ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • Twenty Seventeen、巨大すぎる”アイキャッチ画像”を非表示にする Tobi Kadachiワードプレスの2017年のデフォルトテーマ「Twenty Seventeen」、好きなんですけれど、投稿とページに表示される”アイキャッチ画像”は巨大すぎて現実的に使えません。 というわけで、取り除きました。 子テーマにheader.phpをコピーし、single-featured-image-headerのブロックを削除するだけです。 これで、アイキャッチ画像を他の用途に使用できるようになりました! スッキリした~!!! 巨大すぎる”アイキャッチ画像” どれだけ巨大かというと、ページトップ(スクロールしなくても見える範囲)に収まらないぐらい巨大です↓ これは、事故的な何かかしら… 兎も角も、これを取り除くために、Twenty Seventeenの親テーマからこの部分のコードを探します。 single-featured-image-headerというクラスで、mastheadというidの下あたり。header.phpにいました。 次に、header.phpを子テーマにコピーして、当該部分を子テーマにて取り除きます。 場所は↓ 外観 → テーマの編集 → 子テーマを選択 → header.php それだけ。 編集後記 Twenty Eighteen、出ませんね~。 テーマを変えるの楽しみにしているんですよね~~。 もうすぐテーマを変えちゃうから… っと、カスタマイズを凍結して半年以上たちました。 本件も作業自体は簡単なんですが、同じ理由で着手していませんでした。 カスタマイズすればするほど新しいテーマでの確認事項が増えますからね。 Twenty Seventeenのアイキャッチ画像が非常識だったので、次のテーマも非常識でも不思議ではなく、これを触るのは気が引けていました。 でも、ブログカードとか、OGPとか、他のいろいろなことに影響するのでアイキャッチ画像はできるだけ早く運用に取り入れたいですよね。 (実は、最近お絵かきデビューしたので、画像を使いたくて仕方がないだけなんですけれどね。)
        • 知らなかった~!ワードプレスの”ブログカード” wordpress_blogcard_image_and_excerptはてなブログの”ブログカード”って、なんか素敵で羨ましいなっと思っていたのですが、なんとワードプレスにも似たような機能があったのでした! ワードプレスのブログカードは、「投稿」と「ページ」に対応できる模様。方法は、単にURLをコピペするだけ。 記事タイトル、抜粋、アイキャッチ画像、ブログ名、ファビコンのセットです。
        • 非居住者への”マイナンバー”発番 sakura日本人はみんな持っている”マイナンバー”、私は持っていません。 長らく日本で暮らしていない人は、みんな持っていないカモ。 日本の新常識なのに知らないことがたくさんあり、”マイナンバー”もその一つです。どうやら社会保障・税番号であるらしいです。 税金はずっと居住国に支払っていますから、税番号がなくても困りませぬ。でも、社会保障費はずっと日本に支払っているのに番号がなくても大丈夫なのかしら?? ちょっぴり心配になります。 というわけで、長期非居住者で、”マイナンバー”をまだ持っていない人のメモです。 非居住者の”マイナンバー” サイト毎に情報が違う部分があって、混乱するので、出来るだけ大元のURLを拾ってみました。 内閣府サイトのQ&Aページ 内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 社会保障・税番号制度 > よくある質問(FAQ) (2)マイナンバー(個人番号)に関する質問 Q2-8-1 海外在住ですが、通知カードは送付されますか? A2-8-1 国外に滞在されている方などで、国内に住民票がない場合はマイナンバーが通知されません。 日本国内に転入し住民票が作成されれば、通知カードが送付されます。(2015年12月回答) Q2-8-2 海外勤務者(住民票を持たない非居住者)で、マイナンバーが付番されない場合、社会保険等の特別加入においては、非居住者としてマイナンバーは記載しないでよいでしょうか。 また、本人は海外勤務で、家族を日本に残していく場合はどのような対応をしたらよいでしょうか。 A2-8-2 住民票を除票して海外に転出した人にはマイナンバーは付番されません。このため、この間にマイナンバーが必要となる手続きをしなければならない場合は、空欄で提出してください。マイナンバーがない人の場合、記載の義務はありません。 また、本人が海外に単身赴任をした場合、本人のマイナンバーがなかったり、凍結されたりしていても、国内に居住する家族にはマイナンバーが付番されます。家族のマイナンバーが必要な場合には、本人が確認して会社に提供する義務があります。(2015年9月回答) なるほど。 社会保障はマイナンバーを持っていない人は空欄でよい。 違反とかにはならなさそうなので、ひとまず胸をなでおろしました。 ところで、番号は空白でよいという事は、社会保障費の納付記録がデータベース等に保管されたりしていないって事かしら? こういうこと、日本に住んでいる人はみんな知っているんだろうな… 私の場合、本帰国して日本に住民票を入れない限りマイナンバーが発番されることはなさそうですし、メモだけ残して先送りにします。 ホホホ。
        • 退職後やりたい100のこと、巷の”連休イベント”に参加する PS4 Controller今日からイースターホリデーで、4連休です。私にとって”連休イベント”と言えば、新しいゲーム。 もう2か月ほどほぼ毎日遊んでいるのにまだまだ遊ぶ余地の残っているモンハンワールドを続けるか、日本にしか売っていない為遅まきながら前回の帰国時に買って帰って来たドラクエ11を始めるか、答えが出せなくて、ちょっとブログで息抜きをしています。 「貴重な機会」 イースターは地味なイベントですが、世の中では、いろいろな連休イベントが開催されておりますが、あまり行ったことがありません。 興味がないということもありますが、その前に、連休と言えば、新しいゲームを開始してもしばらくハマれる「貴重な機会」。逃す余地がありません。 早期リタイアしたら、ゲームはいつでも存分にハマれるようになりますから、巷の”連休イベント”が季節限定の「貴重な機会」に思えるようになってほしいものです。 要は、時間貧乏なだけですけど、時間が増えるだけで、現時点で優先度が低いいろいろな事に目を向ける心の余裕が出るといいな…
        • 直に”カスタマイズしたプラグイン”は、更新しない! AMP head「またやってしまった」って感じです。ワードプレスのプラグインに子テーマを作る方法を知らないので、プラグインの編集で”カスタマイズしたプラグイン”は、更新を読み込まないようにしています。 それなのに、一括更新で、うっかり上書きしてしまいました。 プラグインは基本的にカスタマイズしないでいいように根気よく最適なものを探すべきなんですが、AMPばっかりは代替品がみつからず… カスタマイズしているプラグインは1つしかないんだから、覚えようよ。私。 しかもカスタマイズ記事を書いていないので、どんな作業をしたのか、忘れてしまっています。 しょっく。 警告: 使用中のプラグインへの変更は推奨されません えぇ、知っていますとも。 テーマは、子テーマを作ることで、親テーマの更新を取り入れた後も自分のカスタマイズを残すことができます。しかし、プラグインには子テーマを作るという概念はありません。 でも全くカスタマイズできないわけではなくて、やろうと思えばできる環境があります。 ただ、プラグインの更新をインストールしてしまうと新しいファイルで上書きされます。 さようなら、私のカスタマイズ。 一応、推奨しない旨の警告がでていますが、カスタマイズが避けられない場合って、ありますよね。 AMPページへの広告コード挿入とか。AMP用の広告コードを投入できるプラグインみつからないし。 Accelerated Mobile Pageは、軽い版のテーマ AMPは、プラグインでAMP化しているのですが、これモバイル版サイトの一種なので、スピードアップするために軽量化されたサイトとはいえ、パソコン版のテーマと同等にユーザの目に触れます。 したくなるでしょ。 カスタマイズ。 最初の頃は、カテゴリーツリーを入れてみたりと、いろいろ盛っていたのですが、間違って更新してしまう度に、少しずつ止めていき、今となっては広告コードだけ。 久しぶりにパソコンを開いたら、何だかAMP広告の表示件数が激減していたので、ソースデータ調べたら、広告コードが入っていませんでした。 すぐにピンときましたね。 いつもの、あれか… って感じです。 headの更新場所メモ プラグインAMPのheadエリアは、 プラグイン → プラグインの編集 → 右上でプラグインを選択 → カスタマイズするテンプレートを選択 → templates → html-start.php ※私はこのbodyの直下にもう一つコードを入れる。 YoastのGlueというプラグインを入れれば、大枠のデザインやCSSはツール画面で変更できるようになります。 しかし、HTMLを書き換えたい場合、今のところほかの入れ方を探すよりこれが手っ取り早くてfunction.phpなどの書き方を勉強するのを避けています。 解決はしますが、非推奨です。 笑。

        筆者のリライト宿題帳

        • 人間は”じゃれて”いてもかわいくない? 先日、知り合いと歩いていたら、犬と猫が種族を超えて”じゃれて”いる光景に出くわしました。 「なんだか和むね~。」という友人。そこで止めておけばいいものを、「人間がじゃれていると、イラッとするからね~」だそうです。 失笑 日本人の対人距離 悪乗りして、「人間もチュウバッカーレベルで毛むくじゃらだったら、かわいいかもよ。」って言ったら、気持ち悪いと怒られてしまいました。 インド人は、男性同士でも手をつないで歩いているのをよく見かけました。 彼らにとっては、普通につるんでいるだけで、特別な意味もなく、くっついているらしいです。 イギリス人は、対人距離を十分に取ってくれる人と、妙に近い人が半々で、個人差がありそうな気がします。 もしくは、心地よい対人距離なのだけど、背が高い人が多くて、威圧感があるのかもしれません。 日本人はどちらかというと対人距離が広めな気がするんですよね~。 ま、他の動物は、じゃれていると手放しで羨ましいけど、人間がくっついていると羨ましさがヤキモチレベルに上昇しているっていうだけかもしれませんけどね。
        • 経営者と投資家と会社員、私は”会社員”が一番気楽かも? ピケティ―の「21世紀の資本」が流行っていた頃、本自体には全く興味が湧かないのに、この本の読者層がどんな人達なのかに興味がありました。 読者層は、経営者なのか、投資家なのか、会社員(労働者)なのか? 投資関係のブロガーさんたちが、この本に絡めて盛んに投資を進める中、ピケティ―本って、税制改革の話じゃなかったのかしら?なんて思いながら、私は”会社員”が一番気楽だからいいや~。っと他人事でした。 私は、「資本税」でも「奢侈税」でもなく「消費税」増税が平等だと思います!(←脱線) 経営者には、なれそうにない 代々経営に携わっているお家の方々にとっては普通の事なのでしょうね。 会社員の家に育って、会社員になった私にとっては、経営や投資のストレスの方が、勤め人のストレスより重く感じます。 最も敷居が高く、覚悟がいりそうなのが、「経営者」です。 以前、起業を考えた(妄想した)事があります。 自分の好きな事、 得意な事、 ニーズ、 参入障壁、 法規制・登録・許可・免許申請、 初期資本、 損益分岐条件、 回転率、 収益性… いろいろ考えて、こんなの心が持たない!面倒臭がり屋のやる事じゃない!という結論に至りました。 想定する事業規模が小さいためか、どう考えても厳しかったのは人力•人件費でした。 さんちゃん企業というのは、うまくできているな!とひしひし感じました〜 自分じゃない人に気持ちよくパフォーマンスを上げてもらう事の難しさは今の仕事で叩き込まれています その上更に抱える負担の事を思うと、逆に勤め先の経営者一族に深い敬意を感じるに至ったというね… 投資家にも、なれそうにない ちょっとだけ株式投資をしていた時期がありました。 投資は趣味の範囲で、お気楽・マイペースに「楽しむ」ものでした。 本業があって、支えが効くから楽しめるのであって、全力でそれで食べていくなんて、想像がつきません。 日本企業の個別株投資は、送られてくる株主通信を会社のプレゼン資料のお手本にしていました。 題のつけ方、表の記述法、様々なタイプのグラフ、セグメンテーションの仕方、戦略の考え方、いろいろ詰まっていてとても面白かったのです。 他業種の報告書はとても新鮮に感じましたし、他社の懐事情を覗き見るもの面白かった! 財務関係の資料の見方が分かり始めると、それまでただ経費を精算してくれていた人たちが、数字の魔術師のように見えてきたり。 相場やチャートについて知るにつれ、個性的な株ブロガーさん達の戦術やリスクの取り方などにドキドキさせられましたし。 長期のトレンドやマクロ経済と相場の関係などの解説を読むのも楽しかったな~。 でも、これに依存した人生設計なんて、怖くて無理。 趣味で楽しめる範囲に抑えておきたい分野です。 勤め人がいい、とは言いません。 気苦労が絶えません。 体力的にもヘロヘロです。 それでも、勤め人が一番気楽だしな~。 経営者にしても、資本家にしても、技能としての胆力が求められる専門職みたいなもので、私には向いていないと感じるだけです。 格差は開くばかりかもしれないけれど、だからと言って自分が持っているものが減るのかしら? なんて、想像力の乏しい私が、経営者や資本家側になって居心地がいいとはどうも思えないのでした。
        • インドの世界遺産”タージマハル” (アグラ、インド) かの有名なインドの世界遺産、”タージマハル”です。 亡くなった奥さんの為に豪華なお墓を作ったムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーン。 後年、息子にアグラ城に幽閉されてしまい、遠くからお墓を眺めながら暮らし、静かに世を去ったとか。 お墓の中よりも、お庭の故・ダイアナ妃が座って眺めていたといわれるベンチの方が人気だったような、そうでないような… 確かに、印象的な建物ではありますが、何より素晴らしかったのは、デリーからアグラまでの高速道路が、真っすぐでインドで最もちゃんとした作りだったこと。 インドのデコボコ道に慣れ切っている駐在員は、ここはインドではないのではないか?っと、きょろきょろしちゃうレベルです。 インドに2年も住んでいたのに、殆ど写真がありません。 誰かと一緒に観光に行くことの利点は、他のメンバーが写真を撮っている時に、自分も便乗して撮影することですね。