最新記事

  • イギリスの赤い電話ボックスの進化系? uk phone booth atmイギリスと言えば、赤い公衆電話ボックス。かと思いきや、ATMでした。ちゃんと電話もついてます。イギリスにはその昔、ポリスボックスというのも存在したようです。青色のボックスで、こんな感じ↓
  • 早期リタイアに「失敗する」より「できない」方が怖い england and sheepこのまま働き続けていつか心が壊れてしまったらどうしよう…っと「早期リタイア出来ない」のが怖くて、「早期リタイアに失敗する」と書いているのをこっちの意味だと勘違いしてしまいます。実際は「リタイア状態を継続できない」ことを示すんですよね。「止める」を継続って変な表現ですね。
  • 「損失回避バイアス」と「転職」志向 Shachiku 16-9夜な夜な転職サイトを眺め暮らしていたのに、人事制度の変更で転職意欲が消えうせてしまいました。「自分は損している」という「損失回避バイアス」の縛りから解かれるだけで、「現状維持」に傾いちゃう現金過ぎる自分が恥ずかしくなりました。
  • 「University Rooms」で有名大学の寮に泊まろう magdalen collegeオクスフォード大学やケンブリッジ大学をはじめとするイギリスの有名大学の素敵なカレッジ。中世の石造りの豪華な建物は、迫力があります。じつは、学生が休みの間は、一般人も寮に泊まれます。
  • 貧乏駐在員、家具は全部「自己組み立て」 minimal life貧乏駐在員には、組み立てが終わっている素敵な高級家具は買えません。全て自分で組み立てています。自分で組み立てるタイプの家具は、材料がフラットな箱に詰められているので、「flat-pack」と呼ばれます。因みに、「自己組み立て」は、英語で「self-assembly」と言います。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。