ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • ヒマでござる。 flight delayヒマでござる。飛行機が遅れて、ヒマでござる。飛行機が遅れることなんてザラにあるのに今までヒマした記憶がござりません。いつもこういう時には何をしていたんだっけ?ブログ書いていたんじゃなかったっけ?ブログ記事を書く時間はいくらあっても足りないぐらいで、フライトの遅れは歓迎モードだったよな〜。
        • モンハンワールド、5期団派遣の真の目的は”バゼルギウス”の駆除 bazelgeuseちょいちょい違うゲームをしながらも週末は友人とモンハンワールド。細々と続けています。納涼の宴というアステラ夏祭りが開催されるらしく、来週は忙しくなるぞ~っと張り切っております。(友人が…) 私はというと… ガジャブーさんの新イベントが楽しみではありますが、それ以外はひたすら危険度3の歴戦調査クエストの痕跡集めでもしていようと思っています。 目標は、ネギ様の3枠以上を20~30個。秋の収穫祭が開催されるかは知りませんが、それまで遊ぶに十分な歴戦古龍の調査クエストを貯め込んでおくつもりです。 何故かというと、歴戦古龍以外のクエストは”バゼルギウス”が乱入してきて楽しくないからです。 面倒くさいんですよね。この子を追い払いながら戦うの。 調査クエストの最大数は250件です。満杯気味なので、歴戦古龍のクエスト受け入れ余地を作る為、久しぶりに4枠の歴戦レイギエナを倒しに行ったのですが… 15分クエだったのに4回も乱入されて、もたもた追い払っている間に3回も場所移動されてしまい、倒すのに10分かかってヒヤヒヤしました。うっとうしいこと、この上ない。 というわけで、友人と遊ばない時は、歴戦古龍オンリーになってしまいました。 古龍渡りの謎を解明するという表向きの客寄せミッションにまんまと騙されて5期団に参加してしまったものの、実際のところは増えすぎたバゼルギウスの駆除ばかりじゃないですか!大団長~~。
        • モンハンワールド、マルチへの苦手意識を緩和してくれた”ナナナナ笛” Empress Roar Blaze当新米ハンターは、マルチが大の苦手です。フレンドリーファイアを避けたり、その他のお作法が上手くできなくてガッカリします。そこに登場した”ナナナナ笛”。”のけぞり無効”搭載で、他の火力武器ハンターさんをひるませてしまうことを心配しなくていいのが嬉しくて仕方がありません!!
        • モンハンワールド、オリジナル武器が三大”低火力”武器なのが残念 Weapon usage 2018-7-2モンハンデビューに当たって、モンハンでしか遊べない武器を渡り歩いていたら、そのまま三大”低火力”武器に呼応していてギョッとしたという話です。 なんか逆じゃない? ハンター歴10年ぐらい(?)の私の友人は、普通に狩るのに飽きてきたのか、(もしくは私が下手なので本当に助けを求めてか…)、救難信号を出して、知らない人をお招きしたマルチを楽しむようになりました。 そういうわけで、攻略情報見ない派の私も、マルチで足を引っ張らない様に、フレンドリーファイアとか、マルチのお作法などをネットで調べていたら、モンハン最弱武器を決める掲示板を発見し、思わず毎日読んじゃいました。 そりゃぁもう、勉強になりました… オリジナル武器は”低火力” 操虫棍、狩猟笛、スラッシュアックスというモンハンでしか遊べない武器、そして私の愛用武器が最弱のボトム争いをしていてびっくり。 私の使用率は2018年7月2日現在、多いモノから 操虫棍 1,079回 スラッシュアックス 196回 狩猟笛 110回 ライトボウガン 63回 大剣 21回 チャージアックス 11回 片手剣 1回 なんでこんなことに… いや、だって、虫ってぶっ飛んでるし、楽器で殴るとか珍しすぎるし、使ってみたくなりませんか? スラッシュアックスとチャージアックスの斧兄弟もモンハンで初めて見た武器種。先に選んだのがチャージアックスの方だったら… 操虫棍、狩猟笛の後の3つ目の武器を選ぶにあたって、めちゃめちゃ難しくて一回で断念した片手剣とイメージが重なるチャージアックスは、なんとなく避けちゃったんですよね… どうやら弓が最強武器らしいのですが、これは使わない。 関連記事「モンハンワールド、柄の”英雄の龍脈石”がHR219でようやくでた…」でも書いたのですが、英雄の龍脈石(柄)が全然でなくてメイン武器の操虫棍のカスタム強化が出来ていない状況で、同じ龍脈石を共有する弓なんて、使えない。 というわけで、モンハンならでは、なおかつ強武器のチャージアックスをマルチに担いでいこうと昨日から練習を開始しました。 個人的に、最弱は操虫棍 強い武器を使ったことがなく、ワールドでモンハンデビューの私目線では、一番弱いのは操虫棍な気がします。下手なりに操虫棍で最も早く狩れるのは、陸戦型&達人芸スタイルなのですが、練習時間がはるかに少ないスラアクや狩猟笛より手間取る感じです。(最近は某有名”業物”装備に逃げちゃっていますケド) スラアク、狩猟笛だと、耳栓5+体力増強3+気絶耐性3をベースに快適かつ気楽に戦っても、陸戦型&達人芸の操虫棍と同じぐらいのタイムで狩れちゃうのが、なんとも残念です。操虫棍だけは、未だに「練習」している感が抜けないですし。 スラアクと狩猟笛の比較では、歴戦古龍相手に切り上がり&切り下がり変形切りを練習しているだけでクエストが終わっちゃうスラアクに比べ、音色を揃えている間にひるみやスタンが取れるものの演奏攻撃のタイミングが難しい狩猟笛の方が若干弱く感じます。※クシャルダオラとキリンは狩猟笛の方が狩りやすい。 だから個人的な結論では、 スラアク > 狩猟笛 > 操虫棍 かな。 それにしても、折角アッと驚くクリエイティブな武器を開発しているのに、そのオリジナル武器が火力でボトム争いをしているなんて、なんかもったいない気がするんですよね~。
        • モンハンワールド、苦節。HR260で、幻の”解放珠”がでた… MHW Release Jewel週末だけ細々とモンハンワールドで遊んでおります。新米ハンターであるワタクシ、ありとあらゆるもののドロップ率がしぶっちいのに苦戦しているのですが、ハンターランク260でずっと欲しかった”解放珠”が出ました。 防具、護石、装飾品などを組み合わせて自分の好きなスキルを組んでいく自由度の高い構造なので、”解放珠”(装飾品)がなくとも、属性解放のスキルがついた防具や護石でやりたいことはできます。ただ、装飾品が最も柔軟にスキルを調整できるアイテムなので、あると格段に組みやすくなります。 属性解放と”解放珠” 「実在したんだね、解放珠…」 っというのがこの画面を見た時の率直な感想です。 属性には、火・水・氷・雷・龍などのエレメント系と、毒・麻痺・睡眠などの状態異常系があって、へたくそハンターの私は、上手くモンスターに攻撃を当てられず、時間がかかってしょうがないので、マヒらせたり、眠らせたりしながらダメージを入れていきます。 んが、しかし、武器の中には、この属性解放のスキルを使って潜在属性を発動させるものもあります。前述の通り、防具や護石で発動させることは可能なのですが、解放珠があると他のスキルとの組み合わせが楽になるんですよね。 無属性強化と無撃珠 敢えて潜在の属性を開放しないで、無属性強化スキルで武器の攻撃力を1.1倍するという対照的なスキルも存在します。 シリーズで遊んでいるベテランハンターさんの記事なんかには、属性解放するよりも無撃運用の方がいい例などもふんだんに挙げられています。同じ武器なのに全く逆の使い方ができる、なかなか興味深い世界です。 更に面白いのは、幻かのように全くドロップしない解放珠とは対照的に、無撃珠はボロボロ出ます。しかも一つでOK。 それにしても… 他のゲームだと「このモンスター倒せました!」とか「このクエストクリアできました~♪」みたいなキャプチャーで記念記事を書きたくなるところを、モンハンの場合、アイテムが1つドロップしたところが記念記事ポイントになりつつあって、なんか違う感が… ま、細かいことは、気にしないで、呑気に喜んでおくことにします。

        筆者のリライト宿題帳

        • “収益化を目指していない”カスタマイズブログは、イタイ “収益化を目指していない”ため、アドセンスなどの広告関係のブログカスタマイズ記事が書けません。 カスタマイズ記事を書いているブロガーで、広告を貼っていないのは私だけっぽい…っと、最近ちょっと悲しいワタクシ。 収益化、楽しそうだよね~ 申し込みがどうこう、サイズがどうこう、位置がどうこう、 他のブロガーさんたちが、ごにょごにょ工夫しているのがとても楽しそうで、うらやましい。 何故そんな事が羨ましいのかというと、新しいことに挑戦するときのドキドキ感とか、期待に胸を膨らませたワクワク感とか、悪戦苦闘しつつも乗り越えた達成感とか、そういうのがにじみ出ていますよね。 (お金が絡むと?)皆さん真剣! 読んでいて面白いですから。 それなら収益化を目指せばいいじゃない?っという単純な話ではないのが残念。 外国人就労ビザの副業規定では、ブログの収益化は説明が面倒臭いからです。 趣味のために本業を失うリスクはとりません。笑。 趣味のためのリスク ん?、趣味のためのリスクって、なんか前にもこんなことがあったような… そういえば、私は本業を優先して、株式取引を凍結したのでした。 上海の株好きで、日本に置いてきた奥さんの口座で取引をしている人がいました。 日本居住者の「ご両親」の口座なら取引できるよっと言われたのですが、抵抗感があって試しませんでした。 株と本業の収入差は歴然としていましたし、変なリスクは取りたくありませんでした。 ブログの収益化についても、収益の受取人を日本居住者の「両親」にすることは、可能そうです。 「お母さんへのお小遣いプロジェクト」とでも題して名前を貸してもらうのもいいかもしれません。 でも、カスタマイズ記事を書くためにそこまでする気になれません。 あのワクワク、ドキドキ、達成感は、羨ましくはありますが、広告周りのカスタマイズ以外にもやってみたいことが盛り沢山なので、私的にはOKです。 でも、世の中的にあまりに少数派だと、ちょっと寂しいのでありました。 100のことに入れておこうかな…
        • モノが多いと、モノを大事にしない モノに溢れている我が家。ミニマリストがよく書いている”モノが多いと、モノを大事にしない”という言葉は、とても耳が痛いです。 認めたくないが、認めざるを得ない… モノが多いと、モノを大切にしない そんな事はないでしょう?? モノが多い事と大切に扱うかどうかは切り離して考えようよ! 捨てまくっている人たちなんて、モノを大事にしているとは言えなくない? と、反抗心満々だったのですが、最近ちょっと認め気味です。 お菓子の「お徳用」 節約の為に「お徳用」を買っても、補充スピードが普通用の時と同じ場合があります。 特にお菓子。 沢山あると思うと、気が緩んで、いつもより多めに食べちゃったりします。 一時の満足感はあります。 お得用のお菓子は、食べる量を増やしたい時にはいいかもしれません。 この場合は、「大事にしない」というレベルには至らず、チョコ一粒のありがたみがちょっと減るかな?、程度です。 買いすぎた生鮮食品 魚やお肉は安いからといって多めに買うと、食べきれないまま廃棄することになったりします。 腐ったものを置いておくと実害が出るので、廃棄するしかありません。 それからしばらく適正量買うように心がけた後、また忘れて余分に買って… の繰り返しですが、これらは廃棄する事によって、「もったいないな〜」っと、大事にする気持ちを持ったままお別れする事ができます。 過剰なトイレタリー 我が家で、腐らない過剰在庫といえば、洗濯洗剤。 安い時に買いだめします。 買うときは、賢い主婦にでもなった気分ですが、私はこの後がよろしくない。 景気良くドバドバ使うので、消費スピードが速いです。 今時の洗剤は優秀なので適量入れるのが最も効果的なハズ。 このくらいならまだ粗末に扱っているというレベルでもありませんが、何だか太っ腹になっているのか、チマチマ(大事に)使っている感じはしません。 過剰在庫があることによって、切らすことがなかったのですが、試しに補充しないで1パックで回してみたら、適量を守るようになったという謎の現象が発生しました。 ただ、買い物リストを作るのが面倒なので、次の購入時期を遅らせようとしている感じでしょうか? 靴下だけを大事にする変なヤツ 私は未開封の衣類が沢山あって、3年ほど衣類を買っていませんが、靴下だけは買い換えが発生しています。 断捨離の「断」として、一時帰国時のまとめ買いを止めて、必要な分だけ現地調達するようにしました。 一時帰国の時に偶然補充の時期と重なったら、日本で買ってもいいというマイルールにしたところ、それはもう大事に履くようになりました。 傷みにくい様に、洗濯ネットに入れて洗っています。 定期的に毛玉をとったりしています。 足の爪もまめに切っています。 もともと指先のところに穴が開いていたのですが、最近は、ゴムが緩むか、踵が薄くなります。 長持ちになりました。 溢れかえった他の衣類も大事に着ているつもりです。 が、数が少ない靴下を他の衣類よりも数段大事にしている事を自分でも自覚しています。 「モノが多いと、大事にしない」とは、認めたくないのですが、逆説的にそうかも… 認めざるを得ない ここまでで、半ばあきらめがついて、モノが少ない方がモノを大事にできるというところまでは、認めざるを得ないでしょう。 それが、モノが多いと、モノを大事にしないになるかどうかは、まだ不明です。 ミニマリストと相性が良い「断捨離」の概念ですが、私は「捨」が大の苦手で、勿体ない病です。 まだまだ修行中の身で、目下、勿体ながることと、モノを大事にすることは違うという意見を理解しようと試みているところです。
        • “上海人”は、中国人ではない件 出身国を聞かれると、”上海人”は、上海人です!っと答えるそうです。 “上海人”は、中国人ではない これを初めて聞いたのは、北京出張の時でした。 上海人は、中国人ではないって知っている?っと、聞いてくる北京人に、日本人一同は混乱気味。 上海人は、どう考えても、中国人でしょ。っと。 そうそう、その反応を待っていた!っと言わんばかりに説明を開始する北京人。 北京人はね、どこの国の出身ですか?って聞かれたら、「中国人です」って答えるの。 それは北京人は北京が中国だと思っているから。 上海人はね、自分たちは他の中国(ド田舎)とは違うと思っているから、「上海人」って答えるのよ。 その場の日本人たちは、半ば信じられない様子。 日本の都会にも田舎を見下している人はいるかもしれないけれど、出身国を聞かれれば、日本人と答えるハズ。 どちらがよりプライドが高いか? この北京人が続けて言うには、 それで上海人は、プライドが高いと言われたりするんだけれど、そうとも言い切れないのよ。 上海人には周りが見えていて、比較した上で、差別化しているの。 北京人は中華の中心にいて、周りがどうかとか、全く興味がないし、みんな自分たちと同じだろうと思っているのよ。 北京が中国の中にあるのではなく、北京が中国なの。 北京人の愛国心はとても高いのだけど、それは「北京(母国)」がすなわち「中国」だから。 どっちがお高く留まっているかというと、北京人かもしれないわね。 え、そんな事言われても… これ、私が通訳するんですか? ひぇ~~。 私にとっての北京人は、割と大らかな大陸的がははメンタリティーで、付き合い安い人たちでしたので、とってもびっくりしました。 北京人に関してそんな事を言っていたのは、後にも先にもこの方だけですが、上海人の方は、結構有名な事実っぽい感じです。 アイデンティティー 上海に5年居住しておりましたが、確かに”上海人”は、出身国を”上海”と答えるのです。 そして自ら↑の注釈をつけていました。 「中国人」としてのアイデンティティーが希薄だと、彼ら自身がいうのを何度も耳にしました。 (もちろん全員じゃありませんよ!) そのたびに、件の「北京人」の話を思い出して、複雑な心境になったものです。 その点、「香港人」は気楽かもしれません。 彼らが「中国人」っぽくないのは、中国人から見たら明らからしいです。 彼らが出身国を「香港人」と自称することはごく自然なことで、いつになったら違和感が出始めるのか? むしろそっちの方に興味が湧くのでした。