ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • 結果的に効果的な”貯金方法”は1つだけだった Saving_Money貯金2年目から、家計簿をつけたり、予算を決めたり、いろいろな”貯金方法”を手当たり次第に試しました。 100記事ぐらい余裕で書けるぐらい、沢山考え、いろいろ試しました。 一方、貯金初年は、 「ただひたすら買わない」 というだけのシンプルな方法でした。 2年目からより論理的かつ戦略的な家計管理に取り組んでいたのに、 「貯まった金額は、毎年殆ど同じ」 なのです。 がっかりです。 それはもう、がっかりです。 お金に関する知識は大事だけど、実際に貯まらなきゃ意味がない。 勉強している意味あるのかな?っと、悲しくなります。 名前すらついていない、「買わない」という貯金方法 貯金方法には、「スライド貯金」、「500円玉貯金」、「袋分け貯金」などと名前がついている貯金方法があります。 この「ただひたすら買わない」という方法には、名前がついていません。 しかし、これが最強にシンプルかつ手間いらずで、最も効果的でした。 因みに初年の節約効果は227万円でした。 「買わない」は、無意識との闘いだった ↑大げさ… 笑 無意識との闘いというのはホント。 「買わない」を始めて分かった事ですが、 お金って、無意識に払っているんです。 ごく自然に、「お手洗いに行ったら手を洗う」と同レベルで、お金を払っていました。 お手洗いに行って、手を洗い始める前に、洗うかどうか、一考する。 難しくないですか???? 難しかった~ でも、面白かった~~ ステップ1、スーパーでレジに並ぶ前にカゴを覗く。 スーパーに入る時に自分に言い聞かせても、出る時には忘れていたりよくしました。 既に出来上がっている習慣を変えるのって、かなり困難です。 このステップがクリアできれば、後はウォーキングです。 ステップ2、カゴに入っている要らないものを棚に戻しに行く。 不必要なモノを無意識にカゴに入れているのにも驚きました。 買い物リストを作って、リストに書いているものだけを買っているつもりなのですが、いつの間にかお菓子などをカゴに入れているんですよ! いつ入れたっけ?? っと、自分でも驚きます。 これぞ貯まらない人の習慣です。 ステップ3、カゴに入っているものが生き延びるのに必要なものだけになっていることを、再確認する。 これもちょっとした発見だったのですが、「要らないもの」を除いた後に、「生き延びるのに必要なモノ」以外のものが入っていたりするんです。 例えば、「キッチンペーパー」は、無意識に必要だと思い込んでいるモノですが、生き延びるのには関係がないものです。 そういうのは、いったん買わないで暮らす実験期間をとってみました。 どうしても不便だったら、贅沢品としてありがたがって購入することにしました。 ウェットティッシュ、キッチンペーパー、ペーパーナプキンなどの紙系の日用品は我が家では贅沢品です。 え?、みみっちい? ふふふ 無意識の日常の再発見は、楽しい 「買わない」は、無意識との闘いなので、難しいのですが、普段意識していない自分の習性・習慣に気づいて赤面したり、極自然に必須アイテムかのようにカゴに入っている無くても生きていけるモノなどを発見するのはとても楽しかったです。 まぁ、ここまでやったら、2年目以降どんなに工夫しても左程絞れないのかもしれませんね。 加えて、効果が大きかったのは、元々の貯金・節約力が超低レベルだったからでしょうね。 それでは、本日も良い一日をお過ごしくださいませ。
        • “足るを知る”人が貯金をするという違和感 Yin_and_Yang道徳経の”足るを知る”という言葉は、様々なところでよく引用されています。 “無為で現状に満足する”ことだと思っているので、作為的なものはすべて”足るを知る”から外れているような気がしています。 お金を貯めようとする行為は、作為的で満足していない証なので、貯金記事と絡めて書かれると、どうも違和感が残ります。 “足るを知る”の解釈 以下、私の理解です。 道徳経、33弁徳より引用; 知人者智、自知者明。勝人者有力、自勝者強。知足者富、強行者有志。不失其所者久、死而不亡者壽。 (私の意訳) 人を知る者は見識高く、自分を知る者は賢い。 人に勝つ者は力があり、自らに勝つ者は強い。 足るを知る者は豊かであり、頑張る人は志がある。 自分の居場所がある人は長く安らかで、死んでも偉業が残る人こそを長生きという。 足るを知る人は、既に心豊か。 現状に満足していれば、ストレスはなく、それこそが「豊か」だというニュアンス。 極論では、ナルシストは、自己満足度が高く、幸せだよね。っと言っているに近い感触です。 お金の話に置き換えると、自分の収入にあった身の丈サイズの生活に不満を持たない人が、豊かな人だといった感じでしょうか? 多くは残らなかったけれど、貯金を始める前の私は、「貯金への飢え」を感じず、満足度が高く豊かだった。っとも置き換えられ、実際には、豊かだったかは分かりませんが、今より煩わされることが少なく安らかだったように思います。 早期リタイアという身の丈に合っていない壮大な夢を抱く事によって、理想と現実のギャップに苦しめられている状態は、「知足者富」ではなく「強行者有志」です。 一般的な”足るを知る”はミニマルライフ? 上記の私の理解とは逆に、一般的な引用のされ方では、ミニマルライフ的な「本当に必要なもの」や「最低限必要なもの」で満足できるようになると、心豊かになりますよっと言われているような印象です。 「いや、今の生活に不満はないのですが…」っと多少の違和感を感じながらも、こういうのは原典の解釈の問題ではなくて、その記事が何を伝えたいかの問題。 釈然としないながらも、そのまま丸呑みして、黙々とアドバイスに従い、自己洗脳を続けたところ、なんとなく言わんとするところが分かってきたような、そうでないような。 (無為的な)満足していると心豊かから(作為的な)心豊かになる為に満足レベルを下げるへのコペルニクス的転回が必要でした。 直ぐに肚落ちしたわけではないですけれど、少しずつ馴染んできました。 「足るを知る」というより「余分を知る」感覚 私の理解から心豊かになる為に満足レベルを下げるへと解釈を180度転換させないといけないのですが、貯金を始める前の生活に「足りない」部分が見つからなかったので、苦戦しました。 「足りない」を「生き延びられない」とレベルまで落として、エッジを攻めてみました。 それがないと生き延びられないかどうか?を基準にお金を払うかどうかを決めました。 レジに並ぶ前に「買い忘れたものは無いかな?」と覗き込んでいたカゴを「この中にいらないものは無いかな?」っと覗き込むようにしました。 スーパーで無意識にカゴに入れている「生き延びるには余分な」モノたちの多さにとても驚きました。 買い物の半分が「余分な」モノでした。 これは、遊びとして新鮮だったので、いいのですが、全く「無為」じゃないです。 それだけに「生き延びるのには余るけど欲しいもの」を、自分の欲としてハッキリ感じ取れるようになったのは収穫でした。 「自知者明」です! どうしても「足るを知る」がいいの? 33弁徳の文の構成からして、知→明。力→強。豊→志。久→寿。というように、後半の方が良さげに見えます。 貯金という作為も、私目線では、「知足者富」からステップアップした「強行者有志」でいいんじゃない?なんて思っているのですが… 世の中なぜか「足るを知るものは富む」と絡めたがりますよね。 老子が無為より作為を上に持ってくるのも変だし、 きっと私が読み違えているんだろうな~。 退職した後やりたいことに道徳経を読み直す。というのを加えることにします。 というか、どれもネガティブな単語ではないんだし、私のレベルでは、どっちがベターとか度外視で、出来るものからやっていけば?というザルっぷりです。笑。 本日も駄文にお付き合いいただき感謝です。何卒ゆっくりお休みくださいませ。
        • “お金持ち”って何?、自称??、ハードルは意外と低い Queen_Elizabeth_II from wikipedia“お金持ちの特徴”や”お金が貯まる人の特徴”に、当てはまらなさすぎて、いじけております。 まぁ、庶民だから仕方ないけど。 “特徴”系の記事を読んだら、爪の垢を煎じて飲むかの如く参考する素直さと謙虚さが必要ですよね… 頑張れ!、私。 そういえば、貯金を始めてから、お金持ちの定義がかなりグレードダウンしました。 貯金を始める前の”お金持ち”のイメージ 貯金を始める前のお金持ちのイメージは、↑の様な感じ。 このお方でさえ、お金持ちの間ではお金持ちではないらしいですから、お金持ちってどんな世界なのでしょうね~。 参考資料「英女王にまつわるお金の話、世間が思うほど裕福ではない実態」 イメージするお金持ちの存在があまりに遠すぎて、お金持ちになりたいと思ったことがありませんでした。 このため“お金持ちの特徴”に関する記事を読む習慣がありませんでした。 私が”特徴”系の記事を読むようになったのは、“お金が貯まらない人の特徴”あたりからです。これには、ガッツリ当てはまっていますから。自分事です。涙。 そういうのを読むにつれ、アッパーミドル(中の上)もお金持ちに含まれていることがありそうだとわかってきました。 準富裕層やアッパーマス層となどと呼ぶみたいです。 因みに、エリザベス女王は、超富裕層で上の上ランク。 参考資料、「「1億総下流」は嘘っぱち「富裕層」101万世帯!」 意外と低い”お金持ち”のハードル この準富裕層やアッパーマスという表現もまた、面白いです。 「上」の下と「中」の上の区切りが資産額5千万円なのですね。 実は”お金持ちの特徴”の中には、とても庶民的で「エリザベス女王」のイメージから遠く、混乱することがあって、お金持ちって自己申告制なのかと疑っておりました。 不動産と貯金をあわせて5千万円を超えるお宅はゴロゴロありそうですから、少々庶民臭がしても大きく間違えてはいないのかもしれません。 それから、我ながら世間知らずで恥じ入ったのは、「お金持ち」というのは年収(フロー量)とは関係なく、資産額(ストック量)で図ることを明確に理解できていなかった事です。 遠い世界の事だと、区別がついていないのにすら気付けない場合がありますね。 言われてみれば、お金持ちって、持っているっていう言葉ですし。 保持しなきゃいけないんですね。 だから、羽振りがいいだけの人はお金持ちに入らない。 ふむふむ。 “お金持ち”を目指すべし 上流(=お金持ち)と中流(=庶民)の境界が資産額5千万円だとして、私の年齢で早期リタイアしたいなら、お金持ち側に入らなければなりません。 自分と”お金持ち”の距離感に未だに大きな違和感がありますが… これまでの様に他人事としてスルーするのではなく、その”特徴”や”習性”を謙虚に学ばなければなりませぬ。 うげ~。 憔悴気味の私を横目に、本日も良い一日をお過ごしくださいませ。
        • “貯金の目的”が明確な時は、お金が貯まりやすい Saving_Money早期リタイアを目指し始めてから社会通念に合致した貯金のスピードが5倍になったので、”貯金の目的”と”使う予定が無限大に遠い”ことがポイントなんだろうとうっすら感じます。
        • “お金好き”じゃなくてもお金は貯められる Saving_Money引き寄せの法則で、”お金好き”な人にお金が集まるなんて書いてあるのを拝見するたびに暗い気持ちになります。 現在の貯金歴は、4年目に入りましたが、どんどんお金の話が嫌いになってきています。このままちゃんと一生付き合えるのか、不安です。 “お金好き”は貯金上手 プロのピアニストが、本当はピアノは嫌いなんですっと言ったら、信じられないですよね。 イヤイヤやっても上手にならないのは至極当然。 家計管理・貯蓄系のブロガーさんは、「お金好き」からの「貯金上手」も多いみたいですね。 「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったものです。 “お金好き”なので、貯めている人って、きっと貯めるだけで使わないんでしょうね。 だって、お金が好きだから、お金に好かれたいし、ずっと一緒にいたいわけですよね。お金と。 私は、時間を買うために貯めているので、いつか支払うことが前提で、ずっと一緒にいたいわけじゃないですからね… そんな人にはお金の方でも寄ってこないわよなんて書いてあると、呪いでもかけられた気分になります。言霊だけは、信じているんですよ。ワタクシ。 ミニマリストは、お金が好きそうに見えない ここで、何気に励まされるのは、私よりももっとお金嫌いに見えるミニマリストさん達の存在です。 less is more (少ないほうが、より豊か)っという合言葉からもわかるように、より少ないモノ(より少ない消費行動)の方が心豊かに生きられると考えている人たちです。 物質的な豊かさ、それを支えるお金、そういうものを否定するわけではないけれど、少し距離を置きたい人たちです。 お金は嫌いではないかもしれないけれど、ずっと一緒にいたいとか、お金に好かれたいと思ってはいないでしょうね。 恐らくお金はあまり必要ありません。 それなりに稼ぐ人は、使わない分が勝手に貯まっていきます。 けれど、多分、ご本人たちは、お金への執着はあまりないんじゃないかな? 早期リタイイーも執着はなさそう 早期リタイアブログでも、リタイア出来ている人たちが好きで貯金をしていたら、働かなくてよいレベルになりました~。なんて書いておられるのを見かけます。 羨ましい… 彼らが好きだったのは、「お金」ではなく、「貯金」だったんでしょうね。 動物の本能で、何かが上手になることや、安全が増すことは嬉しいんですよね。 この人たちは、「お金」から愛されたいと思っているのではなく、「貯金」によって得られる何かを求めていたのでしょうね。 だから、「時間」という欲しいものが見つかった時、さくっと貯めたお金と交換する覚悟ができる。 お金が好きじゃなくても、貯まる うんうん。そうそう! 「お金」じゃなくて、「貯金」だけに集中すれば、お金好きじゃなくても、お金が貯まると信じることにします。

        筆者のリライト宿題帳

        • “List category posts”でいろいろ試す List Category Posts というプラグインをインストールしました。特定のカテゴリーに属する記事を一覧表示したかったためです。 List Category Posts とは List category post List Category Posts allows you to list posts by category in a post or page using the catlist shortcode. When you’re editing a page or post, directly insert the shortcode in your text and the posts will be listed there. List Category Postsを使うと、投稿ページや固定ページに、catlistショートコードを使って、カテゴリーごとの投稿をリストアップすることができます。投稿や固定ページの編集の際に、文書内に直接このショートコードを挿入することで、投稿をリスト化することができます。 固定ページと投稿ページに入れてみた 設定は、↓のような感じです。このブログの「ホームページ」に多用しています。 一覧にできるのは、カテゴリーとタグです。 表示できる場所は、投稿ページ&固定ページ(singular pages)とサイドバーのウィジェット部分です。 投稿ページと固定ページの設定は、管理画面の設定→List Category Postsから行えます。サイドバー部分は、外観→ウィジェット→List Category Postsです。 私は、サイトマップ用に使っているので、Number ...
        • ワードプレス、Yoastで”XMLサイトマップ”をサクッと作成 “XMLサイトマップ”とは、検索エンジンにサイト構造をわかりやすく伝える為のロボ用サイトマップです。 ワードプレス使用者は大抵プラグインで出力していると思われます。当ブログでは、万能SEOプラグインのYoastを使用しています。 “XMLサイトマップ”とは “XMLサイトマップ”は、簡単に言うと、Googleなどのサーチエンジンにサイトの構造をわかりやすくお伝えする、ロボ用のサイトマップです。 サイトマップを出力する環境が整ったら、各検索エンジンが提供している検索用ツールに登録しておくことで、新規投稿のインデックス登録などがスムーズになります。 私はGoogleサーチコンソールとBingのWebマスターツールに登録しています。 詳しくは、Google、Search Console ヘルプ、「サイトマップについて」をご参照ください。 “XMLサイトマップ”専用プラグインとSEOパッケージプラグイン このXMLサイトマップを出力するプラグインには、専用のプラグインを追加する方法と、SEOパッケージ系のプラグインを追加する方法があります。 私が使っているプラグインでは、JetpackとYoastに”XMLサイトマップ”作成機能があり、私はYoastの方を有効化しています。 Yoast SEOでの”XMLサイトマップ”生成方法 Yoast SEO→Dashboard→Featuresタブ→Advanced settings pages→Enabled→Save Changes Advanced SettingをEnabledにすると、Titles and Metas、Social、XML Sitemaps、Advanced、Toolsの機能が表示されるようになります。 SEO(General – Yoast SEO)→XML Sitemaps→XML sitemap functionalityをEnabled→Save Changes Yoast SEOには”XMLサイトマップ”が10種類!? 上の画像のyour XML sitemapをクリックすると、下図のように(ページがあれば)10種類のサイトマップインデックスに遷移します。 投稿タイプから5種 投稿 (post) 固定ページ (page) メディア (attachment) プロジェクト (jetpack-portfolio) 推薦文 (jetpack-testimonial) タクソノミーから5種 カテゴリー (category) タグ (post_tag) フォーマット (post_format) プロジェクトタイプ (jetpack-portfolio-type) プロジェクトタグ (jetpack-portfolio-tag) Post TypeとTaxonomiesのタブで出力の是非を選択できます。 上のサイトマップインデックス(目次)をクリックすると、それぞれの”XMLサイトマップ”に掲載されているページURLリストが表示されます。これが実際にサーチコンソールに登録されるものです。 私は、面白がって全部テストレコードを作って、出力テストをしています。 その割に、サーチコンソールに実際に登録しているのは、投稿(post)と固定ページ(page)のみだったりします。 “XMLサイトマップ”をサーチコンソールに登録する 上の画像のyour XML sitemapをクリックすると、下図のように3種類のサイトマップが生成されます。 post.sitemap.xmlやpage-sitemap.xmlのURLをコピー サーチコンソール→クロール→サイトマップ→サイトマップの追加/テスト→1でコピーしたURLの後方をペースト→送信 FC2の”XMLサイトマップ”は、一つたりともインデックスされたことがないのですが、Yoastの”XMLサイトマップ”はかなり速いスピードでインデックスされます。驚異!でした。
        • WP、Yoastで手抜き、だけど完璧な”パンくずリスト” “パンくずリスト”とは “パンくずリスト”とは、ページがカテゴリーツリー・階層構造のどの位置にあるかをわかりやすく示してくれる、ハイパーリンク付きのページナビです。(下図のオレンジ枠内) “パンくず”という表現は、ヘンゼルとグレーテルで、家に帰るための道しるべとして、パンくず(breadcrumb)を使ったことから転用されたようです。 上部のオレンジ枠内がパンくずリストで、当該ページの上位階層からのパスを示しています。ページの住所のようにサイト内での位置がわかりやすいですね。 一方、右サイド―バーのピンクで囲内は、カテゴリーツリーです。 親カテゴリー(ウラ)、子カテゴリー(ワードプレス)、孫カテゴリー(TwentySeventeen)というように、サイト全体の構造を示しています。 SEOプラグインのYoastでは、この道しるべ(breadcrumb)を簡単に作成できます。 SEOプラグイン、Yoastでスイッチ・オン! 私はSEOプラグインYoastの機能を使って、”パンくずリスト”を実装しました。 といっても、「有効化する」を選んだだけです。 時短、時短。 パンくずリスト→有効化を選択 末端は太字→標準を選択 Yoastコードをsingle.phpに貼り付ける の3ステップでした。 設定場所は、YoastロゴのSEO→高度な設定→パンくずリストです。 最後のページを太字にするか? 最後のページを太字にすると、強調を意味するstrongタグが出力されてしまっていました。 strongタグは、強い強調なので、ここぞ!っというときにだけ使うことを推奨されています。詳しくは関連記事「“strong”は重要!、emは強調!、bは注目…」をご参照くださいませ。 当ブログでは、本当に強調したいときにだけstrongタグを使い、装飾したいときは別の方法をとっていますのでこの設定は、「標準」を選択しました。 “パンくずリスト”のタクソノミーは、カテゴリーがおススメ 関連記事「“カテゴリーとタグ”の違いと使い分け」に詳しく書いたのですが、カテゴリーでは縦断的な階層表現ができることが特徴ですから、パンくずリストには最適です。 そして、最後に大事な作業が待っています。 個別投稿phpにコードをコピペ 設定を保存後、上のオレンジ枠からYoastのページにリンクして、コードをコピーし、子テーマの関連個所に貼り付ける作業があります。 Yoast的には、header.phpに貼り付けられればそれが一番簡単よ!って事みたいですが、TwentySeventeenでは、「貼れるケド、無様」でした。このため投稿ならsingle.php、固定ページならpage.phpというように、それぞれのページタイプで適切な場所に入れていく作業があります。 好きなところに好きに貼れるという自由度がある!ともいいます。 仕上がりはなかなかキレイで、大変気に入っています。 ここまでは、主にビジターがサイト回遊する際の支援になります。 ユーザーフレンドリーってやつですね。 パンくずリストでSEO対策、rdf形式のメタデータ サーチコンソールの構造化データ > Breadcrumb(マークアップ: rdf.data-vocabulary.org)にガシガシ追加されて行っています。 Yoastでは、rdf形式で構造化データとしての記述が出来ているので、検索結果のスニペットにバッチリ反映されていました。 他のブログサービスのパンくずリストは、JSON-LD形式で自作のコードを書いてきたのですが、Yoastのおかげで手抜き・時短、かつ完璧で、大満足です!