最新記事

  • 一番面倒くさい貯金術は、”差額貯金” Saving_Money“差額貯金”というのは、買う予定だった金額と実際に買った金額の差額を貯金に回す貯金法です。 例えば、定価500円の靴下をセールやクーポンで300円で購入することが出来たら、差額の200円を貯金する。 例えば、1泊15,000円の高級温泉旅館を1泊3,000円の素泊まり宿に変えて、差額の12,000円を貯金する。 例えば、20万円のインドツアー旅行を5,000円の「アンチャーテッド 古代神の秘宝」(PS4ゲーム)に変えて、差額の19万5千円を貯金する。(笑) などなど、買ったつもりになって、使う予定だった分のお金を貯金する”つもり貯金”の兄弟分です。 “つもり貯金”同様に、ぶたさんの貯金箱にちゃり~んっと小銭を入れる感じの人が多いみたいですけれど、別に数字だけ記録して、満足感に味わうだけでも良いと思います。差額分のお金を使わないで貯めるという点では、同じですから。 「お得に買う」や「他のもので代替する」というのは、実はみんなやっている事。 “差額貯金”の意義は、差額をすぐさま貯金額として確定する事で確実に貯金できたり、 お手柄として、へそくりに入れたりするのに罪悪感を感じずに済むとか、そういう事だと思います。 どちらも自分が工夫したことでお金が貯まる。攻めの貯金法。 管理が面倒なところが難点です。 差額貯金の成立条件 差額貯金の成立条件は、大きく分けて2つ。 1つ目は、差額が計算でき、覚えていられること。 これは、面倒くさがりにはかなり困難です。 特に小さい金額は覚えていられません。 2つ目は、差額貯金としての成果を見たいと思っていること。 差額をきっちり貯金箱に入れる(もしくは記録する)マメな人じゃないと成功しません。 自宅について、差額分の小銭がなかったら、貯金箱に入れられないので小銭確保の面倒くささもあります。 これは貯金法として効果が低いという事ではありません。 むしろ貯金法として成果が出やすい方だっと思います。 特に大きな買い物をする前に、ちょっとした工夫をすると大きく貯金が進みます。 だた、記録するのが面倒くさくて”差額貯金”としての貢献度が分かりにくいです。 家計簿アプリで差額貯金分だけメモ 計算機付きの家計簿アプリで差額貯金分だけ記録する。 貯金術の殆どが、貯める為のモチベーションを上げるために存在しているわけですが、私こんなに頑張りましたよ!っという記録がどうしても欲しい場合は、そこの部分だけ発生の都度、スマホの家計簿アプリにメモするのが一番やりやすい感じでしょうか? 私は1か月だけiphoneのMemoに「2017年4月2日、ラテ£3.1」などと記録していたことがありますが、耐えがたく面倒くさい。 1か月だけだったけど、総差額は£1,500(20万円ぐらい)。 普段は記録がないだけで、実際には同じように差額貯金を継続している状態なので、コンセプトとしては優れていると思うのですけれどね…
  • 【理想の貯金者像】預金残高を見てニヤニヤする Saving_Money私の友人には「貯金好き」が多いです。通帳がペーパーレスになるなか、「預金残高をみてニヤニヤする」という楽しみがなくなるから電子化しない人もいます。この人の貯金能力が凄すぎて、これが私の理想の貯金者像になってしまいました。
  • 貯金とダイエットとストックとフロー Healthy Diet “ストックを増やす貯金”と”ストックを減らすダイエット”は、イン(流入)、アウト(流出)の両方のフローを上手くコントロールしないとダメだという点では同じです。 あぁ、体重をエネルギーとして換金できれば、ダイエットしなくていいのに…っと変な妄想を膨らませたことがあります。 大事なのはフローのバランス 貯金において、 流入(インフロー)するのは、本業・副業・副収入などのお金。 流出(アウトフロー)するのは、税金などの非消費支出や日々の生活を賄う消費支出などのお金。 ストックを増やしたい、つまり貯金を増やしたい場合は、支出よりも収入が多い状態を作る必要があります。 ダイエットにおいて、 流入(インフロー)するのは、食事で摂取するカロリー。 流出(アウトフロー)は、運動で消費するカロリー。 ストックを減らしたい、つまり体重を減らしたい場合は、摂取カロリーよりも消費カロリーが大きい状態を作る必要があります。 貯金を増やすのも、体重を減らすのも、流入と流出のバランスコントロールですね。 体重をエネルギーとして売りたい(妄想) カロリーは、エネルギーの単位です。 イギリスでは、カロリーよりもジュールが一般的です。 1キロジュールは、0.24キロカロリーです。 普段、私たちが払っている電気の消費電力量(キロワット時)もエネルギーの単位です。 1キロジュールは、0.00028キロワット時です。 0.24キロカロリー = 1キロジュール = 0.00028キロワット時 1キロカロリー = 0.0012キロワット時 … あぁ~。私が蓄えている贅肉で発電できる時代が来ないものかしら。 今でも、人が自転車などを漕ぐことで、もっと高い仕事効率で発電できる方法があるみたいですが、寝転がっていればOKな、しんどくないやつを誰か開発してくれないかしら… なんて、妄想を膨らませたのですが、何も要らないスゴイ方法が既にあるんですよね。 余計なものを買わない、食べない ぎゃ~。石を投げないで~。 余計なモノを買わず、 余計に食べるものが存在しなければ、 まず太ることもなく、 運動をエネルギーに変えて、それを売らなくても、 お金は増える。 こんなシンプルで簡単な方法があるのに、私が妄想したような夢のガジェットが開発されるわけもないですよね。 あはは。
  • 【収入-貯金=支出】貯金中級者の英知「先取り貯金」 Twenty Nineteen 16-9工夫しなくても貯められる「上級者」と工夫しないから貯められない「初級者」の間で頭脳戦で目的を果たす、貯金中級者の「先取り貯金」が面白い!収入が入ったら、先に一定額を確実に貯金して、しかる後に残ったお金でやりくりするって、スマートですよね。これぞ家計管理って感じ。
  • 【節約の工夫】スーパーでは「カート」じゃなくて「カゴ」で! Healthy Dietスーパーに行ったときに「カゴ」だと商品を入れるごとに物理的に重くなるので、持っていたくなくて少な目に買う。たったそれだけのことで、買い物の量が減りました。自分のヘタレた性格を上手く利用しているところが気に入っています。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。