ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

    • 装備整理1、ひさ~しぶりでも倒せる「歴戦バゼルギウス」装備 Bazelgeuse quest clear今回、バゼルギウスの宝玉欲しさに、ひさーしぶりにライトボウガンを担ぎました(貫通じゃなくて、電撃弾仕様)。しかし、この武器のスキルの仕組みは、私には理解不能。現段階の装備について、とりあえずメモメモ。
    • ライトボウガン、ポーチと弾の並べ替え MHW - bullet shorcutライトボーガンはあまり使わないので、弾を切り替えなどにいちいち手間取ります。ポーチと弾の並び順を登録しておくと、切り替えが簡単になって凄く便利。ショートカットと同じく、アイテムセットの一部として保存できます。
    • モンハンワールド、とうとう装備マイセットが満杯に… MHW Armor Setモンハンワールドの装備のマイセットが満杯になってしまいました。しばらく、いらなさそうなセットを探して上書きを続けてきたのですが、ソロ用、マルチ用、マルチ広域用、各歴戦個体、各歴戦王(極)、武器種ごとにガンガン増えて、ごちゃごちゃしているので、削除することにしました。
    • 私の「クイド=ダオラ」愛は、大したことなかった。 Daora Tethidineアステラ祭りで帰って来た「歴戦王ナナ・テスカトリ」。以前組んでいた装備では倒せなくなっていました。あるある。しかし、私の前回の装備セット、「イカ」を模した操虫棍「クイド=ダオラ」に「ダイバー装備」を重ね着したい!ってだけで、攻撃力や生存スキル完全無視です。ちょっとひどすぎ…
    • モンハンは「ボタン連打」をしないのかも? MHW jumping evasionアクションじゃないRPGばかりで遊んできた私の「アクションゲーム」に対するイメージは「ボタン連打」。ガチャガチャガチャガチャってしなきゃいけない。っと思い込んできたのですが、モンハンはどちらかというと、逆かも?

    カテゴリー、イギリス記事一覧

    • “イギリスのスーパー”、高級度ランキング(個人的見解) england and sheep階級社会イギリス。スーパーですら階級によって御用達が違う。っと言うのは冗談ですが、ブランディングが商品の高級度に反映しているのは事実。
    • イギリスのお布団の温かさ指数「Tog」 walesイギリスには、お布団の温かさを示す「Tog」という指数があります。面食らいます。夏は3.0~4.5 tog、春と秋は7.5~10.5 tog、冬は12.0~13.5 togだそうです。貧乏駐在員の私は、夏用と秋用をひとつずつ買って、冬は重ねて使うことにしました。
    • 山路を登りながら、何も考えられなかった。 Goring local path大好きな「草枕」の冒頭「山路を登りながら、こう考えた。」風流だよねっと思いマネして考え事をしようと試みましたが、私は歩き始めると頭の中が空っぽになってしまいます。しかも考える時は立ち止まっちゃう。
    • イギリスの好きなとこ1: 「Would you?」と「Could you?」 park in oxfordWould you~?やCould you~?の主語は、「you」つまり、「あなた」です。インド駐在を終え、先進国イギリスに引っ越してきたおのぼりさんは、この相手を主語にして依頼を促すイギリスの英語にとろけちゃいます。
    • イギリスの赤い電話ボックスの進化系? uk phone booth atmイギリスと言えば、赤い公衆電話ボックス。かと思いきや、ATMでした。ちゃんと電話もついてます。イギリスにはその昔、ポリスボックスというのも存在したようです。青色のボックスで、こんな感じ↓

    最新記事

    • クリスマスイヴ、クシャとのデートに20分遅刻 Ancient Forest11か月も遊んでいるのに、まだ食材が揃っていない?もしかしたら環境情報が「大輪の花増殖中」指定というような条件付きだからカモしれませんよ。しぶしぶ古代樹の歴戦クシャへ行ってまいりました。最初に「あ~。私はカプコンとは合わないな…」っと思ったクエストです。
    • ハイリスク・ローリターンな「歴戦王マムタロト」 Nergigante 23rd Dec王マムのノラ、どんどん勝率が悪くなっている気がします…極ベヒーモスの時もそうだったのですが、日曜日の勝率が悪いのかも。モンハンアノマリーか?
    • ハズレ武器「皇金の長刀・水」が気に入りすぎて、テオがいなくなった。 teo-nian no2攻撃力が620と高めで、水属性値270もいい感じ、属性解放不要、会心率10%、会心撃(属性)付きのかなり「初心者フレンドリー」な武器です。歴戦テオがいなくなっちゃったので、次に王テオが来るまでお蔵入りの装備装備セットをメモメモ。
    • 調べるか、調べざるか、それが問題だ MHW - Trophy - Incomplete調べないと分からない事が明確なのに、自力で発見したいと意地を張る。それがゲーマーというものだ。うーん。名言。ちがうか。
    • Gutenbergの「ボタン」で個別の関連記事リンク take a walk in oxford 16-9ワードプレス5.0.1の新しいエディタGutenbergの「ボタン」機能が気に入ったのでメモ。想定された使い方とは違うかもしれませんが、ワードプレスのデフォルトのブログカードはあまり可愛くないので、使ってみました。

    筆者のリライト宿題帳

    • 投資に信念を持たないという”投資哲学” 「信念を持ってブレない投資をしましょう!」というようなアドバイスを盲信していた時期がありました。信念を持ちたいけれども、投資の世界は広く深く、知らない事ばかり。いつまでたっても投資信念を持つに十分な域に達している気がしません。最近では、投資に信念を持たないという”投資哲学”もアリだなと思うようになりました。 投資信念を持つには、まだ時期尚早 かっこ良さ気な投資記事が揃って信念を持ってブレない投資が肝要です!と謳っているものだから、そんなものだと思って、盲目的にブレないことが良いと思っていた時期がありました。 自分のリスク許容度にあったルールをきっちり決めて、信念を持ってそれを守ること!!的なアドバイスです。 ところが、投資信念を持つのは私にはまだ早いという気持ちがなくなりませんでした。 はじめのうちは、私の売買経験が少なすぎて自信を持てないからだと考えていました。 しかし2014年の日記では、「常に新しい考え方を取り入れて試行錯誤を続けることは、信念がない事になるのだろうか?」と疑問に思い始めていたようです。 この時点では、まだ信念ありきの考え方ですね。 根底で「信念がある方が良い」と考えているから、信念がない状態を避けようとしていた感じがします。 隆興しない「作業仮説」派に親近感 この時の調べてメモを残した記事がまだ残っていたので、なくならないうちに原文を引用しておきます。 山崎元「ホンネの投資教室」、「第214回 アクティブ運用の2つの「投資哲学」について」 筆者は、何事に対しても「信念を持つ」という態度は知的堕落だと思い、やや軽蔑しているので、「作業仮説」派だ。その時々で、運用というゲームを戦う上で、何がポイントなのかを考えるのが楽しい。 他方、年金運用などの運用ビジネスの現場では、運用の一貫性・安定性がポジティブに評価されやすいので、「信念」をアピールする方が好まれるし、マーケティング上有効だ。従って、作業仮説程度にしか思っていない運用哲学でも、顧客や顧客に付いたコンサルタントに対しては、あたかも不変の信念であるかのようにプレゼンテーションするような使い分けもある。 そういう事だったのか… なんだか肩の力が抜けます。 上記に、顧客(読者)に「信念」を持つことを奨励することで、あたかも信頼に値するコンサルであるかのような印象を与える効果もある旨、付け加えても良さそうです。それが私に起こっていたことですから。 「信念を持つ」という態度は知的堕落とは驚きですが、「信念を持てないことが好ましくないとは限らない」ぐらいに解釈しても大いに励まされる記事でした。 密かにこの「作業仮説」派の隆興を心待ちにしているのですが、今のところまだ流行ってはいないようです。 余談:信念と哲学と理念 上記の引用記事でも「投資+哲学」の組み合わせに違和感を唱えておられますが、確かに私にもなんだかしっくりきません。 Googleによると、哲学とは、人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。また、経験からつくりあげた人生観。だそうです。用途的には「人生観」の方の意味合いが強いけれども、「根源のあり方・原理」の印象が邪魔して違和感を与えいるのでしょうか? かといって、「信念を持たないという信念」じゃ、微妙すぎるので、私も哲学の方に便乗することにしました。 しかし、パーマリンクにinvestment philosophyと英語で表記すると違和感が増します。それでもbelief(=信念)は避けたいので、ideology(=理念)を使ってみることにしました。 言葉遣いは難しいです。
    • Twenty Seventeen、Font Awesome をセットアップ “Font Awesome”とは “Font Awesome”は、オープンソースのアイコンフォントで、←こういうアイコンをフォントとして使用できます。 2017年7月9日現在、version 4.7.0で、675アイコンが利用できます。詳しくは「The Icons」 導入方法はいろいろですが、私はこのブログではCDNを利用、テスト用ブログではプラグイン「Better Font Awesome」を使用しています。この他、ダウンロードして使用する方法があるみたいです。リストは→「Font Awesome, Get Started」をご参照くださいませ。 CDNのセットアップ テーマによっては、初めから使える状態になっている場合もあるみたいですが、Twenty Seventeenでは、残念ながら初期状態では使用できないので、追加が必要でした。 ↓検索すれば、もっとシンプルな方法が見つかります。 私は、「Font Awesome, Get Started」にて、e-mailにコードを送付し、届いたメールの指示に従い、head部分に初期コードを貼り付けた後、Font Awesomeでアカウントを取得し、そこで得られたCDNコードをhead部分に差し替える方法で使用しています。 初期状態では、java scriptのコードになっていますので、管理画面でCSSを選択して、CSS用のコードを取得しました。 ※繰り返しですが、ネット上にはもっとシンプルな方法が転がっていましたよ。 色を変更したい場合 初期値のアイコンは、白黒ですが、タイトルのワードプレスマークなどのように色を付けたいときは、アイコンのページでクラス名を調べて、下記のようにCSSで追記できます。Color:#xxxxxx;のxの部分は、色見本などで選んでくださいね。 .fa-wordpress { color: #0087be; } その他、”Font Awesome”利用メモ 私の利用法は下記のとおりです。 「”外部リンク”と内部リンクのアイコンの自動化」に利用 「見出し(h1~h6)のデザイン」に利用
    • 短い引用の”q要素”を日本語風に「」(括弧)に仕立て直し HTMLの”q要素”は、短い引用を示します。対して長めの引用文はblockquote要素を使用します。Twenty Seventeenでは、初期設定が””(タブルクオーテーションマーク)なので、これを日本語的にしっくりくるように「」(括弧)に変更しました。 q要素の使い方は、「W3C, HTML5.1, q element」をご参照ください。 “q要素”のCSS記述 q { color: #ff7f7f; font-weight:bold; } q:before { content: “\00300c”; } q:after { content: “\00300d”; } q要素(=短い引用)は、すべてピンク色のボールドで表示されます。#XXXXXX;の部分を他の色に変更することもできます q:beforeで、引用文の前に「(\00300c)を追加します。 q:afterで、引用文の後に」(\00300d)を追加します。 HTML使用時の使い方 使用時には、投稿画面で、 <q>引用の本文</q> と表記すると、 引用の本文 と表示されます。 対した変更じゃないですけれど、ぐっと自然な日本語に近付きました。