ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • “お金のかからない趣味”など、趣味じゃない!っと開き直る PS4 Controller現在、貯金中なので、何かにつけ節約してみようと試みています。最大の難関が、趣味で、”お金のかからない趣味”についての記事を見かけて、思わず食い入るように読んでみましたが、なんだか違和感が… お金がかからない遊びならたくさんあります。これはお金をかけないで、余った時間を潰す感覚です。 趣味はちょっと違います。 自分が好きで楽しくてやっていることなので、ちょっと凝ってしまったりします。 これはお金は脇において、限られた時間を有意義に過ごす感覚です。 これはあくまで個人的な感覚なので、世の中からずれちゃっているかもしれません。 お金のかからない趣味 他所で見かけた「お金のかからない趣味」のうち、下記の5つが私の趣味と被っています。 ウォーキング ヨガ 料理 読書/ゲーム/映画鑑賞 ブログ 下記は、青色枠内が世の中的な意見。枠外に私の注釈を書き添えました。 ウォーキング お金は全くかかりません。ただ歩くだけですから… 私の中では、ウォーキングがもっともお金がかかる趣味です。 私は野山を散策するために、バスや電車、時に飛行機を乗り継いで散策ポイントまで出かけます。毎回それなりにお金がかかりますから、月に1回に制限しています。 雨に降られたり、風に吹かれたりするので、全身ウォーター、ウィンドプルーフの装いで出かけます。宿泊日数によって大きさが違うバックパックを揃えたりと細々とお金がかかります。 ダイエットで近所を歩き始めた2年前、歩きやすい靴すら持っていなかったようなお家人間には敷居が高い趣味でした。 涙 ヨガ 息を吸ったり吐いたりしながらポーズをとるだけ、自宅で簡単にできます。 これは危険です。 ヨガは、怪我をしたり、身体を痛めたりします。 私のヨガの先生は、手首、首、膝、腰などの神経を痛める可能性がある部分だけではなく、筋肉、筋、内臓などに負担がかからないような正しい動きができるように口酸っぱく指導します。 アサナの部分だけでもかなり広範囲に勉強していました。 ヨガブロック、ヨガプロップ、ボルスターなどの道具を使って、負担を逃したりします。 家で自己流にやるなんて、怖過ぎる… 料理 自分で作った方が安くて美味しい。浪費としてお金がかからないどころか消費の節約にもなる。 自炊する人はそうかもね。 料理も道具やら材料やら、初心者には物入りな趣味です。 同じメニューなら外食やお弁当の方が安くつく。というのが率直な感想です。節約のために始めたものの、初期投資だけじゃなく、つねに外食以上にお金がかかるので、節約としては止めてしまいました。 趣味としてボチボチ続けていますが、少しずつしか広がりません。 長い目線で見れば、生涯トータルでは”お金のかからない趣味”だろうなぁ〜。 読書/ゲーム/映画観賞 無料の作品がインターネット上に転がってますよ! う〜ん。 そうなんだけど… (この辺から違和感の元が明確になってきます) 趣味での読書/ゲーム/映画鑑賞は、読んでいることが楽しい、遊んでいることが楽しい、見ていることが楽しい、という「行為」が気に入っている部分もあるでしょうけど、その世界を知るにつれ無料かどうかに関わらず「あの作品が見たい」というような気持ちが沸き起こってきませんか? 最近友人が、モンハンワールドのために、PS4、ヘッドセット、ゲームソフト、PSプラスを買い揃えました。私の同僚はこれにさらに4Kスクリーンを買っていました。 モンハンがコンソールを変えるたびに、買い揃えた結果、ゲーマーばりにゲーム道具があると笑っていました。 モンスターハンターにいたっては、自らをゲーマー認知していないのか? 「無料だから」遊ぶというのは、ヒマつぶしにはいいかもしれませんが、趣味には物足りない気がします。 ブログ 無料のプラットホームで簡単に始められます。ともすれば友達ができたり、お金が稼げたりしますよ! そうなんですよね〜。 無料のプラットホームがたくさんあるし、うまく収益化してる人たちがたくさんいます。 私はね… レンタルサーバー借りて、ワードプレスで収益化なしのブログを運営していましたが、関連記事「開き直ってよかった、”収益化をしない”のにワードプレス」でも書いたように、趣味だから他の人の逆を行っても恥ずかしくない!っと開き直っておりました。 最近になって、ようやくアドセンスを始めたのですが、お金を頂戴していると思うと、身が引き締まります。趣味とは言え、たまには自分にプレッシャーをかけた方がいいのかも。 趣味だからこそお金をかけたくなるものだ! たとえ本来は「お金のかからない趣味」だったとしても、「趣味だからこそお金をかけたくなるものだ!」っと開き直りつつ、節約上手さんたちはこういうところで差をつけるのよね~~っと、割り切れないでいるのでした。
        • “FC2ブログ”からワードプレスへ引っ越した理由 Movingワードプレスでボツネタブログを立ち上げた後もずっと”FC2ブログ”(無料版)をメインに据え続けた理由は、突き詰めてしまえば、それが最初のブログだったから。センチメンタルな理由でした。 このセンチメンタルな理由、なかなか強くて、大好きなFC2ブロガーさんがブログをお休みしてしまったことが最終的な引き金となりました。 今回は、趣味でブログを書くという観点から、「お金がかからない趣味(FC2)」から「お金がかかる趣味(ワードプレス)」へと変わってしまってもワードプレスが良い理由を記録に残しておくことにしました。 ワードプレスが他と代えがたい点 飽くまで趣味ブロガー目線ですから、一般的なワードプレスの利点とは全く違います。念のため。 リビジョンでバージョン管理ができる 私は作文が下手です。 手直し・書き直しが非常に勉強になるので、公開した後、何度も書き直しています。 ワードプレスには、リビジョンという機能がついていて、過去のバージョンをすべて残すことができます。記事間の差分もハイライトしてくれます。これは学習者にはとてもありがたいツールです。 自分がかつて書いた文章をバッサリ切り捨てるのに心理的抵抗があったのですが、リビジョンに残っているという安心感があるだけで、かなり思い切って書きかえるようになりました。(たんなる「捨てられない」貧乏性??) 関連記事「リビジョンを削除するプラグインを削除した理由」 SEOプラグインの作文指導 私は、YoastというSEOプラグインを使っています。パンくずリストを入れたくて使い始めたのですが、なんとコンテンツ分析・指導もしてくれます。 タイトルが短すぎる 見出しがない キーワードがはいっていない 画像がない 内部・外部リンクがない 云々。 細かすぎてウルサイのですが、これがトレーニングになります。 Googleはずっとコンテンツを充実させましょう!っと口酸っぱく言っているので、このSEOプラグインもユーザの為になる良いコンテンツとは何か?のツボを抑えて確認してくるのです。 モノグサな私には、こういう細々と気づいて指摘してくれるプラグインがピッタリ。 関連記事「“Yoastメタボックス”に記事の書き方を学ぶ」 個別記事のメタディスクリプションを設定できる メタディスクリプションは、Googleなどの検索結果のスニペット(ページ説明)の部分に表示されやすいページ毎の要約文です。 ワードプレスでは、「抜粋」や「カスタムフィールド」を利用してメタディスクリプションを記事とは別に作る環境が整っています。(私はYoastのフィールドを使っていますが、Yoastも設定で「抜粋」や「カスタムフィールド」を利用することができます。) FC2では、テンプレートをカスタマイズして「記事の冒頭の200文字」などをメタディスクリプションに指定することができますが、リード文にふわっとしたゆるさを持たせたいタイプのブロガーさんだと、検索用のぎゅっと要約されたメタディスクリプションを別に準備したくなるっぽいですよ。 趣味で書いているブログなのでクリックされなくてもいいのですが、(かなり面倒くさいけど)要約文を書くと本文に関係がない文章を間引きやすくなるから書いています。 関連記事「“メタディスクリプション”は、めちゃめちゃ大事だと思うよ」 カスタマイズがやりたい放題 https化、 AMP化、 (JSON-LDなどの)構造化データ投入、 php編集、 充実したプラグイン、 サブドメイン・サブディレクトリサイトの立ち上げ、 あちらこちらのブログからの引っ越し、 などなど、 何気にいろいろ試しました。(素人なので大したことはできていませんが…) たのし~。 FC2では、無料版でもHTMLとCSSなら、ほぼ自由にカスタマイズできます。 無料版の唯一の指定が「広告コード」。 自分で書き起こしたテンプレート(HTMLとCSS)を試したりして、とても楽しかったのですが、物足りなさは残っていました。 ワードプレスには、手に負えないほど出来ることがある! これは大きな魅力です。 趣味だから、お金払ってでもやるんです。 関連記事「開き直ってよかった、”収益化をしない”のにワードプレス」 さようなら、FC2ブログ 先週FC2からワードプレスへの引っ越しを終えたばかりなので、これはちょっとした寂しさをまぎらわす追悼記事です。絶賛ホームシック中。 収益化のためにワードプレスを選んだブロガーさん目線では、「大分間違っている」かもしれませんケド。 書きたかったの。 お別れ記事。 さようなら、FC2。
        • 祝!300記事、”テーマ”(主題)に沿って書く Penrose_Stairs当ブログ、何気に10,000記事を目標に記事を書いているのですが、やる気があるのか、ないのか、数がこなせていません。 前回の201記事目(9月27日)から300記事目(翌2月28日)まで実に5か月かかっています。この調子だと、10,000記事に到達するのは42年後。 え~。 私、生きているかな?? テーマ記事とブログ村 そういえば前回、200記事目のマイルストーン達成記事を書いた後にもちょっとした危機感を感じて、節約・貯金のテーマ記事を100件ほど仕上げようとしたのでした。 結局飽きちゃって、50記事で断念したものの、その50記事は1か月ほどで仕上げたので、なかなかいい調子だったのです。その調子で書き続けられれば、12年ほどで10,000記事に到達します。 いや、仕事しながら、ゲームしながら、ブログを毎日2記事書くのは至難の業ですから、継続的にやるのはムリとして… 年に数回、テーマを持って、ブログ村で毎日更新しなきゃいけないような気分にさせられながら記事を書くのがよさそうです。 っと、何故か、自分を追い込んでみるのでした。 ブログ村のカテゴリーの一覧を眺めると大枠のテーマを決めやすくていいですね。 “テーマ記事”のいいところ 説明ベタの私がブログを書いている理由は、作文の練習です。 良い文章を書く為には、読者を意識して、満足していただけるように工夫することが最も効果的です。 (当たり前?) 読者を満足させるには、読者が読みたいものを書く。 マーケティング的には、対象の感情に訴求する方向と、対象が受ける実利を訴求する方向があって、いい塩梅に混ぜていく必要があるのですが、当ブログは基本的に検索流入の読者しか来ないので、実利を訴求する方向を重視しています。 しかし、「ウラとボツ」などという変な名前の雑記ブログは、ブログそのものにはテーマがありません。 得られる実利はここにはありません。 せめて各投稿単位でテーマを持って、記事毎に得られる情報を明確にするぐらいの事しかできません。ブログ飯的なダメな例の典型です。 ところがブログ単位でのブランディングをスッパリ切り捨てて、記事毎に一つのテーマで書くことに集中できるようになってから、訴求相手をイメージしやすくなりました。 これがかなり作文の練習になっています。 普通のブログ飯の人たちからすると、目標低すぎでしょうけれど、いいんですよ、マイペースで。 次のテーマは「英語」系 イギリスで海外赴任中なので、ネイティブの英語に触れる機会が多いので、たまに英語記事を書くのですが、これらは競争が激しいのか、検索表示→ページ流入のクリックスルーがかなり低いです。 いつもがっかりするので、あまり書かなくなってしまっていますが、ボツネタがたっぷりあります。 作文練習にはもってこいなので、グーグルの評価を落とすことになろうとも、今回はこれで行きます! またブログ村にお世話になって、毎日更新しなきゃいけないような気分にさせられながら次の100記事を書きあげる心の準備をしております。 ボツネタ消化進捗 300記事達成時↓ 2018年3月1日現在、公開済み300、下書き2,375、全記事数2,675。 200記事達成時↓ 2017年9月27日現在、公開済み200、下書き1,180、全記事数1,380。 100記事達成時↓ 2017年6月10日現在、公開済み100、下書き1,184、全記事数1,284。 ボツネタが爆発的に増えました! 理由はメインブログを引っ越してきたからです。 「外国人ライフ」は、長きに渡りnoindex、nofollowで、閲覧できるけど知る人ぞ知る的なステータスで細々書いていましたが、なんだかFC2ブログにログインするのが面倒くさくなったので、思い切って引っ越し、統合しました。 「ウラとボツ」の品質基準に準拠していないので(←)、すべて下書きです。 ココにも英語ネタがそれなりにあるので、ボチボチ拾っていこうかと思います。 笑。
        • リビジョンを削除するプラグインを削除した理由 Wordpress Revisionワードプレスには、”リビジョン”という各保存時のデータを保管してくれる機能がついております。 「リビジョン」という自分で保存ボタンを押したときのバックアップデータ以外に「自動保存」という1つの投稿・固定ページに一つだけワードプレス側で定期的に上書きしているバックアップデータの2種類が存在します。 ワードプレスでは両方のバックアップデータを最新版かどうかに関わらず比較することができるようになっており、差分はハイライトしてくれます。見比べながら書き直しが出来て非常に便利です! ワードプレスのリビジョンの活用 リビジョンとは、先に述べた通り、各保存時のデータの版をバックアップしてくれる機能で、リビジョン(自己保存)と自動保存の両方のリビジョンがバックアップされます。 上の図では、「2つのリビジョンを比較する」にチェックフラグを指すことで、最新版ではない2つのリビジョンを比較しています。単に最新版と比較する場合はフラグを指さないで、丸ぽちを左右に動かすことで比較したい過去バージョンを選択できます。 差分はハイライトしてくれるので、見比べてどっちがいいか吟味できます。しっくりこない時は、前の版に戻すことも出来ます。 1つの記事を何度も最新情報に更新したりする場合など、取り消し線を引きまくるとわかりにくくなるので、マルっと書き直しつつも、以前の版を参照することができるので、非常に便利です! “リビジョン”と”自動保存”の違い Wordpress Codex、「Revisions」によると、リビジョンは自分で保存ボタンをポチッとした後、作成されます。 自動保存は、1分ごとにバックアップを取るものの、一つのファイルが上書きされるので、一つの記事に対して1つだけ作成されます。そして自動保存はなにやら特別なタイプのリビジョンらしく、最終保存後に更新された情報があったとしても、最終保存時の情報が優先して公開されるらしいです。 ふむふむ。 リビジョンを削除する理由 ところで、リビジョンを削除する理由ですが、一般的には、データベースに不要なファイルが蓄積されないようにして、サイトスピードやパフォーマンスを上げる為っぽいです。 私は、うっとうしいからです。 上の図の記事などは、全部で15リビジョンです。 保存ボタン、押しすぎです。 一気にがーっと書けばいいのに、ダラダラ書いているので、こんなことになります。 比較するにも、まずコアな変更があったリビジョンを探すところからスタートせねばなりません。 そして、残念ながら中間のリビジョンを削除する術を知りません。 それで、自動的にリビジョンを削除するプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」をインストールしました。かなり細かいところまで削除の「条件」を設定することができて、おススメです。 但し、どのリビジョンを削除するかを手摘みで選択して取り除くことができませんでした。そうやっているうちに2つのリビジョンを図の様な方法で選んで見直すのになれちゃいました… ゴミと暮らす生活。 みたいな感じ? リビジョンを削除しないことにした理由 一周回ってデフォルトに戻る。 ワードプレスで頻発しています。 リビジョンを削除したり、自動保存を停止したりする方法はたくさんあるみたいですが、私はよく記事の手直し、情報追記を行うので、リビジョンは残っていた方がいいという結論に落ち着きました。 変えた後で、しっくりこなくても、前より読みやすければ良しとする。みたいな自己満足に非常に役立っています。
        • FC2″無料ブログ”から、ワードプレスへ引っ越しする moving from FC2 to wordpress記事799件、画像ファイル1,083件、FC2の”無料ブログ”から、下書きステータスでワードプレスへと引っ越しました。 カテゴリー40件(タグ700件)は、あらかじめ削除してから移行しました。 コメント467件をどうするか悩みましたが、読み返すと懐かしさが溢れてくるので、こちらは残すことにしました。励ましのコメント、アドバイスの数々、ありがたいものです。 これでメインコンテンツが裏話とボツネタに格下げされ、「ウラとボツ」だけのゆるさ極まりないブログになってしまいました。今後ともなにとぞよろしくお願いします。 FC2記事のダウンロード 私は引っ越しというか、既存のワードプレスブログとの統合なので、2つのブログのカテゴリーやタグを整理するため、FC2側のカテゴリー情報は削除してから、記事をダウンロードしました。 ①と②は、それぞれのページで削除しまくっただけです。 ③のデータバックアップを押すと、上の図のエクスポートの画面に遷移するので、④で「全ての記事」をダウンロードしました。 ダウンロードされた記事のテキストファイルを修正する 次にダウンロードされた記事のテキストファイルを開き、中のデータを洗い替えます。 Windows 10をお使いの皆さん、置換は「ctrl + h」です! 今回私が1番苦戦したのは、このコマンド探す部分でした。苦笑。 「STATUS: Publish」を「STATUS: Draft」へ置換 ①の記事のステータスについては、変えなくてもいいのですが、個人的に「下書き」としてアップロードした後、リライトしながらボチボチ公開していくことにしたので、「下書き」にしました。 画像ファイル名のドメインを変更する ②は「http://元のサブドメイン.blog.fc2.com/img」を「新ドメイン/wp-content/uploads/アップロード年/アップロード月」へ置換する。 画像ファイル参照先のドメインを変更する ③は「http://blog-imgs-73.fc2.com/l/a/g/元のサブドメイン」を「新ドメイン/wp-content/uploads/アップロード年/アップロード月」へ置換する。 数字の部分が曲者で、私の場合10数種ありました。 「—–EXCERPT:—–KEYWORDS:」を「」に置換する ④はワードプレス側に余分なカスタムフィールドが入らないように「抜粋」と「キーワード」を削除。 非公開コメントの削除 ⑤は非公開コメントは、6件しかなかったので、あらかじめ削除してからアップロードすることにしました。「SECRET: 0」を検索(ctrl + h)して、関連箇所を削除します。 記事内、内部リンクのリンク先変更 ⑥記事内の内部リンクも参照先が変更されますので、「href=”http://旧ドメイン.blog.fc2.com/”」を「href=”https://新ドメイン.com/”」に変更しておきました。私の場合、新規で登録するわけではないので、今更FC2のblog-entry-XXXスタイルのスラッグを採用するつもりもありませんが、ドメインが変わっていると404エラーなどのリンク切れレポートが新サイト側で検知できるので、なんとなく変えておきました。 但し、これ順番が大事!、②、③の後です。 「border=”0″ 」を「」に置換する。 ⑦は、ほんのついでです。FC2では画像入れるときに枠線なしを指定する属性がムダに入るので、この部分は取り除きました。 記事をワードプレスへアップロードする ワードプレス側に、記事をアップロードする場合は、ツール→インポート→「Movable Type と TypePad」です。理由は分かりませんが、皆さんこれの様です。 画像ファイルをダウンロードする 画像ファイル、めんどくさかった〜。 画像ファイル1,083件を移行するのに、2時間かかりました。 まずダウンロードです。ファイルが100件ずつに分かれてフォルダーに保存されています。保存されたファイルの量にもよりますが、私は12回に分けてダウンロードしなければなりませんでした。 ダウンロードが始まると、新しいタブでウェブページが開き、どんどんファイルが表示されていきます。どこか写真以外の空白の所で右クリックして、「名前をつけて保存する」を選ぶとローカルファイルとして保存することができます。この時ファイルタイプが「ウェブページ、完全」になっていればすべてのファイルがダウンロードできる状態です。 画像ファイルフォルダからサムネイルファイルを取り除く 1つのフォルダの100件のファイルのうち、概ね半分はサムネイルファイルです。アップロード後、ワードプレスでもサムネイルファイルが自動生成されるので、同じ画像が更に増殖します。というわけで、ダウンロードホルダーの中のサムネールファイルは削除してからアップロードしました。 ワードプレスに画像をアップロードする デフォルトのアップローダーでは、1回に128MBまでアップロードすることができます。FC2のファイルも12分割されているので、都度ポイポイ放り投げるだけでした。

        筆者のリライト宿題帳

        • Yoastの”ヘッダーメニュー”が使いやすくて、ツボ! ワードプレスのSEOプラグインYoastでは、色々なことができるのですが、”ヘッダーメニュー”の使いやすさがツボです! 編集中に使うのは「キーワードのリサーチ」 記事作成中に「キーワードのリサーチ」から新しいタブで「Google Trend」の検索結果へと遷移できます。外国暮らしが長くなり日本語が覚束なくなってきたのでGoogleトレンドで、どの単語が最もしっくりくるのかを調べるのにすごく役立っています。 本来のSEO目的からは離れていますが、便利です。 SEOメニューの方は、設定画面に新しいページを開かずに遷移するので、編集中には殆ど触りません。 投稿後に使うのは「このページを分析する」 記事の投稿後のページでは、上記の2つのメニューに加え、「このページを分析する」の各種メニューが追加されます。 私がよく使うのが、オレンジ部分です。 ブログのカスタマイズ後に、投稿にエラーが出ていないかどうか確認するときに最も便利なのが、「HTML Validator」と「CSS Validator」です。 見た目には崩れていなくても、文法的にはエラーの場合がよくあります(初心者なので)。 新しいプラグインを入れた後に念のため追加で確認するのが、「Google Page Speed Insight」と「モバイル対応テスト」です。この辺りはサーチコンソールでエラーレポートが出ないので、自分で探しに行く必要があります。 ※何故か「モバイル対応テスト」だけ、自動でURLをコピーして検索をかけてくれないので、URLをコピーしておく必要があります。 最後に気が向いたら、「構造化データテスト」も試してみます。 これはサーチコンソールにてエラーレポートが出るので必ずしもYoastからテストする必要はありませんが、カスタマイズ直後にパッと確認したいときにはやはり便利です。 唯一残念なのがAMPテストがついていないことです。Yoast Glueを入れたら追加されるのかな?っと期待していたのですが、つきませんでした。笑。 テーマやテンプレートのカスタマイズをしない人にはあまり関係がないかもしれませんが、お便利機能なので、Googleトレンドだけでも試してみてはいかがでしょうか?
        • 欧州”Cookie法”の同意確認用コードをワードプレスにつける 欧州には”Cookie法”があって、サイト訪問者にCookie使用の同意確認を求めなければなりません。 欧州在住者なので、知っていてやらないのも気が引けます。Googleのサイトで紹介されていた「Cookie Consent by Silktide」で確認コードを作成し、header.phpにコードを追記しました。 Cookie Consentとは Google、「ウェブサイトやアプリのユーザーから Cookie 使用の同意を得る」 同意を得る重要性 ヨーロッパの法律では、サイトやアプリで Cookie などのローカル ストレージを使用する場合は、その情報をユーザーに提供することが義務付けられています。また、多くの場合で Cookie の使用に関する同意をユーザーから得ることも義務付けられています。 このサイトは Google が制作したものです。Google では多くのサイト運営者やアプリ開発者と仕事をしてきた経験があり、ユーザーの同意を得るという法的義務を果たすための簡単に導入できるツールを提供することで、そうしたパートナーを支援したいと考えていました。 Cookie Consent by Silktide 今回使用したのは、Cookie Consentby Silktideです。 ウィザードの操作は非常に簡単で、1~6に従って、表示の位置、形、文言を設定し、右側にできてくるコードをheader.phpの</head>の内側に書けば終了です。プラグインを入れなくても済みました。 今回のコード <link rel="stylesheet" type="text/css" href="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/cookieconsent2/3.0.3/cookieconsent.min.css" /> <script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/cookieconsent2/3.0.3/cookieconsent.min.js"></script> <script> window.addEventListener("load", function(){ window.cookieconsent.initialise({ "palette": { "popup": { "background": "#000" }, "button": "background": "#f1d600" } }, "theme": "classic", "position": "top" })});
        • ワードプレスの”パーマリンク”は、毎日1英単語のいい学習法 イギリス赴任中なのに、英語の勉強をしていないダメ駐在員です。英語圏に住んでいる事が既にスパルタトレーニングなっている!っと、開き直ってはいるものの、心の底でちょっぴり罪悪感を感じていたりします。 ワードプレスの”パーマリンク”決めは、そんな罪悪感を取り除いてくれました。 毎日1英単語 ワードプレスでは、自分でパーマリンクをつける事が出来ます。下図のオレンジ枠の部分です。 眺めてみると大した言葉は使っていませんが、何気に毎回悩みます。 簡単な言葉にしようとすればするほど、悩みます。 これがとてもいい勉強になっています。 例えば、「開き直る」をどう英単語に翻訳するか、記事を書く以上に悩みました。 私は「開き直り大王」かのごとく開き直ってばかりいるのに、英語にできないのです。 ん~。私は開き直り大王です!って、自己紹介できないじゃない? 結局この時は、当てはまる表現を探すのを諦めて、勇気を出して飛び込む(plunge into)にしました。 次の機会にはもっとしっくりとくる言葉を探すぞ~っと、ちょっぴり次の開き直りを心待ちにしていたりします。 知らない単語に落ち着くこともあります。 浪費(=squandering)は、パーマリンク設定の時に初めて知った単語です。 普段は新しい単語を覚えても、すぐに忘れてしまうのですが、パーマリンクに使うとアナリティクスやサーチコンソールで時折見かけますので、いつの間にか覚えてしまいます。 その記事を代表する単語を1語選ぶだけですが、単語が見つからない事もあります。 記事が上手くまとまっていない時に起こります。 そういう時は、言いたいことを探し直し、記事を書きなおしたりもします。 たった1単語探すだけですが、なかなか難しくて、ハマっています。