最新記事

  • The Key: オクスフォードのバスカードを買う Thames oxfordオクスフォードの定期券は、ゾーン制なので、ゾーン内なら乗り換え放題です。とても便利です。Oxford Bus Company、Thames TravelとStage Coarchの3社のどのバスにも乗れるのは、Smartzoneという定期券です。加えて、ヒースロー空港までの12回券も買っておきました。
  • オクスフォードのお店は6時に閉まるので、お買い物は木曜日に debenhams opening hours 2015オクスフォードは、お店が閉まるのが妙に早くて困っています。 オクスフォード唯一のデパート、Debenhamsは、↓の様な感じです。デ、デパートが6時に閉まるって、キビシイ世界だ… 仕事が終わるのが5時半、僻地にある勤め先からは、どんなに急いでも間に合いません。
  • イギリスの”セルフレジ”浸透率が凄い! england and sheepイギリスでは、セルフレジの浸透率がやたらと高くて驚きます。 スーパーをはじめとして、キオスクなどや、本屋さん、ドラッグストアなどなど、どこもかしこもセルフレジ。 キオスクでは、お店の人にセルフレジを指さされてしまいました。え?、サービス拒否??
  • 夏のオクスフォードは、ホテルが取れない horseオクスフォードは、住宅物件のみならず、ホテルもタイトです。 日照時間が長い時期は、ホリデーシーズンということもあり、観光客が押し寄せてくるので、市街地は予約でいっぱい、特に土曜日が越せるホテルがなかなか見つかりません。
  • イギリス人にとっては、中国、インドは砂漠⁉︎ worldmap勤め先では花粉症率100%です。 特に目にくるらしく、みんなしてポロポロ涙流しながら会議している様子はなかなかの珍景です。 今のところ仕事上ではただの足手まといの私も、変なところで、いっちょまえにリーダー格の鼻水、目水(=涙)さんです。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。