、リダイレクトを設定しても、判別・転送可能。 AMPはディレクトリをプラグインでAMP化しているわけで、固有のディレクトリを持っているわけではないので、バックスラッシュ/をつけると、存在しないディレクトリへの転送ができず、転送エラーになる。(?) 現象として、 https://noronoron.com/customize-memo/india-cow-elephant/amp というページを https://noronoron.com/temple-elephant/amp というページにリダイレクトする場合は、バックスラッシュ/なしで登録しないとリダイレクトがかかりません。 AMPのPはページで、ディレクトリではありませんし、バックスラッシュがない状態でリダイレクトをかけなければならない。ふむ。 体感して知っているものの、頭はイマイチついていけていない感じ。 とりあえず今後は素直に/なしで登録します。 ちなみに、携帯ページの/?m=1、スマホページの/?sp=1みたいに、/?amp=1が使えるっぽいですが、これらも異なるCSSを見に行っているだけで、デスクトップ版と同じディレクトリに属しているページということかな。 普通のページでも起こりえる転送エラー 例えば、カテゴリー名「wordpress」というページ(ディレクトリ)があるにも関わらず、記事のスラッグを「wordpress」としてしまうと、 https://noronoron.com/wordpress/ という/ありのカテゴリーと、 https://noronoron.com/wordpress という/なしのページができる。 基本的に、ロボは粛々と違いを見分けるが、たまに混乱することもあるから、カテゴリーに使ったスラッグは、ページに使わない方がいい。 みたいな感じで理解しました。 謎はのこる 混乱するのは、上記のようにリダイレクト元のページは、バックスラッシュをつけないで登録しないと上手くいかないのに、ランディングした後のURLはバックスラッシュ付きで表示されていることです。 なぞ~
        • Twenty Seventeen、巨大すぎる”アイキャッチ画像”を非表示にする Tobi Kadachiワードプレスの2017年のデフォルトテーマ「Twenty Seventeen」、好きなんですけれど、投稿とページに表示される”アイキャッチ画像”は巨大すぎて現実的に使えません。 というわけで、取り除きました。 子テーマにheader.phpをコピーし、single-featured-image-headerのブロックを削除するだけです。 これで、アイキャッチ画像を他の用途に使用できるようになりました! スッキリした~!!! 巨大すぎる”アイキャッチ画像” どれだけ巨大かというと、ページトップ(スクロールしなくても見える範囲)に収まらないぐらい巨大です↓ これは、事故的な何かかしら… 兎も角も、これを取り除くために、Twenty Seventeenの親テーマからこの部分のコードを探します。 single-featured-image-headerというクラスで、mastheadというidの下あたり。header.phpにいました。 次に、header.phpを子テーマにコピーして、当該部分を子テーマにて取り除きます。 場所は↓ 外観 → テーマの編集 → 子テーマを選択 → header.php それだけ。 編集後記 Twenty Eighteen、出ませんね~。 テーマを変えるの楽しみにしているんですよね~~。 もうすぐテーマを変えちゃうから… っと、カスタマイズを凍結して半年以上たちました。 本件も作業自体は簡単なんですが、同じ理由で着手していませんでした。 カスタマイズすればするほど新しいテーマでの確認事項が増えますからね。 Twenty Seventeenのアイキャッチ画像が非常識だったので、次のテーマも非常識でも不思議ではなく、これを触るのは気が引けていました。 でも、ブログカードとか、OGPとか、他のいろいろなことに影響するのでアイキャッチ画像はできるだけ早く運用に取り入れたいですよね。 (実は、最近お絵かきデビューしたので、画像を使いたくて仕方がないだけなんですけれどね。)
        • 非居住者への”マイナンバー”発番 sakura日本人はみんな持っている”マイナンバー”、私は持っていません。 長らく日本で暮らしていない人は、みんな持っていないカモ。 日本の新常識なのに知らないことがたくさんあり、”マイナンバー”もその一つです。どうやら社会保障・税番号であるらしいです。 税金はずっと居住国に支払っていますから、税番号がなくても困りませぬ。でも、社会保障費はずっと日本に支払っているのに番号がなくても大丈夫なのかしら?? ちょっぴり心配になります。 というわけで、長期非居住者で、”マイナンバー”をまだ持っていない人のメモです。 非居住者の”マイナンバー” サイト毎に情報が違う部分があって、混乱するので、出来るだけ大元のURLを拾ってみました。 内閣府サイトのQ&Aページ 内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 社会保障・税番号制度 > よくある質問(FAQ) (2)マイナンバー(個人番号)に関する質問 Q2-8-1 海外在住ですが、通知カードは送付されますか? A2-8-1 国外に滞在されている方などで、国内に住民票がない場合はマイナンバーが通知されません。 日本国内に転入し住民票が作成されれば、通知カードが送付されます。(2015年12月回答) Q2-8-2 海外勤務者(住民票を持たない非居住者)で、マイナンバーが付番されない場合、社会保険等の特別加入においては、非居住者としてマイナンバーは記載しないでよいでしょうか。 また、本人は海外勤務で、家族を日本に残していく場合はどのような対応をしたらよいでしょうか。 A2-8-2 住民票を除票して海外に転出した人にはマイナンバーは付番されません。このため、この間にマイナンバーが必要となる手続きをしなければならない場合は、空欄で提出してください。マイナンバーがない人の場合、記載の義務はありません。 また、本人が海外に単身赴任をした場合、本人のマイナンバーがなかったり、凍結されたりしていても、国内に居住する家族にはマイナンバーが付番されます。家族のマイナンバーが必要な場合には、本人が確認して会社に提供する義務があります。(2015年9月回答) なるほど。 社会保障はマイナンバーを持っていない人は空欄でよい。 違反とかにはならなさそうなので、ひとまず胸をなでおろしました。 ところで、番号は空白でよいという事は、社会保障費の納付記録がデータベース等に保管されたりしていないって事かしら? こういうこと、日本に住んでいる人はみんな知っているんだろうな… 私の場合、本帰国して日本に住民票を入れない限りマイナンバーが発番されることはなさそうですし、メモだけ残して先送りにします。 ホホホ。