ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • 退職後やりたい100のこと、”ホビトン”へ行ってみたい early retirement誰しも一度行ってみたい場所ってありますよね。知り合いはマチュピチュ、アンコール・ワット、モルジブを上げる人が多いのですが、私は”ホビトン”です。 ホビット、指輪物語、ロケ地ツアー ホビット、指輪物語は、トールキン(イギリス人)の作品なので、イギリスの景観をベースに撮影してもしっくりきそうですが、実際の撮影地ニュージーランドは、かなり素晴らしい景勝地ですね。 「ホビット村+セット」をめぐるロケ地ツアーがあるのですが、映画が終わって長く経つと、終了するかダウングレードしてしまいそうですよね… 早くリタイアするか、さっさと行くか、どっちかにしたい。 ニュージーランドも羊がいっぱいで見ごたえありそうですし、是非行ってみたい。 避暑にも最適 日本の夏は、ニュージーランドの冬。 南緯がどの位なのか?、冬の気温はどの位なのか?、まったく存じ上げませんが、避暑にもいいかも。 普通は、日本の冬が厳しい時に、夏を楽しみに行ったりするものなのかもしれませんが…
        • 退職後やりたい100のこと、”ウェールズ”で避暑 ウェールズ、コンウィー、コンウィー城避暑地のリストは多い方がよろしい。っという事で、ただボケーっと夏を過ごすならウェールズがいいな~。っと思っています。 何しろ羊が放し飼いですから、「アルプスの少女ハイジ」系のプチ体験を平地で出来ます。 馬とか牛も放し飼い ウェールズの放し飼いは、オクスフォードの放し飼いとはレベルが違います。 オクスフォードの場合、広大な敷地に柵がしてあって、その中をウロウロしています。いわゆるfree range系? ウェールズでは、羊どもが村中をウロウロしているのです。 バス停に寝ているんですよ。牛とか、羊が。 バスにつられて並走したりするんですよ。馬が。 いるかの陸バージョン? エキサイティングじゃないですか? 昼間はのんびりお散歩して、食べたいだけ草を食べて、お昼寝をして、家に帰る。 理想的すぎる、羊の生活… 暑くなってきたら、自ら羊飼いの側に寄ってきて、毛を刈ってもらうのを並んで待っているらしいですよ。 見てみたい。 すっごく臭いらしいですけれどね。 ともかくも、ウェールズに避暑に行くときは、スキーやウォーキングなどのサブテーマなしで、純粋に「食う寝る遊ぶ」を楽しみたいな~。
        • 退職後やりたい100のこと、”台湾”の烏龍茶を飲み倒す Chinese Tea 青茶系のお茶が大好きなのですが、私は福建省の味しか知りません。”台湾”系は”福建”系より特徴のない味でガシガシしている。という偏見を持っています。 台湾じゃ避暑にはなりませんが、アーリーリタイアメントが出来た暁には、しばらく台湾青茶留学が出来たらいいな~。なんて夢を膨らませています。 福建の青茶は旨い 鉄観音、本山茶の様な安渓系、大紅袍、肉桂の様な武夷山系というような有名どころから、潮洲市、泉州市などのちょっとマイナーな場所まで、福建省は青茶と紅茶の大産地です。 どれを飲んでも、特徴的で飲みやすい、おいしいお茶ばかりです。 台湾のお茶は殆どしらない 台湾も烏龍茶が有名ですが、あまり飲んだことがない上に、いいお茶を飲んだことがないのか、ガシガシして苦手なイメージを持っています。 これは実際に足を運んで、現地の水で現地の食べ物と合わせながら現地の人に飲ませてもらうしかなさそうだっと思っているのですが、優先順位が低くて、実行していません。 インドの紅茶は、インドではおいしくないという不思議な現象があったのですが、基本的に現地で飲むのが一番わかりやすいのではないかと思っています。 インドの場合は、ローカルはミルクティーでしか飲まない仕様なので、ストレートで飲むとまずいのです。 中国紅茶をストレートで飲みつけると、アッサムのダストなんてムリ。 台湾の青茶はそこまで悪い印象はないのですが、解釈に苦しむ(=特に感動はしない)感じです。 実地検分、したいな~。
        • 退職後やりたい100のこと、”ヨガインストラクター”の講習受講 minimal life“ヨガインストラクター”になりたいわけじゃないんです。 中国時代はマンツーマンで教えてもらっていたので、ヨガのウンチクとか、ポーズのポイントとか、身体に負荷をかけない様にトレーニングする方法などを細かく指導してもらって、非常に面白かったのです。 ところが、中国以降、マンツーマンのレッスンは高くてムリ。普通のコースでは、ダイエットの人たちにどこの脂肪が燃焼しているか教えてくれる程度で、ちょっと物足りないのです。 中国の先生が教えてくれていたこと なぜ個人レッスンにしたかというと、グループ落ちこぼれの私がつぶれていると、先生がかまってくれて、足手まといになるので、中国のヨガダイエッター生徒からの視線に冷ややかな耐えられなかったのです。 犬のポーズで5呼吸~。っとか言われても、3呼吸しか保持できませんでしたから… マイペースに学べるように毎日の最後の枠を個人レッスンにしてもらっていたところ、すっごくみっちり教えられていたようです。 まず、正しい型(アサナ) ただ立つだけでも、 足の親指の付け根の肉球、足の小指の付け根の肉球、かかとの3点に均等に力がかかるように立つ。 太もも前側に力が入っている状態を保つ お尻は凹ませる お腹も凹ませる 背骨が一個一個真っすぐ積み上がっているようなイメージ 胸ははらない 手はムリヤリ足にくっつけない 肩の力は抜く(下げる) 頭の上に紐がついていてつられているような頭の置き方 などと、うるさいのです。笑。 ただ、真っすぐ立つだけで、ですよ。 ずっとこうやって教えられたので、は~い。いまお腹がプルプルしていますか~?、燃えていますよ~。じゃ、悲しくなります。 歌、お経? ヨガ語で何というのかよくわかりませんが、あ~お~む~以外のお経をたまに教えてもらっていました。 声を出して力を抜く感じ? 呼吸法 ヨガには呼吸法がたくさんあるのですが、先生が私を実験台に教え方をいろいろ試していました。 冬の寒い日には、息をするだけでポカポカして汗ばむような呼吸法とか… 言われるがままに試していたのでさっぱり覚えていません。次回、教わったらすぐブログに書いておきたいものです。 ヨガの宗派別?の型?? アシュタンガの云々、ハタヨガの云々、陰と陽が云々、開くと閉じるが云々、朝と夜では云々、風タイプ、火タイプ、土タイプが云々っと、いろいろ教えてくれようとしていて、黙って聞いている分には楽しかったのですが、サッパリ覚えていません。 残念な生徒でした。 いざ、そういうウンチクが全くなくなってみると、なんとも味気ないものです。 アーユルヴェーダ?、エッセンシャルオイル系 恐らく正しい認識ではないのですが、食べ物に関するウンチクや香りに関するウンチクなどいろいろあって面白いんですよね。 一体いつ身体を動かしていたんだ?って感じですね。 通える日は毎日通っていましたから、1回5分のウンチクで、繰り返し教えてもらったことがたくさんあっても、知識は徐々に増えていくんです。 楽しかったけど、ああいう機会はもう来ないだろうな~。 積極的に学ぶしかない なくなって淋しいのは↑で一通りかけたかな? そういうコースを探していたら、どうやらインストラクター用のコースが最適そうなので、他人に教える気はさらさらないのですが、受けてみたいな~っと思っています。 しかし、まとまった時間が取れるようになるまでは、いろんなDVDを買って試しています。
        • 退職後やりたい100のこと、”お茶づくり” Chinese Tea 自分の庭が手に入ったらやってみたいことと言えば、”お茶づくり”です。 緑茶ではなく、ニガウリ茶、ケツメイシ茶、バラ茶など、花や実を乾かして飲むタイプのお茶のことです。 ケツメイシ茶は祖母のお得意 子供の頃はなんとも思っていなかったのですが、祖母が毎年ケツメイシ茶を作っていました。 庭に植えたケツメイシが実をつけたら、数日間庭に天日干しをしていました。 細長い豆柄から豆を取り出すのを手伝っていた記憶がかすかにあります。 その後、炒っていたのか?全く印象に残っていませんが、庭が出来たらやってみたいです。 ニガウリ茶 実家でグリーンカーテンとか称して毎年ニガウリを植えています。 かなりもりもり生るので、ご近所さんにおすそ分けしているみたいですが、それでもニガウリを食べる毎日が続いていそう。 一部干してお茶にするのもいいのではないかしら? バラ茶 バラ茶もつぼみを干したら完成?? どの位難しいのか不明ですが、バラ茶の見た目からして、干しただけっぽい感じですから、手間暇かければ出来そうなイメージ。 飲んでいいタイプのバラがあるのかもしれず、要・研究ですが、それもまた楽し? バラは木と言っても、省スペースで、イベント的に年1回分ぐらいならいけるかも? 干しレモン レモンはどっしりタイプの木を植えないとならないので、厳しいか? 紅茶はストレートで飲む派ですが、たまにはレモンをちょっと添えるのもいいかも? 削ってクッキーに入れたり、パウンドケーキに混ぜたり? って、お菓子作りをする気あるのか? お茶の為なら、多分ね。 最難関は、茶の木 いわゆる緑茶の茶の木って、レモンと違って低木(bush)のイメージなので、一本ぐらい植えられるスペースがないものかしら? 夏も近~づく、八十八夜♪なんて、季節のイベント的にやってみたいものです。 レモン同様、スペースだけではなく、年月が必要ですから、厳しいかな… この辺は、いつかどっしり定住することがあったら、「庭」ライフを楽しみたいものです。 ん~。私は完全に、花より団子派ですね。

        筆者のリライト宿題帳

        • 開き直ってよかった、”収益化をしない”のにワードプレス 私は人の目を気にする方なのか、”収益化をしない”のにワードプレスに移行することに大きなためらいを感じていました。 ワードプレスと言えば、収益化を目指している意識が高いブロガーさんたちが続々と移行するブログプラットフォームです。 レンタルサーバーはどれが使いやすい、独自ドメインはどこが安い、収益が云々で、利益は確保できる云々。 収益化を目指すつもりもない日和見ブロガーには、敷居がたか~いサービスでした。 ブログカスタマイズという趣味 ブログが趣味、頭の体操、息抜き、書くことが好き!っていいと思うんですよね~。 なんだか人として余裕がある感じ。 でも残念ながら、私は、ブログじゃなくて、ブログのカスタマイズが趣味なのです。 ブログのテンプレートで遊んでみたいことがたくさんあって、ボチボチ着手しては、どうでもいい備忘録を書いておく。 ここはそうやってできたブログです。 本人はカスタマイズの部分を凄く楽しんでいるのですが、「ストーリーテラー」としてダメダメです。 ブログ飯という暑苦しい世界 はっ。間違えた、暑苦しいじゃなくて、熱い世界でした。 ブログカスタマイズをやっていると、頻繁にプロブロガーの記事に当たります。 彼らは、収益化を軸に、作文技術、ブログマーケティング、集客、SEO、広告、等々、ブログ運営全般に渡って熱く語ります。 それが彼らの仕事であり、飯のタネなので、カッコよく成功者としてフォローワーを集めます。 そしてフォローワーの関心の的である収益化のステップとして、プロしか使わない道具としてワードプレスについても触れたりします。 これらは、マニュアルを見ながらプラモデルを組んでいるぐらいの感覚でカスタマイズを楽しんでいるだけのブロガーには、敷居が高いです。 そのうち、多くの人たちがお金を稼ぐためにやっていることを体験したくてお金を払うのは、恥ずかしい事の様な気がしてきます。 メタディスクリプション1つをとっても、書いてみたらスニペットに表示されておもしろ~い!なんて感覚ではいけない気がします。 毎月数万アクセスないとSEO記事を書いてはいけないような気もしてきます。 それでウジウジしていました。 悩んだつもりが、あっさり陥落 ウジウジずっと悩んでいた気でいたのですが、3月24日にSeesaaでのAMP化があっさり終わって、そこから1週間でワードプレスデビューしていました。 私の悩み、大したことないですね。 年月日 出来事 2015-6-2 ブログを始める 2016-5-30 マウスを買う・カスタマイズを始める 2017-2-12 FC2、BloggerのAMP化を断念する 2017-3-24 SeesaaでAMPの初達成 2017-4-1 ワードプレスデビュー・独自ドメイン化 ブログを始めてからの出来事をまとめますと、5年ほど使っていなかったマウスを買ったことが契機になって、カスタマイズを始めた様です。 理由がちっちゃい… ちっちゃすぎる。 どんまい。私。 収益化の真逆を走る 収益化を目指す人たちは、コスト意識が高く、レンタルサーバー、独自ドメインの選定にもこだわりがあります。 私は、ゲームソフト数本分なら安いよね。趣味にコストパフォーマンス求めてもね…っという感覚でした。 唯一のこだわりはSSL標準装備でした。 そしてブログのAMP化にあこがれていました。 全てパッケージに含まれていたので、私がやったことと言えば、ドメイン名を決めたぐらいです。 おかげでこの辺りのカスタマイズ記事が書けません。無念。 開き直って、よかった ワードプレスでのカスタマイズ、楽しいです。 自由度が上がって、いろいろ動き回れるようになって、FFでチョコボでお出かけできるようになった感覚です。 サブクエストばっかりこなして、全くストーリーが前に進みませんが、楽しいです。 未だに独自ドメインで広告を貼っていないブログを見かけず、ちょっぴり孤独ですけれどね。 ※追記:2018年2月、収益化をはじめました。
        • ワードプレス、”single.php”と”page.php”の違い 個別投稿”single.php”(=記事)と個別投稿ページ(=固定ページ)”page.php”って、混乱しませんか? 個別投稿と個別投稿ページの違いって?? ブログのレイアウトをカスタマイズしたくて、外観→テーマの編集へ入ると、「個別投稿(single.php)」と「個別投稿ページ(page.php)」の2つが存在します。 いわゆるブログ記事はどっち?? ブログ記事は”single.php” The template for displaying all single postsって、postは「ブログ投稿」の意味ですから、こっちがブログ記事ですね。 FC2とSeesaaで「記事」と呼んでいるページは、ワードプレスとBloggerでは「投稿」と呼ばれています。 固定ページは”page.php” The template for displaying all pagesという事は、pageは「固定ページ」を含む静的ページです。 プライバシーポリシー、全記事一覧やサイトマップなどのサイトの固定ページ(site page)で、いわゆるブログ記事(single post)ではないページです。 管理画面の「投稿」は、テーマの編集では「個別投稿(single.php)」と記述され、管理画面の「固定ページ」は、テーマの編集では「個別投稿ページ(page.php)」と呼ばれています。 表記を統一して~。 テンプレート階層チャート 流石、これぞ、ワードプレス!って感じでしょうか?、テンプレートに関するハンドブックが存在しました。それによると… Wordpress Org、Template Hierarchyより Single Post The single post template file is used to render a single post. WordPress uses the following path: Single Page The template file used to render a static page (page post-type). Note that unlike other post-types, page is special to WordPress and ...
        • ワードプレス、”Toggle wpautop”で記事毎に自動整形を切り替え ワードプレスの自動整形のオンオフを記事ごとに切り替えられるプラグイン、”Toggle wpautop”をインストールしました。 ワードプレスには、自動整形(wpautop)の機能がついており、2回改行(brタグ)が入ると、段落(pタグ)に置き換えてくれます。何も知らなくてもbrタグとpタグを正しく使えるようになる、とても便利な機能です。しかし、自分でHTMLタグを書き込みたい人には、邪魔臭い機能です。 この他に、プラグインを使わずfunctions.phpにて自動整形(wpautop)を無効化する方法もありますが、これは全てのページに適用されますので、ブログを起こしたてならいいかもしれませんが、途中から切り替えたい人は使いづらい方法です。 改行タグ<br>と段落タグ<p>の違い 改行タグ<br>は、内容はつながっているが、行を変えたい時に使うHTMLタグです。一方、段落タグ<p>は、段落の区切り(文の塊の区切り)を示します。 (これに限った事ではありませんが、)それぞれのタグが表す意味が違うので、用途によって使い分けることが理想的です。詳しくは関連記事「改行タグ(br要素)ではなく、”段落タグ”(p要素)を使おう!」をご参照ください。 ユーザが無意識に記事を書いても自動的に改行と段落の違いを支援するワードプレス特有の機能が、自動整形(wpautop)です。FC2、Blogger、Seesaaなどの他のブログのエディタではサポートできていませんでした。他のブログでは段落タグ<p>の概念が存在していませんでした。 自動整形(wpautop)とは ワードプレスの標準のエディタは「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」の2種類があります。 ビジュアルエディタでは、Enterキーで段落タグ<p>(余白を設けて改行)、Shift+Enterキーで改行タグ<br>(すぐ次の行)が入ります。 テキストエディタでは、Enterキー2回段落タグ<p>、Enterキー1回で改行タグ<br>が入ります。 どちらも、管理画面で行間に余白がある場合は段落の変更(記述内容が変わる)、行間に余白なく次の行の頭に移動した場合は、内容は前後で関係していることを示します。 素晴らしい機能なのに… このwpautopを使いたくない場合、プラグインとfunctions.phpへの記述の2種類が考えられますが、私は両方使って、最終的にプラグインをおススメします。 プラグイン、”Toggle wpautop”で自動整形をオンオフ Toggleは、トグルスイッチのことなので、照明のオンオフを切り替えるかのように、自動整形のオンオフ切り替えるプラグインです。”Toggle wpautop”って、そのまんまなネーミングですね。英語勢、ウケル。 “Toggle wpautop”の設定 このプラグインをインストールすると、設定→投稿設定→”Toggle pwautop”にて、2行目以降で選択した文書タイプのデフォルト設定を決められます。設定場所がちょっとわかりにくいです。 また、2行目以降にフラグが刺さっている文書タイプでは、個別ページの管理画面でオンオフを個別に設定することができるようになります。 切り替えは、チェックフラグを外すと自動改行がオン、チェックフラグが刺さっていると自動改行がオフです。 詳しくは、”プラグインページ「Toggle wpautop」“をご参照ください。 プラグインか?、functions.phpか? (個人的に大事なのは)ワードプレスモバイルアプリで記事を下書きすると、pwautopが有効な状態でブラウザー版に受け渡しされますので、デフォルト設定でpwautopを有効化しておけば、モバイルだけで記事を完成することができます。デスクトップでの編集が必要な記事は、パソコンで操作している時にpwautopの無効化します。 (個人的に失敗したなと思っているのは、)このブログは、functions.phpでpwautopを無効化して記事を書いてきたのですが、モバイルアプリで記事が完成できないことがとても不便で、もとに戻したくて途方に暮れています。笑。 プラグインを使いたくない場合は… remove_filter( ‘the_content’, ‘wpautop’ ); remove_filter( ‘the_excerpt’, ‘wpautop’ ); 上記のコードを、functions.phpに追記します。このブログは、2017年6月17日現在、この方法です。