最新記事

  • お金がかからないヒマつぶし①「数独」と「詰碁」 お金がかからないヒマつぶし①「数独」と「詰碁」数独は、ただ数字を埋めていくだけの簡単な作業なのに、頭の使い方が普段と違っていて、ひねるというか、飛躍させる感じで楽しいです。それでいて、ひらめいたり、思い出す必要がないところが、脳にとって楽なのか、一旦始めると止める機会が見つからない遊びです。
  • “イギリスのスーパー”、高級度ランキング(個人的見解) "イギリスのスーパー"、高級度ランキング(個人的見解)階級社会イギリス。スーパーですら階級によって御用達が違う。っと言うのは冗談ですが、ブランディングが商品の高級度に反映しているのは事実。
  • ブログを始めてから①写真が「横向き」主軸になった ブログを始めてから①写真が「横向き」主軸になったブログに使えそうな写真がないかな? っと過去の写真を眺めていたら、ブログを始める前までは年に20枚ぐらいしか写真を撮っておらず、しかも「縦向き」の写真ばっかりで、ほとんど使えるものがありませんでした。ブログを始めてからは「横向き」で撮ることが多いです。
  • 本当に嫌なのは仕事じゃない… 本当に嫌なのは仕事じゃない…早期リタイアを目指している私が、心から嫌なのは仕事じゃなくて、時間がないこと。普通の家事を普通にやっているだけのハズなのに、ヘロヘロしながら半べそ状態で終了したり、疲れて途中で諦めて寝ねてしまったり、諦めて何にもしなかったりしながら、家が散らかっていきます。
  • イギリスの好きなとこ7、サラリと身内をほめる イギリスの好きなとこ7、サラリと身内をほめる日本って「謙譲の美徳」という、相手を立てるために自分を下げる文化があって、それ自体は素敵な事だと思っています。でも実際のところ、自分を下げない人に目くじらを立てる価値観の押し付けも見え隠れするので、この文化を誇りに思うには、抵抗があります。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。