ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • “欲しいものは、買ってますよ”は、貯金上級者の合言葉 Saving_Money“欲しいものは、買ってますよ”っと答えるようなシチュエーションになった事がありません。 貯められない人には、回答権が与えられませんので。 いつか、きっと、あまのじゃくにも「はい!めいっぱい我慢しています!!」と答えられる日が来てほしいところです。 欲しいものは、買ってますよ これは、節約しすぎなんじゃない?っと心配された時の回答ではありません。 若いのに家のローンを完済した人や、やりくり上手だと思われている人が、しっかりしているね~。すごいね~。っと、褒められた時の返事です。 判で押したように同じ返事です。 それって、貯金上級者の合言葉ですか? (心の声) 欲しいものしか、買っていない おそらく、欲しいものは、買っていますよの骨子は、「欲しいものしか買っていない」ではないでしょうか? いや、みんなそうでしょ?っと思う人は、既に貯金上級者です。 私はスーパーやネットショップの決済時、カゴの中にお店に入った目的の以外の商品が入っているのを発見します。 洗剤を買いに行ってお菓子も買ってきたり、ゲームソフトを買う為にログインしてコミックも買っちゃったり。 お菓子を買うことが無駄遣いなのではありません。 甘いものが食べたくてお菓子を買いに行ったのであれば、買っていいのです。 洗剤を買いにって、お菓子を食べたい気がしてくるのは、ちょっと違います。 コミックを買うことが無駄遣いなのではありません。 コミックを読みたくてログインしたなら、買っていいのです。 ゲームをしたかったのに、コミックも読みたくなってしまうのも、ちょっと違います。 私の場合は、たいして欲しくもないものを買いすぎてしまうので、お金が貯まりにくくなってしまいます。 ついでに買った、お菓子もコミックも、十分に楽しめたとは言え、それは欲しかったモノではないのですよね。 ただ流されて浪費してしまっているだけです。 貯金上級者から見れば、何故欲しくないものまで買うのか?、不思議な習性に見えるかもしれませんね。 理由は、自分でもわからないんです。 それどころか、欲しくないものまで買ってしまっていることに気づいたのは「買わない修行」を始めてからです。 まだまだ道のりは遠そうですな。 とりあえず、本日はぐっすり眠って、明日また頑張りましょう!
        • 収入ー支出=貯金、貯金上級者は”後取り貯金” Saving_Money 貯金の世界には、「収入ー支出=貯金」”後取り貯金”派と「収入ー貯金=支出」”先取り貯金”派がいて、それぞれに一長一短ありそうですが、どうも上級者と中・初級者の間での意見の違いに見えてなりません。 貯金上級者の発想 「収入ー支出=貯金」”後取り貯金”を押している人の多くが、貯金上級者です。 家計簿なんてつけなくてもお金は貯まるでしょ?なんて言い放っちゃえるスゴイ人たちです。 上級者は、今月の貯金はここまで!なんて発想はなく、エッジを攻めて、最大限に貯金している感じ。 ムリに使う必要はないでしょ?っとかなんとか言いながら、 最大限に節約して、残ったお金はすべて貯金! 上級者は常に貯金額の新記録を更新したがっている という、イメージを勝手に抱いています。 そもそもモノの値段も、自分が使っている額も感触的にわかっていて、てへ。使いすぎちゃった。というようなことがおこらない人たちですから、仮に「収入ー貯金=支出」で先取り貯金をしたとしても、月末調整で追加貯金をしていそうです。 貯められない人の発想 貯められない人の発想は実は貯金上級者と同じ、「収入ー支出=貯金」だったりします。 違いは家計管理能力。 モノの値段をよくわかっていない、1つ1つの金額は小さくても財布の紐が緩いので、ちょろちょろと出て行って、最終的に貯金に回す分のお金がなくなるのです。 おかしいな~。贅沢はしていないのに… というような状況にしばしば陥ります。 はい。ズバリ、私の事です。 バカと天才は紙一重 行動が一般的な視点では理解できないという意味で非常に近いこの両者。 「貯金上級者」と「貯められない人」が同じロジックで全く違う結果を出しているのに似ているな~なんて。 そう考えると無難に貯めたいなら、どうも「収入ー貯金=支出」(先取り貯金)が良さそうにみえます。 それでは、キュッとしまった財布と共に、本日も良い一日をお過ごしくださいませ。
        • “Apple Pay”貯金なんて、どう? Saving_Money貯金、節約の鉄板ネタと言えば、お金が貯まる人の財布! 私は用途別にお財布を5つもっているのですが、普段は持ち歩いていません。 お金を払う時はApple Watchで、”Apple Pay”払いをしています。 お財布を持ち歩くのは出張の時だけかな… 新春に買った黒地の財布に5円玉を入れる 新春(張る)に買った黒地(黒字)のお財布が最も縁起が良さそうなので、お財布を買う時はそのようにしています。 何気にその年の5円(ご縁)玉をお種銭として入れていたりもしています。 5円玉が見つからない時は、500円玉の記念硬貨を入れています。 日本人だから、言霊信仰で、ちゃんと縁起を担いでいます。 妙なところで常識派です。 普段はお財布が要らない イギリスでは、Apple Payで買えないものが思いつかないほど浸透しているので、お財布を持ち歩かなくても困ることはありません。 地下鉄やバス、タクシーなどの公共の交通機関もApple Payで乗り降りできますから、とても便利です。 というか、ロンドンのバスなんて逆に現金で支払えないハズです。 iPhoneでも支払えますが、バッグからの出し入れが不要なApple Watchが便利です。 私はお財布を持ち歩くのが煩わしくなって、お財布目的でApple Watchを購入しました。 (非接触型)コンタクトレスカードもありますが、スキミングされたりするらしいので、起動にパスワードが必要なApple Payの方が安全です。 “Apple Pay”貯金なんて、どう? Apple Payでの支払いには、1決済£30(=4,500円ぐらい)の上限が設けられている場合が多いです。 普段の生活では1回の支払いが£30を超えることがありません。 むしろ£30以上のモノが即決で買えなくなったので、お買い物をその額以内に抑えようとする気持ちが働きます。 これが、いい感じに節約につながっています。 £30を超える時は、一度帰宅して、ネットで調べて、安いところから買います。 ショップにしかない場合も出直さないと買えないので、衝動買いを抑え、頭を冷やすのに貢献しています。 再度足を運ぶのが面倒になって、買わない事も多々ありますし、 直ぐに行けなくて売り切れちゃっていることもあります。 全く現金を使わなくなってしまったことで、2017年9月に一般流通が開始されたハズの£10紙幣を1か月半が経った今もまだ見たことがありません。 そんなお財布と無縁な状態でも、どうしても鉄板のお財布ネタを書いてみたかったので、果敢に挑戦してみたのでした。 それでは、今夜もまったりとお寛ぎくださいませ。
        • “本業”に副業に副収入、3足の草鞋を颯爽と履きこなす Saving_Moneyブログを始めてから、“本業”(=会社員)+副業(=アフィリエイト)+副収入(=投資)の3足の草鞋を颯爽と履きこなしているブロガーさんが多くて驚きました。 そんけ~ っと、スゴイ人たちの英知に触れる事2年半に至っても、未だに草鞋が1足だけの学習しない残念な人間です。 皆さんどうやって時間を工面しているんですか?? ←ウィキペディアの草鞋のページにジャンプします 副業経験者が6割もいる? 恐るべし、日経ウーマン読者!! 「読者6割が副業経験者 平均月5万円稼ぐ 何してる?」より引用 本業以外の「副業」と認識している活動を聞いたところ、「している」(47.1%)「以前したことはあるが、現在はしていない」(13.2%)を合わせると、60.3%になりました。「過去・現在ともにしていない」(39.7%)を大きく上回り、読者の皆さんが副業に積極的なことが分かります。 「日経ウーマン」の様なキャリア系の雑誌を読んでいて、更に副業に興味がある人が集まりやすい環境とはいえ、副業経験者6割とはビックリです! 副業というからには、本業を持っている人たちでしょうから、会社で話題に上がりにくいだけで、勤め先にも副業している人もいるのかしら?? すごいな~。 節約と収入アップは、貯金の双翼と考えているのですが、節約する人は、自然な流れで収入アップにも考えが及ぶとすれば、それなりの割合で副業している人がいてもおかしくないですからね。 アフィリエイトをしているブロガーさんの人数を考えてもやはり副業人口はそれなりにいるのかもしれません。 長らく貯金にすら考えが及んでいなかった私は、ようやく節約からスタートして、現実的な収入アップなんて昇進ぐらいしか考えられないレベルです。 これが学生の頃からしっかり節約生活を営んでいた人だと、社会人になってすぐに副業に目が行くのかもしれませんね。 なんてボヤっとしているんだろう。私… 投資って副業じゃなくない?? 上記で紹介した記事の2ページ目は、副業の内容なのですが、「投資」を副業にしている人がいて、そのプロ意識の高さにも驚きました。 私はこれまたイタイ事に、投資は趣味だと考えていたのですが、「財テクになるかもしれない」ぐらいの感覚でした。 リスクがある分、配当金・分配金・利金の利回りは、銀行預金利息よりも良い為です。 ちょっとした副収入です。 投資を副業だと答えた人たちは、何やら「投資を業務として捉えている」のですよね? レベル違うね… うん。 プロだ、プロ! そういえば、私、株式投資をしていた頃、買うばかりで売ったことがなかったわ… と、自分のお金のセンスのなさに、またもや撃沈したのでありました。 3足の草鞋 本業の合間に、アフィリエイトブログを書いて、真剣投資をする。 本業と副業と副収入の3足の草鞋を颯爽と履きこなしていて、かっこいいですよね。 早期リタイイーには、こういう人がたくさんいます。 株ブロガーにも、たくさんいます。 貯蓄ブロガーにも、たくさんいます。 私はね… ま、裸足じゃないからいっか? っと、一足の草鞋を履きつぶしにかかっているのでした。 それでは、本日も、素敵なお履き物で颯爽とご闊歩くださいませ。
        • 貯金術と”節約術”の違いについて考える Saving_Money 私は”貯金術”と”節約術”の違いをあまり意識しないで貯金をしてきました。 貯金は、お金を貯める事。 節約は、無駄な支出を抑える事。 日本語ではハッキリ違うのですが、英語だとどちらもsaving moneyでいい気がします。もともとのニュアンスは使ってしまうのを避けて残しておくという感じ。残ったものを保管しておく貯蓄預金口座は、savings accountです。 英語圏でのsavings(貯金・節約)とearning(稼ぎ)は、google検索では、”vs”で接続されている方が”and”よりもはるかに多い様です。 日本語では、貯金(savings)の両翼として、節約(spending less)と収入アップ(earning more)がある感触です。対比するとちょっと面白いです。 “貯金術”と”節約術” 「スライド貯金」や「500円玉貯金」は、それらが節約由来か、収入アップ由来かを問わず、残したお金に着目している貯金手法で、何故か名前がついています。 れっきとした手法で貯金術の一つと考えてよさそうですが、「貯金術」という日本語ってなんだかしっくりきません。 逆に”節約術”については、しっくりくる日本語なのに、実際の手法名がパッと思いつきません。 更に面白いなと思うのは、収入アップの方法は、”インデックス投資”や”せどり”など大抵細かな区分まで呼び名がついています。 日本語って、攻めに近い概念には名前を付けて、守りに近い概念には名前を付けないものなのでしょうかね? 貯金と節約の違いって大事? 恥ずかしながら、お金のセンスがからきしダメな私には、この違いが重要なのかどうかがよくわかりません。 2015年にメインブログを始めた時も、今回も、ブログ村のカテゴリーは、「家計管理・貯蓄」を無意識に選んでいます。 前回は、何故か「節約・節約術」のカテゴリーには最後まで入りませんでした。今回は、家計管理・貯蓄カテの記事を読んでポチッとしたら、「節約・節約術」にワープして、あれ???っとなりました。 うぅ。「節約・節約術」の存在を忘れていたんです。 ハッとなって慌ててカテゴリーを追加しました。読み比べてどう違うのか体感できると良いのですが、本当にセンスがないからダメかも。 少なくとも記事を書くときには、この辺りの違いに意識を向けてみようと思います。 それでは、本日もお疲れさまでした~ m(_ _)m

        筆者のリライト宿題帳

        • その妻が家出した理由 夫婦喧嘩の後に、私の友人の家に”転がり込んだ”猛烈仕事人な、とある妻のお話です。 倹約家の夫、大活躍 その家は共働き世帯で、毎年200万円ずつ出し合い、家計予算は年間400万円。 家計は夫が管理していて、400万円の予算の内、250万円しか使わないので、毎年余った150万円を貯めて、築年数が30年を越えた一軒家を1千万円あまりで購入した。 節約好きで、研究熱心、家計管理に明るく、マメな夫の大手柄だ。 夫は引っ越し後も、周辺スーパー、ドラッグストアなどを研究し、夕食時に手柄を披露する日々が続いていた。 夫は徐々に新しいご近所さんと親しくなり、お得情報を交換する井戸端会議仲間まで作って、新しい生活に馴染んでいった。 猛烈仕事人の妻は、少し取り残された気分になりつつも、あまり深く考える余裕がないまま時間が過ぎていった。 たまには贅沢もしたい ある時、仕事が一段落した妻は、夫に海外旅行を持ちかけた。 賃貸生活でも150万円余っていた家計予算は、一軒家を買って家賃がかからなくなったことでもっと余裕が出た事だろう。 たまには贅沢もしたいよね。 しかし、夫は、乗ってこなかった。 それどころか、井戸端会議仲間のある専業主婦を見習うべきだと、妻を浪費家扱いした。 ようやく涙がでた。っと妻は思ったそうだ。 お互いに、もっと自分に合った人を探すことにしましょう。 泣きじゃくり、それしか言葉が出てこなかった。 妻は衝動的に家を出て、友人宅(←私の友達)に転がり込んだ。 夫の趣味を尊重し続けてきた結果… 夫はこの井戸端会議仲間の主婦がモノの値段をよく知っていることや、お得情報への嗅覚の鋭さを時折褒めていた。 夫が他の女性を褒める事を快くは思っていない。 夫とそのお仲間が、いかに節約するかを競って楽しんでいるのだから、多少のヤキモチも我慢するしかない。 しかし、他の女性を見習えとは、耐えがたい。 っと、友人宅で泣きじゃくる。 年間家計予算400万円を毎年150万円浮かせているのは夫の手柄だが、もとの400万円の内、200万円は妻から出ている。 夫が自分の200万円だけで、一人暮らしをしていたら、同じ150万円をつくるためには、50万円で生活しなくてはならない。流石の夫でも不可能だろう。 夫の節約自慢に、多少なりとも貢献しているハズだ。 (夫の年収は明らかではないが、)この妻の年収は1,500万円で、家計にもたらしうる可処分所得は、年に1,000万円。 200万円出し合っても、お小遣いが年に800万円もある。 800万円のお小遣いの中から”お仲間”が節約しているのと同額を夫に渡しても多分満足しないと思う。っと、猛烈に泣きじゃくる。 この妻の目線から見ると、夫の節約は「趣味」でしかない。 夕飯が安く上がると嬉しい。 財テクは楽しい。 貯金が増えると幸せ。 自分にとって、質素な生活は苦ではないから、黙って付き合ってきた。 中古の家だって、夫婦の年間可処分所得よりも小さい額だ。 もう少し高くても、もっと新しい家やもっと駅近の家でも良かっただろうに、不満を述べた事はない。 妻が家を出た理由 質素な生活は苦ではない。 けれど、「夕飯が安く上がると嬉しい」という夫の喜びを大事にする私と同じくらい、夫は私の事を大事にしてくれているだろうか? 通勤は苦ではない。 けれど、「財テクは楽しい」という夫の楽しみを大事にする私と同じくらい、夫は私の通勤にかかる余分な時間の事を考えてくれたことがあるだろうか? たまには贅沢がしたい。 これまで「貯金が増えると幸せ」という夫の幸せを大事にしてきた私に対して、私の提案を即刻却下した夫にとって、私は大切なものではない。 妻が家を出た理由は、詰まるところ「夫に大切にされないことが耐えがたくなった」からだ。 実はこの妻、かなりのドケチである ということで、ここまで、最大限にこの妻に同情的に書いたつもりでございますが、決して情けをかけてはいけなかったのです。 泣きじゃくりながら、しばらく泊まらせてもらってもいいかな?っと聞かれて、こんな状態の人を追い出すわけにはいかないと快く同意した私の友人。 翌日、申し訳ないから家賃を半分払うねと言われて、 いいよ。気にしなくて…なんていう実に日本人的なやり取りの後、結局家賃を半分受け取ったらしいのですが… そのせいで、その妻に2DKの一部屋を占拠する権利なものが発生してしまいました。 はぁ~。良かった~。これで一か月の猶予が出来た~っと聞いて、耳を疑ったとのこと。 この友人の家の寝室は寝るための部屋で、ベッドぐらいしかありません。 テレビ、ゲーム機など寝るまでにくつろいでいる道具は、占拠されている居間にあります。 1か月もゲームを中断させなければならないのも不服な上に、 寝室では読書やネットぐらいしかできない中、 隣の部屋からテレビの音が聞こえてきたら、少々不快になります。 その上、その妻、家賃以外は一切なにも払わないのです。 家にある食材を使って、食事を準備してくれますが、食材を補充することが一切ありません。 冷蔵庫に何も入っていない時は、どうしているのか謎ですが、何も言わず部屋に籠っています。 友人が帰宅して、冷蔵庫を開けると、何もない… 仕方がないから、疲れた体を引きずりながら買い物に行くわけです。 シャンプーが切れても、トイレットペーパーが切れても、補充もしないし、教えてくれない。 最悪です。 困るじゃん?? 恐ろしい事に、その妻、まったく悪びれる様子がなく、普段と同じ。 夫に起こっていることが、なんとなく分かってきた友人。 一か月分の家賃を払ったその妻はしっかり31日間居座り続け、次の家賃を払おうとしていたらしいのですが、断固受取拒否。 出ていってほしい。 とは、言えないまでも、何とか丁寧に説明して家を出てもらったそうです。 そして友人宅にいられないとわかるや否や、ちゃっかり自宅に戻る様子にどっと疲れが押し寄せたそうです。 そもそも年収1,500万円で、年間800万円もお小遣いがあるのに、ホテルに泊まることなど考えず、友人宅を訪ねてきたのは、決して心の支えを求めてのことではなく、単に数万円で1か月居座ることができる安宿を探していただけだったのではないかと、思えてならなかったそうです。 うーん。 私には家に転がり込めるような友人はいないし、転がり込んでくるような友人もいないな… ぶつぶつ。
        • “やらなかった後悔”がやった後悔よりも大きい? もし過去に戻れるなら「絶対にやらない」やってしまったことは沢山あるけれど、過去に戻れたら「絶対にやる」やらなかったことはパッと思いつきません。 やらなかったことは過去に戻ってもやるかわからない。というのが正直な感触です。 「やらなかった」側にだけ後悔が存在する? 「やらなかった後悔」は、何かを実行しなかった自分を責めるもので、別の現在または未来に繋がっていた可能性を惜しむもの。 「やった後悔」は、何かに失敗して、「別の方法をやらなかった後悔」だから、これも別の現在または未来の可能性を惜しむもの。 「やった後悔」の中には、成功したけど、「もっといい方法をやらなかった後悔」で、これも別の現在または未来の可能性を惜しむもの。 結局すべては「やらなかった後悔」かも?? ネット上の記事とは、なんか違う…うーん。 仮に「やった後悔」というのは「別の方法をやらなかった後悔」(精神的マイナス作用)と「失敗内容に対する反省」(精神的にプラス作用)の混合物だとする。 「反省」の中で「改善案を出す」などして、より良い未来のために何か行動すると、プラスの方向に進むので、「別の方法をやらなかった後悔」のマイナスと相殺して、マイナスが小さくなる。 「反省」したことで、次の失敗を未然に防げた瞬間にさらなるプラスが発生し、最初の失敗のマイナスは更に小さくなる。 こういうのがやった後悔は小さくなるって事かな? わかりそうで、わからない この言葉の意味は、昔の私なら分かっていたのではないかという気がするところが、なんとも悔しいです。 昨年、この言葉を聞いた私は、「やらないことが将来の後悔につながると思うなら、その行動から得られる期待値を再評価して徹底的に下げるといいんじゃない?」っと提案したのですが、全く理解されなかったことをちょっとだけ気にしていて、たまに思い出しては、頭の中でコロコロ弄んでいるのですが、分かりそうで、分かりません。 もし過去に戻れるなら「絶対にやらない」やらかしてしまったことが、他の人より多いのかな?? 人間には苦痛を和らげるために過去を忘れるという機能がついていると聞いたことがあります。私も普段は忘れていますけれど、過去に戻れるなら「絶対にしない事」って、かなりハッキリしています。 逆に、過去に起こさなかった行動は、やってみたらどうなるかに興味はあるけれど、必須ではないことが分かっているので、「できればやる」ぐらいの感覚です。 でも、そう考えるのって、私だけ?? モノグサすぎるのかな… 記事にしようとすると何故か分かるようになることもあるので、試してみましたが、書き直しても、やっぱりわからないのでした。 頭カタイな~。私って。
        • ワードプレス、”試してみたいテーマ”5選! 記事を書くより、ブログカスタマイズの方が楽しい!っと感じる私が興味津々の”試してみたいテーマ”は、Gash5、Xeory、Hitchcock、Circa、Simplicityの5つです。それぞれのグッとくるポイントと想定される用途をメモしておきます。 “試してみたいテーマ”の特徴 カスタマイズの自由度が高いGash、SEOに強いバズ部のXeoxy、無限スクロール付きのポートフォリオ用テーマHitchcock、日本でかなりのシェアを誇っているSimplicity。 そんな風に理解しています。 Gash5 カスタマイズ好きの為に作られた??と思しき”ワードプレスのテーマ”「Gush5」は、SEO対応を謳った有名どころのテンプレートが沢山ある中で、この”ワードプレスのテーマ”はカスタマイズの自由度を謳っていて、ツボです。 他に流されない特徴を打ち出しているところも、好感度が高いです。 私の需要にドストライクでマッチしてくれるテーマです! これまでチェックしてきたテーマの中で最もHTML5とCSS3のエラーが少ないこともポイントです。 柔軟性があるのであれば、どんなブログにでも展開できそうなテーマですね。 最も試してみたいテーマではありますが、ある程度やってみたいことができて、phpが分かるようになって、プラグインを自作のコードに置き換えられるようになってきたら是非使わせていただきたいと思っています。 ※プラグインを置き換えたいのは私の野望で、普通にプラグインを使えば初心者でもカスタマイズを楽しめると思います。 このテーマを使っているブロガーさんたちのサイトがとてもきれいだったことで、逆引き風にテーマ名がGashであることを知り、そういう例を数多く見かけたことで名前を覚えるに至りました。 カスタマイズのしやすさが売りなのに、ユーザーの完成品がどれも美しいというのは、凄いことだと思います。 憧れテーマです。 Xeory テンプレートカスタマイズで困った時にヒット率が高い、お世話になりまくりのバズ部さん。彼らが作っている「Xeory」は、コンテンツ発信とそこからの商流が意識されていて、大変面白そうです。 コンテンツの発信からお問い合わせ獲得までとかメルマガ配信スタンドのフォーム設定が出来るLPが簡単に作成できますなどの謳い文句は、マーケティングバックグラウンドがある人たちの心をぐっと掴む機能です。 使いにくいCMSに苦戦している部下を常々気の毒に思っている立場としては、つい釣られてしまいます。 企業ブログやウェブサイトのコンテンツをガチで収益化したい人はのぞいてみるといいかもしれません。 ただ、無収益の雑記ブログ運営者目線では、コンテンツマーケティングのためのWordPressテーマですっていう謳い文句は少々ものおじしちゃう感じです。 何か発展させたいコンテンツが出来たら、出直します。的な。笑。 Hitchcock 「Hitchcock」はワードプレスの公式テーマで、人気テーマの上位に見かけるのに、実際に使っているひとを見たことがないです。 写真ブログには面白そうです。パソを買い直したら、写真ブログの引っ越し先はこれにしたいな~なんて思っています。 マクロレンズで撮ったお花の写真なんかをそれぞれに埋め込んだら面白そう。G+やインスタグラムと連携させても楽しそうですし。 そういう意味では、「Caos」も素敵。写真家御用達の黒背景ですし。 Circa 「Circa」は、丸っこくてかわいいです。でも、「Hexa」の子テーマだという事で、こちらを今、試している途中です。 ワードプレスのテーマの中ではあまり見かけない純粋な日記用テーマな感じで興味が湧きました。 私の「ボツ」カテゴリーを移植するのもいいかもしれません。 HTML、CSSのエラーも少なそうですし、ボチボチカスタマイズしていくつもりですが、とりあえず字が大きい… Simplicity Simplicityのことを、ワードプレスの初期テーマなんだと思い込んでいました。 私が使っているブログホスティングサービスでは、SiteGroundのサポートグルがワードプレスの初期設定をしてくれるのですが、初期テーマが「Simplicity」じゃなくて、驚いたぐらいです。 そのくらいシンプルで、なおかつ浸透しているテンプレートに興味深々。 ブログ界で普及している理由は、アドセンスや他のタイプのアフィリエイト支援が充実しているためだと思われます。 既に猛烈に普及しているわけですから、私があれこれ追記する必要もないでしょう。 但し、有名税の様なものなのか、初心者がガンガンこのテーマに乗り換えることで、アフィリエイター達の自主的なテーマ改悪??の様な事態が発生している印象です。 記事は面白かったのに、ワードプレス(=シンプリシティー)にかえてから読まなくなったブログがちらほらあります。 特にスマホ回り。テーマの初期状態ではとても見やすく作ってあるのに、Simplicityを使っているアフィリエイトブログでは、余白なく端から端まで字がつまっていたり、字が巨大だったり、息苦しいイメージです。崩れていないのが奇跡的だと思えるようなサイトもあります。 まとめと余談 将来的に使ってみたいテーマについて書いてみたものの、目下、今年の初期テーマの「Twenty Seventeen」がとても面白いのでしばらくの間、このテーマで遊んでいると思います。 ワードプレスの2017年の初期テーマ、おしゃれです。 今風っぽい巨大フロント画像に何故か妙に小さいブロックタイトルに、何故か妙に大きい記事ヘッディングに、何故か出っ張っているリストマーク。 遊びがいがあります。 普通の意識が高いブロガーさんたちは、SEO対策済みやアフィリエイト用のテーマに即刻変えてしまって、遊ぶ余地がないのかもしれないですね。 SEOもアフィリエイトも興味がない雑記ブロガーには、遠い世界です。