最新記事

  • ワードプレスで「試してみたい」3つのテーマ! ワードプレスで「試してみたい」3つのテーマ!記事を書くより、カスタマイズの方が好きなヘボブロガーが興味津々の「試してみたいテーマ」は、Cocoon、Hitchcock、Gash5の3つです。ちなみに現在は、Wordpressのデフォルトテーマ「Twenty Nineteen」使用中。「1カラム」のみで、これも癖がありますね。
  • ワードプレス、はじめての「子テーマ」作成 (4ステップ) ワードプレス、はじめての「子テーマ」作成 (4ステップ)子テーマ って、ワードプレスならでは、って感じです。ワードプレスは、プラットホーム(CMS、管理画面)、テーマ(テンプレート)、プラグインなど様々なプログラムに更新が入ります。言わば、成長するブログプラットホームです。それらの更新を取り入れつつも、自分のカスタマイズを残していくために子テーマを作ります。
  • 【2019年3月更新】「日本語URL」は二度とごめんだ! 【2019年3月更新】「日本語URL」は二度とごめんだ!「日本語URL」は私のワードプレスでの最大の失敗です。UTF-8に変換され、アクセス履歴やエラー記事がどれか分かりにくいし、正しいページへリダイレクトできない文字や記号があるし、踏んだり蹴ったり。Prettyパーマリンク型に変えた後、英数字でパーマリンクを設定しています。
  • ワードプレス、”記事のパーマリンク”は早めに定めること パーマリンクとは… ページのURLのことです。 記事ならサイトURL/記事名/、カテゴリーならサイトURL/カテゴリー名/、タグならサイトURL/タグ名/などとページのタイプによってカスタマイズ方法が異なるのですが、今回は”記事のパーマリンク”に限定して話を進めます。 ワードプレスでは、設定→パーマリンク設定→共通設定で好みの型を決めることができます。 詳しくは、Wordpress Codex(日本語版)「パーマリンクの使い方」をご覧くださいませ。 これまで、いろいろなブログサービスを使ってきましたが、ワードプレスの”記事のパーマリンク”の設定が最も自由度が高く、便利です。 使いやすい順に、ワードプレス、Seesaa、Blogger、FC2と言ったところでしょうか? ワードプレスでは、日本語のパーマリンクも設定することができます。というか、設定を↑にして、ほっとくと日本語になっています。私はこれを英語に変更する際に、2度目の大量404をくらいました。 “記事のパーマリンク”初期状態 初期状態では、サイトURL/投稿年/投稿月/投稿日/ページタイトルでした。 しかも日本語でした!っと、どうでもいいところで感動しています。 ちなみに、 Seesaaでは、サイトURL/article/自分で設定(もしくは自動・記事タイトル)。 FC2では、エントリー番号。サイトURL/blog-entry-番号一択、変更はできません。 BloggerではサイトURL/年/月/自分で設定(もしくは自動・ランダム)でした。 “記事のパーマリンク”の型は、初期に定めるべし! はじめはサイトULR/article-%post_id%/%postname%/っと設定しました。 しかし、記事番号があまりに飛び飛びになるので、設定を「投稿名」へ変更したのですが、URLが変わったことで、サーチコンソールにて404が大量に出ているとの警告がありました。恐怖です。 自由度が高いことは非常に好ましいことですが、サイトに大きな影響が出ますから、初期に定めて、変更を行わないようにすることが肝要だと、痛い思いをしました。
  • ワードプレスの初期設定、サイト名、キャッチフレーズ、日付・時刻 ワードプレスの初期設定、サイト名、キャッチフレーズ、日付・時刻ワードプレスの初期設定メモ。サイト名、キャッチフレーズ(サイト紹介文)、日付と時刻は拡張性を考慮し、ISO 8601形式のyyyy-mm-dd(日付)、hh:mm(時間)型を選びました。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。