最新記事

  • イギリスの恐るべき「芝花粉」と花粉予報 england and sheepイギリスでは、花粉症の事を「Hay fever」(日本語にすると芝花粉症)と呼びます。 「花粉アレルギー」を直訳してPollen Allergyと言っても通じますけれど、イギリス人の口から出てくるのは「Hay fever」という呼び方。
  • オクスフォードでパッと無難に食事がしたいときは”George Street” oxford george street 2015イギリス料理は美味しくないことが有名です。でも流石に最近はレベルアップしたとの噂です。オクスフォードでおいしいと評判のレストランは、たいてい辺鄙な場所にあって行きづらいです。 出張前においしいところをリサーチして、現地についたらちょっと遠くまで足を延ばす人、ほんとスゴイ熱意とスタミナですよね… 他の人がそうやって人生を余さず楽しんでいる姿を目の当たりにするたびに、こういうちょっとした差が積み重なってグルメと味音痴の差は開いていくんだね… と、思いつつ、付き合い悪く近場で無難に食事を済ませるのでした。 個人的には、イギリスはフランチャイズレストランに行くと無難なので、出張の際は冒険しないでフランチャイズ系を探します。それなりの大きさの都市には、フランチャイズレストランが集まっているエリアが存在します。 オクスフォードだとGeorge Streetに集まっています。 広めの地図で見ると↓ 多分、£20程度で食事自体は食べられます。飲み物は別ね。
  • オクスフォードのエリア情報 take a walk in oxford 16-9家探しの際に賃貸物件の紹介会社の担当の人や、同僚から教えてもらった「オクスフォードのエリア情報」です。Summertown、Jericho、Cowley、Botley(Osney)などを中心に物件を紹介してもらいました。
  • オクスフォードの”Letting Agent”(賃貸物件仲介会社)、5社 Londonホテル暮らしがつらかったので、手当たり次第に5社の”Letting Agent” (=賃貸物件仲介業者)に並行して家探しをお願いしました。 FindersKeepers、Breckon & Breckon、PENNY & SINCLAIR、MARTIN & CO、James C Pennyの5社です。
  • イギリスの賃貸物件紹介サイト、”Rightmove”とZoopla London私がイギリスで家探しに使った賃貸物件紹介サイトは、”Rightmove”とZooplaです。 各不動産会社がそれぞれ持ち物件を登録している物件紹介サイトです。 不動産会社サイトをハシゴしなくて済んだので凄く助かりました。 Rightmove このサイトは、イギリス人の同僚が全員もれなく紹介してくれたサイトです。 有名みたいです。 家探しならコレ! って、感じなんだろうと思われます。 Zoopla イギリス人は誰もこのサイトについては何も言っていなかったけど… フィルターに”Available (=入居日)”があり、即時入居可能物件を探していた私はとても助かりました。 双方とも載ってる物件は、概ね同じっぽいです。 土地勘のない私には、Map View (=地図モード) がお役立ち機能でした。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。