最新記事

  • 貧乏性すぎて「ゴミ」しか捨てられない人は… bin一人暮らしなのに荷物がファミリーサイズ且つ捨てられない病なのに、30平米の家に引っ越そうと企んでいる私が心の中で唱えている呪文が、“ゴミをゴミ箱の中に入れれば、モノが減る”です。 当たり前じゃない、って感じですよね。 当たり前なのですが、唱えないのと唱えるのでは効果が違うので、超よわっちいケド、私にとっては大事な魔法の呪文です。 貧乏性すぎて、「ゴミ」しか捨てられないなら、「ゴミを探そう!」っという発想です。 ステップ1、明らかなゴミはすぐさまゴミ箱へ 再度、明らかなゴミはすぐ捨てるって、当たり前じゃない?っと、突っ込みどころ満載? 赤面ものですが、直ぐに捨てていないことに気づいたのは、海外赴任を始めてからでした。 出張でホテルに滞在することが多かったのですが、ホテルのお掃除の人はゴミ箱に入っていないものは捨ててはいけないらしく、お掃除の際にゴミをきれいに並べておいてくれます。 捨て忘れを発見するたびに、猛烈に申し訳なくなります。 部屋を出る際に確認するのではなく、ゴミが出たらすぐに捨てないと、バタバタしてまた捨て忘れが発生するので、ひたすらすぐに捨てるように心がけています。 習慣づけるために我が家では、お掃除の際、ゴミ捨てから始めます。 ゴミはすぐさまゴミ箱に入れているのだから、お掃除の最初にゴミ捨てをしても、後から新たなゴミは出ないハズ。 後から出たゴミは、宝探し感覚で捨てられるモノを発掘した気分になりますから、楽しいですよ。 ステップ2、ない方がいいものを発掘する これは意外と難しい、っというか、家の中に”ない方がいいモノ”ってあんまりないんですよね。 それって、すごくいい事じゃないですか? 私が発掘した”ない方がいいモノ”は、”ゴミ箱”と”英語の教材”でした。 実家の習慣を引き継いで、ゴミ箱は1部屋(洗面所・トイレも含む)に1つずつ置いていました。デスク・ドレッサーの上の小さなくずカゴも含めてゴミ箱だけで10個もありました。家が小さくなってゴミ箱が余ったのを機に全て捨ててしまいました。 ゴミを分別しない国々から、ゴミを分別するイギリスに引っ越すと、毎週ゴミ箱を一か所に集めて、ゴミを漁って分別するのが嫌になったのです。(触りたくない) 今は、リサイクル分別用の2つだけです。 (メインブログに写真があったので転載します↓) 自宅でゴミが出る度に、キッチンに捨てに行くのが少々面倒だったのですが、キッチン(=リビングダイニング)以外でゴミが出るようなことをしなくなるという現象まで起きました。 慣れてしまえば、寝室や洗面所や廊下でゴミが出ていた事が逆に不思議です。 ゴミ箱は、ない方が良かった。 ステップ3、人に見られたら恥ずかしいものを探す 私の場合、モノを減らすことは、主義ではなく、(次の家賃の額を決定づける)生活がかかっている課題・問題です。 別に見られたら恥ずかしいモノを家に置いておいてもいいのですが、単に捨てやすいという意味で、モノを減らす優先順位としては、高めでいいのかな?っと考えています。 但し、ずっと一人暮らしだと、見られたら恥ずかしいモノを見慣れ過ぎてマヒしてしまいます。 だからたまに上の様に、家の中の写真を撮って、ネットに晒してみます。 これで、隠すぐらいなら捨てよう。っと思えるものが結構見つかりましたよ。 ステップ4、機能していないものを探す 私、今ココで苦戦中。 ミニマリストさんたちは”機能美”を高く評価しているという印象を持っています。 “機能美”自体は私にもわからなくはない。 でも、何のためにあるかわからない不細工も、かわいいところがあると思うんだよね… 今のところ、ステップ4まで進めたことをとりあえず喜んで、ボチボチ修行を続ける事にします。
  • “モノが増えない趣味”が見つからない minimal life貯金・節約系の記事で、お金がかからない趣味についての記事を読んだことがありますが、ミニマルライフ用の”モノが増えない趣味”を考えてみました。 えっと、増えないだけで、要らないワケじゃないので、初級レベルです。 電子書籍、映画、ゲーム 電子書籍をはじめとして、映画やゲームなど、色々なものをダウンロードだけで済ませられる時代ですね。 読む(観る・遊ぶ)媒体は、必要ですが、ソフトの部分をダウンロードで購入することで、本やDVDだけではなく、それを収納する書棚やラックも不要になるので、日本に帰ったら是非試したいです。 海外でダウンロードで買った映画やゲームは日本ではアクセスできない可能性が高いので、まだ経験はありません。 ただ、貯金・節約の上級者が、ダウンロードで買ったものは要らなくなった時に転売できないからパッケージの方がいいと書いていましたケドね。 ロゼッタストーンオンライン版 ロゼッタストーンは、世界24言語(訛りの違いを含む)を学べる語学教材で、ダウンロード版やオンライン版があるので、まったくモノを増やすことなく語学学習ができます。 なんでやたら具体的なのかというと、私はロゼッタストーンのオンライン版(ダウンロード版とは違うのでデータすら残らない)でスペイン語を学習したからです。 iPadだけあれば十分だったので、非常に身軽に学習できました。 旅行に行く前にちょっとだけ…っと思ったのが、なかなかハマりましたよ。 最大の問題は、恐ろしいほどにすっかり忘れて、スペイン語力、ゼロに戻ってしまったことで、節約的にはアウト。でも、楽しかったです。 ブログ スマホだけでもご機嫌に更新できるので、いいかも。 カスタマイズにハマってから、パソコンが必要になったのが難点ですが… パソコンはもともと家にあったので、まぁ、増えてはいないという事でセーフ。 オフライン系を思いつかない… 全てオンライン系で、オフラインの趣味でモノが増えないものを思いつきませんでした。 映画館や美術館などの鑑賞系はいいかも? 趣味って、意外と物入りなんですね。 逆に意外とモノが増えた趣味 逆にモノが増えた趣味はたくさん思いつくのにな~。っと、並べてみました。 旅行 旅行は全然ダメです。 カバン系だけでも1-2日用、3-4日用(機内持ち込みサイズ)、4-10日用(預けスーツケース)、スーツケースインナーバッグ、ショルダーバックなどなど。 場所をとって仕方がないので、アウト。 散歩 これは、私がお家派だったので、歩きやすい靴、ウォータープルーフ系のアウター各種、色々増えました。 意外なところでは、ウォーキングを始めて、メガネが曇ったり雨で濡れたりするのが不便で、コンタクトレンズを買うようになりましたっけ。 カメラ これは分かりやすく道具が増えました。 カメラ、レンズ、クリーニング道具、カメラ用ケース・バッグ、最低でもこれだけは必要です。 ハマればハマるほどレンズが増えていくので、ミニマルライフ的にはアウトでした。 お茶 これもお茶道具が凄く増えました。 我が家のカップボードの2面を占拠していますから、最も頭がイタイ趣味です。 ハマったのが中国茶だったのも良くないのかもしれません。 ヨガ これも体が硬いと、負担が大きくなって故障につながるので、マットの他に、ボルスター、ストラップ、ブロック、ブランケット(微妙な高さを調整)、などなどアクセサリーが意外と多いんですよね… 上達すれば必要なものは減っていきますが、下手なほどモノがいる変わり種の趣味です。 あと、気分を乗せるためのヨガウェア。なんだかドシドシ増えちゃいます。 凝らない趣味なんて、趣味とは呼べない気がしますけれど、凝るとモノが増えてしまいますね。私の趣味が物質的すぎるのかな?? モノが要らない趣味って、意外と難しかった… 宿題にします。
  • セールは貯金者の大敵だけど、”ブラックフライデー”は楽しみ Saving_Moneyイギリス人たちが最も楽しみにしているのは無論”クリスマス”ですが、私がイギリスで最も楽しみにしているイベントは”ブラックフライデー”と”サイバーマンデー”です。 ハロウィーンが終わったら、ソワソワしてしまいます。 ブラックフライデーとは… 最近は日本でもブラックフライデーのセールをするみたいなので、知らない人はいないかもしれませんが… まず、収穫感謝祭(Thanksgiving Day)が11月の第四木曜日にあり、アメリカでは祭日で、家族が集まって七面鳥を食べる日なのではないかな? イギリスでも、七面鳥のCMが出ますけれど、祝祭日ではなく、普通の日です。 ブラックフライデーは、感謝祭の翌日の金曜日で、サイバーマンデーはその次の月曜日です。 ブラックフライデー、サイバーマンデーはいろいろな商品に特価がでて、その年の実質最安値(best deals)で購入できる日です。クリスマス商戦の始まりなのですが、ブラックフライデー以降、少し値段が上がってしまいます。 周りのイギリス人達は口を揃えて、家具と衣類と家電はセール以外では買ってはならない!と言いますが、これらは半額レベルのセールがゴロゴロしています。 ま、小売店、マーケターに踊らされているとも言えなくはありませんが、それ以外の日により高い値段で買う必要もない気もします。 貯金者はセールで買わない? 貯金・節約の王道は、恐らく「セールでは買わない!」です。 安さに踊らされて不要なものを買う事を諫めている大事な、大事なアドバイスです。 私の場合は、事情がちょっと違っていて、「セール=人混み」っと、ずっとセールを忌み嫌って生きてきましたので、セール経験値が低いままです。 貯金を始めてから、買いあぐねているモノを安く買える「セール」は逆に新鮮で、年に1度、1つだけ、ブラックフライデーで買う贅沢品を妄想するのが楽しみになっています。 昨年は、貯金の為、ゲーマーなのにPS4を持っておらず、2015年のブラックフライデーから1年悩んで、購入しました。 それから3月中旬までの半年間ほど、ベッドのマットレスをリビングに引っ越して、毎日寝落ちするまでゲーム三昧でした。 今年は、パソコンが壊れてイースターセールで買い替えてしまったので、年に1度1つだけ枠をつかいきってしまっています。 クリスマス・お正月休暇に遊ぶためのゲームソフトをいくつか買い足すぐらいのさみしいブラックフライデーになりそうですが、ワクワク、ウキウキ、ソワソワと、割とセール浪費家風になりつつあります。 セールに要注意! ゲームソフトなんて、高いものではないので、ブラックフライデーで買わずとも、休みの直前に買っても左程値段は変わりません。 ところが、なんだかブラックフライデーで買いたくなってしまっています。 新鮮だったがために賢く利用できていた”セール”も、慣れてくると緩んで浪費家メンタリティーに近付いてしまっており、よろしくないな~っと財布の紐を締めなおしたのでした。 笑。
  • 「貯金が趣味」な人が「しないこと」 Saving_Money「貯金が趣味」な知人2人が共通で「やっていること」をマネするのはしんどいので、「しないこと」をマネしてみようと7つのポイントを並べてみました。サンプル数が少ないのですが、ずけずけ聞けるような知人は多くないので、仕方がありません。
  • 太って着られなくなった服が、捨てられない minimal life 3か月を33アイテムで着まわすプロジェクト333の自己チェックで、1か月に23アイテムしか必要ないことに気づいてしまい… じゃぁ、逆にクローゼットにぎゅうぎゅう詰めになっている服は何なんだろう?、っと、持ち物を一周するまでリピート禁止という逆ミニマリストチャレンジ実行中でございます。 おしゃれは我慢 太って着られないというか、入るには入るけど苦しくてたまらない服がチラホラ存在します。 ダイエットフラグが刺さっている事は、ひとまずスルー。 どこぞで聞いた、おしゃれは我慢という言葉が脳裏をよぎり、取り敢えず着て出かけるも、苦しゅうて、苦しゅうて、早く帰りたくてたまらない今日この頃。 もともと着ていなかった服だし、ミニマリストさんじゃない普通の人でも捨てるよね。っと思いつつ、なにやら捨てられない病が猛威をふるいます。 ミニマリストさん達、なんて言って捨ててたっけ?っとGoogleするも、こんな時に限って記事が見つかりにくいのです。 あるある。 太った自分を許していいのか? 太って着られなくなった服をどんどん捨てて行ったら、ますます太る気がしてきます。 ダイエットの楽しみは、窮屈だった服がすんなり入るようになった~♪でしょ? これ捨てちゃったら、達成の喜びがなく無くなってしまいます。 それに、年をとると、体重と体型が乖離してくるんです。 ダイエット後、この体重だったら、この体型っとイメージしているよりちょっと太めに仕上がるんです。 筋肉の低下? 過去の自分と同じ仕上がりかを確認できるのは、過去の服のみ 捨てちゃったら体型の変化がわかんなくなっちゃうよね… うんぬん。 自分に言い訳して、捨てない私。 太ったっていいじゃない?、年なんだもん 太ったっていいじゃない?、それが今のあなたなのだから、優しく受け止めてあげましょう。 一回り大きくなった新しいあなたを包む、素敵な服を探しに出かけましょう!とかなんとか、書いている記事が、ありそうで、ない。 きっと、普通にダメなんだ。 不健康だし。 ミニマリストさん達、太らなさそうだし。 残念ながらいい方法が思いつかず、クローゼットの服が一周する前に、寒くなって2周目が回ってこないだろうことを祈って、取り敢えずそっとしまったのでした。 運動しよ。運動。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。