ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • 貯金修行の副作用?、お金を使うと罪悪感を感じる時は… Saving_Money 目的のない貯金は、単なる「浪費」の先送りと考えている私にも、早期リタイア資金という貯金目的が出来、お金について粛々と学ぶこと3年半。 最近何だかお金を使うと罪悪感を感じるようになりました。 スーパー以外の買い物はすべて「浪費」の様な気がして、ちょっとした買い物にウジウジ悩むようになってしまったし、身動きが取れなくなった感じがします。 こういう時は、貯金の師匠、「Savvyに生きるのMMさん」のブログに教えを請うのが一番です! MMさんは、本業・副業・投資の3足の草鞋を颯爽と履きこなしつつ、支出ダウン(節約)も上手な方です。 手広く多岐にわたって成果を上げているのにサラッとしていて、バランス感覚抜群です! あ、弟子入りは、無許可で私が勝手にしているだけなので、ご本人ご存じないですけど… お金を使いやすくするための「予算化」 MMさんのイチオシは、「専業主婦(主夫)だと自由にお金を使いづらい?罪悪感無くお金を使うには「予算化」が必須」です。 これは、記事が見つかったので、↑オリジナルを当たってくださいませ。 お金を使うことに罪悪感を感じる人の殆どがこちらに当てはまると思います。 残念ながら私は2016年年初に大幅に家計予算を超えた支出をし、その後リカバリーに9か月もかかってしまい、苦しくて仕舞いには家計簿をつけるのを止めてしまったので、もう一つの方法をとりました。 先に貯めて、後で使う これもMMさんのブログからいただいた家計管理・予算管理に連なる貯金術なのですが、前のブログの記事なのか?オリジナルが上手く探せませんでした。m(_ _)m MMさんは、旅行や大き目の買い物をされる場合、それ用に積み立てをして、その後で使ってらっしゃったと思います。 レジャー目的のために貯めているのだから、そのために使わないと意味がないですよね。 この方法も罪悪感なく自分のためのお金を使う名案です! 私は綿密な計画が苦手なので、2017年1年かけて2018年の「へそくり」というか「お小遣い」を貯めています。 年初は、「2017年は、先に貯める」っと意気込んでいました。 目標は2014年~2016年の3年平均と同じ額だけ貯めて、しかる後に使う事。 でもよく考えたらこの方法だと冬のボーナスが出るまで3年平均に到達できず、12月中旬以降しか遊べない変な計画を立ててしまっていました。 8月ぐらいに、「なんか旅行に行きたいな~。もうそろそろお金貯まったかな~?」っと調べてみて、初めて冬のボーナスが出るまで旅行に出られないことに気付いたという… おそいよ! RPGゲームとNetflixがあれば楽しく生きられる人間って、いいのか?、悪いのか? 兎も角も、仕方がないから、3年平均貯金額を超えた分は、来年のお小遣いとして使うことにしました。 いくらになるかは、全く不明。 友達のおじいちゃんは、孫たちのお年玉を500円玉貯金で貯めていて、毎年金額が違ったそうです。 貯金箱を開けて、金額を数えて山分けするのが孫たちに大人気のお正月イベントだったそうですが、なんかわかる。 私もお正月イベントにしようっと。
        • 最も怖いのは”身の丈サイズ”の勘違い minimal life貯金において”見栄っ張り”よりも恐ろしいのは、”身の丈サイズ”の勘違いだと思っています。 関連記事「お金が貯まらない”見栄っ張り”は、才能に溢れている」でも書いたように、見栄っ張りさんの場合は、目線が上向きなので、やり様によっては収入増側に花開くポテンシャルを秘めているハズ。 “身の丈サイズ”の測り違いは、違います。 これは日々の生活で少しずつ足元をすくわれて、お金は減る一方です。 海外赴任という期間限定の下駄をはく 海外赴任になると、苦労もいっぱいしますけれど、大抵の場合、自分のお給料では住まないような広めの家に住むことができます。 というか、日本より狭い家を探す方が難しいカモ。 駐在妻だと、お手伝いさん、子守りさん、運転手さん、広い家、高級ランチ、スパ、毎週末の旅行などなど、バラエティー豊かに楽しめるらしいです。 一日12時間労働&出張まみれで「自宅=洗濯機」状態のへぼ独身駐在員目線では、広い家が唯一のベネフィット…(号泣) 注:イギリスに来てから、残業を止めて、ブログを書いています。(←) 海外赴任が10年目にもなると、身の丈よりも広い家が標準になってしまいます。 最近この”身の丈サイズ”の勘違いが最も危険だと気づきつつあります。 身の丈サイズの家は30平米 家賃は手取りの1/3以下にしましょう!というような有名アドバイスがありますが、お給料を1/3も持っていかれる家計最大の費目で、”身の程サイズ”を超えると絶対にお金は貯まりません。 もともと東京で暮らしていた時の部屋は30平米でしたから、帰国しても30平米の家が”身の丈サイズ”。 今住んでいる家のリビング(=リビングダイニングキッチン、5m x 6m)と同じ広さです。メインブログに写真があったので、転用します↓ 日本に戻ったらこのスペースに家のすべてが詰め込まれるのですから、今の家は超贅沢です。 最大費目の「住居」に関しては、帰国後は絶対に30平米と自分に言い聞かせています。 それでも、前より駅近、前より会社に近い、などなど家賃が高くなる要因はたくさんありそうですので、時期が近づいてきたら猛勉強しなければなりません。 ムダ遣いの多くが無自覚 この他の生活費については、居住国の庶民的生活がどんなものか詳しく知らないで暮らしている10年の間にどれほど金銭感覚がズレているのか想像もつきません。 なんとなく、周りのイギリス人よりケチケチしていると思い込んでいますが、実情は定かではありません。 この点、日本は、ブログコミュニティーで、家計簿を公開したり、マメな人が多くて助かります。 他人と比べて生活費が少なければよいという問題ではありませんが、ムダ遣いの多くが無自覚の所作なので、他の人の改善点を自分に当てはめて考える機会が多いに越したことはありません。 跂(つまだ)つ者は立たず。 跨(また)ぐ者は行かず。 下駄を脱いだ後は、つま立つことなく、身の丈に合わせた息の長い節約生活を続けたいものです。
        • お金が貯まらない”見栄っ張り”は、才能に溢れている Saving_Money“見栄っ張り”はお金が貯まらないという記事をよく見かけます。 けれど、見栄を張らない人には見えない世界が見えているという才能を活かす方向に努力するのもアリじゃないかな? “見栄っ張り”には、気概がある! 人間じゃない他の動物だとわかりやすいのかもしれませんが、群れの中で自分をよく見せようとする、影響力を持とうとする個体は”リーダー”マテリアルですよね。 競争の中で最も際立った人がリーダーになるんだと思いますが、見栄っ張りの人は少なくとも競争に身を置く気概があるだけ見どころがあると、ひそかに尊敬していたりします。 逆に競争に身を投じる気がない人についていかなければならないというのは、フォローワー目線では悲劇です。 自分を際立たせるのが上手なレベルもいろいろですが、政治家、芸能人、ブロガー、そして見栄っ張り。 最後の一つだけ嫌がられるのは何故なんでしょうね~? “見栄っ張り”は、世情に明るい 見栄っ張りは、世情にも人情にも通じています。 流行りに敏く、思わず余計なものを買っちゃったり、 人が喜ぶからと、奢っちゃったり。 確かに浪費しがちなのかもしれません。 こういう勘が良い気質は、常に新鮮で面白いトピックを拾ったり、読者の共感を得る逸話を書いたりするブロガーには最適な気がします。 何事も疎いと何が面白いのか想像するのが困難ですからね。 “見栄っ張り”は、客観的で向上心が強い 他の人より良く見せたい!時、他の人がどうなのか?、自分がどうなのか?っと、客観的な視線で世の中と自分を見比べる必要があります。世の中には常に自分と他人が存在し、その距離感を測っているのです。 つい背伸びをして、家計を締めつけちゃうこともあるかもしれませんね。 だけど、自然と目線が上向きで、今より良い方角が視界に入ってくるというのは貴重な才能ですよね。 いいところを伸ばせるかが勝負どころの”見栄っ張り”さん 見栄っ張りだから浪費が多くてお金が貯まらない。 事実だと思います。 しかし見栄っ張りさんの視界に入っている、この世の”良いもの”は、成長のポテンシャルを感じさせてくれます。 私は個人的には、浪費に留意しつつ、積極的に見栄を張っていこう!ってスタンスです。 自分がどれほど見栄っ張りなのか、サッパリわかりませんけれどね。
        • 33アイテムを3か月着まわすミニマリストを越えたイギリス淑女達 minimal lifeNetflixにMinimalismというドキュメンタリーにて紹介されていた”プロジェクト333″。 ランチタイムに「いつかやってみたいな~」なんて言っていたら、一緒にご飯を食べていた英国人2人が揃って3か月に33アイテム?、私はそんなに持っていないと思う。っと素で帰ってきてビックリ。 恐るべし、イギリス淑女。 プロジェクト333 プロジェクト333とは、33アイテムを3か月着まわすミニマリストチャレンジです。 カウントの対象は、衣類、宝飾品(指輪、ピアス、ネックレスなど)、アクセサリー(バッグや手袋など)、靴です。 Minimalismに出演していたのは、「be more with less」のコートニーさん。 分かりやすいし、面白いな~っと、早速、英国淑女たちに話してみた結果が冒頭の通り… ベタに質素なイギリス淑女達 なかなか面白いチャレンジなんじゃないかと思って一緒にご飯を食べていた英国人女性2名に話を振ってみたら、33アイテムは別にそんなに難しくなさそうだと薄い反応しか返ってきませんでした。 この二人の普段の様子から、本当に難しくなさそうというか、33アイテムより少ないかもという発言も納得できます。 お~。 なんか淑女の国、イギリスって感じ♪ しかし、これ、英国人女性がみんなそうというわけではなく、私が仲良くなる人がそんな感じなだけです。 イギリスのファッション業界はとても活況なようにしか見えませんから… データを探してみたところ、何気にイギリス人が最もファッションにお金を使っているようです。 人口に対するファッション市場の大きさは、イギリス→アメリカ→ドイツ→フランスといった具合に小さくなっていくようです。 きっと差が激しいんでしょうね。 もしかすると私と同じで、クローゼットはぎゅうぎゅう詰めだけど、着ているモノはいつも同じというダメダメパターンなのかもしれません。笑。 結局33アイテムぐらいしか着ていないカモ よく考えたら、我が家のクローゼットには着ない服が多いので、実際のところ33アイテムぐらいしか着まわしていないかも…っと思って、ここ1か月ほどで身につけたアイテム数を数えてみたところ、 トップス、7 ボトムス、5 ジャケット・コート、2 スカーフ、2 バッグ、2 靴、3 計23アイテム あれ?? 我が家の大量の衣類はいったい何のために存在するんだ!!! っと、自分に腹が立ってきて、逆333プロジェクトを立ち上げたのでした… 全て着るまでリピート禁止プロジェクト 名前ながっ。 同じ区分の衣類を1周するまでリピートしてはいけないルールです。 寝室のクローゼットから取り出した服を着て外出、帰宅後は空き部屋のクローゼットに収納するだけです。 ある区分で着るものがなくなったらその区分だけ一斉に寝室に戻します。 どんどんコーデが難しくなります。笑。 それがなんだか毎朝罰ゲームみたいな感じになっています。 実は開始前に、ほとんど着たことがない服などは、着るのが嫌で断捨離が進むのではないかと予測していたのですが、普通に着ています。 私の捨てられない病は深刻です。 今までほとんど着ていなかった理由は単に「お気に入り」に入っていなかったというだけでした。 そのうち嫌になって、衝動的にがーっと捨てられる日が来るかもしれないとうっすらとした期待を捨てず、しばらく続けてみることにします。
        • “消費・浪費・投資に分けて考える”のは、単なる「浪費」の先送り Saving_Money“消費・浪費・投資に分けて考える”というアドバイスを賢いお金の使い方系の記事でよく見かけます。 投資(とくに自己投資)ってさ、浪費だったことが後にならないとわからないだけじゃん?それって、浪費の先送りみたいなものじゃない? っというのが、率直な感想です。 私はトロいので、浪費と投資の区別が理解できないまま、とりあえず”消費”だけでも理解できるようになろうとしています。 3つとも曖昧なままに失敗するよりは、遅くても確実にゴールに到達したいのです。 “消費・浪費・投資に分けて考える”の一般論 まずは、一般論。 消費は、健康で文化的な最低限度の生活を営む為に使っているお金。 浪費は、今の生活を”最低限度”よりも豊かにするために使っているお金。(=ムダ遣い) 投資は、将来の生活をより豊かにするために使っているお金。(=リスクあり) 支出を上の3つの区分に分けて検証することで、ムダ遣いを明確に把握して、家計を改善させましょう! という考え方です。 改善させたいことがある場合には、まずは現状把握。 これは王道ですから、異論なし。 「消費」は、わかりやすい まず「消費」は、分かりやすい。 住むところとか、食べ物とか、身づくろいとか。 出ていったお金の内、生きていくのに必要不可欠だと思われるものにチェックを入れる。 それだけ。 こういうものを最低限と思われるところまで減らせば良さそう。 「浪費」を抑えて「消費」を増やしましょう、というような理論は「消費」の定義からしてあり得ませんし。 「浪費」と「投資」の配分が勝負どころ 支出から「消費」を差し引いた部分(=浪費+投資)が貯金的な勝負どころのハズです。 つまり、諦めるべきところ(=消費)はさっさと頭の中から排除して、どうにでも出来る「浪費」と「投資」の部分に集中的かつ効率的に取り組むことが3つに分けて考える時の肝ですね。 素直に読むと、次は、「浪費」を可視化することで、「投資」に差し向けやすくしましょう!というストーリーだと推測されます。 んがっ、ここで、おバカなワタクシは、いったん挫折。 「浪費」の先送りをありがたがる?? 「浪費」を「投資」に変えたところで、「今の浪費」が「将来の浪費」に変わるだけカモ。 例えば、株式投資は良い時もあれば、悪い時もある。 私は現時点でノーポジです。 元本に対して50%ぐらいの益が出た状態で手仕舞いしたのですが、感触的には10年に一時期ぐらいしかそんな機会は訪れません。 10年の一時期以外は、浪費だったことになりそうです。(単に下手なだけとも言います。) お金が必要になった時が悪い時だったら? それは、「浪費だった」ことになりませんか?? 自己投資に至っては、回収と利益をちゃんと確認できたことがあっただろうか? 大学院に行ったとか、英語が話せるとか、まぁ現在の収入アップに貢献しているでしょうけれど、じゃぁいくら差が出たの?? 数ある自己投資の内、回収出来た可能性が一番高い「大学院」と「英語」ですら、費用対効果が数値化できないのに、それ以外の記憶にもない自己投資は、振り返れば単なる浪費だったわけです。 これは正に「浪費の先送り」です。 ねぇ、「貯金」でよくない? う~。全然わからない~。 せめて今の「浪費」をありがたがることにした いや、私って本当に、お金のセンスがないんだろうな~っと凹みます。 “消費・浪費・投資に分けて考える”のは、家計の可視化の手法としては、問題点を的確に把握できるという点において、抜群に優れていると感じています。 但し、「浪費を先送りする意義」は、よくわからない。 来年は敢えて浪費予算(毎月£200の旅行代)を設けて、今の浪費をありがたがる戦術で行くことにしました。 「何が消費か?」を知っていることが大前提 もう一つ重要だと思うのは、この方法では、さっさと頭の中から排除されるべき「消費」の部分を適切に把握できる基礎家計力が養われていることが、成功条件であるようにみえます。 私は貯金初年はひたすら「最低限」を覚えるためのトレーニングをしました。 詳しくは、関連記事「結果的に効果的な”貯金方法”は1つだけだった」 これがかなり難しくて、まだまだ緩くて疎い部分があります。 このためいきなり”消費・浪費・投資に分けて考える”ステージに入るのではなく、 「消費」認知力を磨く(2014-2018) 「浪費」を意識的にありがたがる(2018-2020) 「投資」について学ぶ(2020~) というように、のらり、くらりとこの方角に進んでいこうと目論んでおります。 この考え方を使いこなせるようになるのは、おそらく早期リタイア後ですね… (ふと空を見上げるのでありました)

        筆者のリライト宿題帳

        • WP、JSON-LDで”BlogPosting”の構造化データ ワードプレスにJSON-LD形式の構造化データを投入しました。ブログ記事なので、タイプは、”BlogPosting”です。 “BlogPosting”参考資料 Googleの構造化データには多くの種類がありますが、ブログ記事なので、アーティクルの”BlogPosting”を使うことにしました。参考にした資料は、下記の3種です。 Google構造化データ、「Article」 Schema.Org、「Blog Posting」 ワードプレスCodex、「関数リファレンス」 構造化データ検証結果 一応、エラーも警告も出ておりません コード 今回投入したコードは、下記のとおりです。投入場所は、header.phpのheadタグ内です。 <?php is_single(); ?> <script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org", "@type": "BlogPosting", "mainEntityOfPage": { "@type": "WebPage", "@id": "<?php the_permalink(); ?>" }, "headline": "<?php the_title(); ?>", "keywords":"<?php echo get_post_meta($post->ID, '_yoast_wpseo_metakeywords', true); ?>", "datePublished": "<?php the_date(); ?>T<?php the_time(); ?>", "dateModified": "<?php the_modified_date(); ...
        • Twenty Seventeen、メインを大きく、サイドを小さく( 投稿ページ ) Twenty Seventeenの”投稿ページ”はサイドバーが妙に幅を利かせて、メインが窮屈ですので、CSSを修正しました。 固定ページの幅を修正したい方は関連記事「Twenty Seventeen、メインとサイドの幅を変更( 固定ページ )」をご参照ください。 “投稿ページ”の幅を変更、完成図 今回の変更イメージは下図の通りです。 メインがメインらしく大きくなっています。幅の指定は、好みに合わせて変えられます。 ステップ1、修正箇所を探す 結論から言うと、Twenty Seventeenのメインはid=”primary”で、サイドがid=”secondary”という命名でした。投稿全体の幅はid=”wrap”で1,000pxです。 調べ方は、まず、調整したい箇所のエリアのid(もしくはclass)を探します。 変更したいブロックの開始地点だと思われる語句を反転し→右クリック→検証 ステップ2、現在の指定値を探す。 次に”id=”primary”の幅を指定している箇所を探します。 この設定のように、サイドバーがあって、404エラーページではないページは、wrapの1,000pxに対して58%の幅で、左側にフワフワと寄るように設定されています。 右側のstyle.css?ver=4.8.1をクリックしてソースデータモードに切り替えます。 ステップ3、ソースモードで幅のシミュレーション 検証のソースデータモードで、幅を変えてシミュレーションしてみます。 Twenty Seventeenの場合は、Wrapに対する率で変更するスタイルです。 メイン:サイドの初期値は、58%:36%、私はこれを68%:26%へ変更しました。 ※100% – {68% + 26%} = 6%で、6%がメインとサイドの間の余白です。 ※合計が100%を超えるとサイドの方が下の段に移動します。 青色の部分が修正完了したコードですので、テーマにコピペします。 .wrap { margin-left: auto; margin-right: auto; max-width: 1000px; padding-left: 2em; padding-right: 2em; } .has-sidebar:not(.error404) #primary { float: left; width: 68%; } .has-sidebar #secondary { float: right; padding-top: 0; width: 26%; } ステップ4、修正をテーマへコピペ 上でコピーしたコードを、外観→CSS編集にペーストします。 とりあえず、これが一番簡単な方法だと思います。 余談、FC2、Seesaaで書いている他のブログと比較してみますと… 一番上のTwenty Seventeenは、wrapのwidth=904pxです。メインが押し潰されている感じがして息苦しく感じていました。 FC2でここ一年使っているテンプレート(メインブログ用)は、width=900pxで全体としてはあまり変わりませんが、メインが650px、サイド200pxなので、逆にちょっとサイドが狭いのです。 SeesaaのCustomise your Blog!は、width=960pxです。写真ブログにするために1カラムに仕立て直したものですが、1カラムだけに、メインが広々として、見やすいです。
        • 新しく追加されたGoogleページ検証ツール、”Audits”を試す ページ検証ツールのWhat’s Newにて紹介されていた”Audits”が面白そうだったので、試してみました。プログレッシブウェブアプリ、挙動(パフォーマンス)、アクセス性(アクセシビリティー)、最良事例(ベストプラクティス)の4部門に分けて、ウェブページの総合的な評価をしてくれます。 “Audits”とは Google Developers Update, New Audits panel, powered by Lighthouse The Audits panel is now powered by Lighthouse. Lighthouse provides a comprehensive set of tests for measuring the quality of your web pages. The scores at the top for Progressive Web App, Performance, Accessibility, and Best Practices are your aggregate scores for each of those categories. The ...