最新記事

  • イギリスの好きなとこ7、サラリと身内をほめる Shachiku 16-9日本って「謙譲の美徳」という、相手を立てるために自分を下げる文化があって、それ自体は素敵な事だと思っています。でも実際のところ、自分を下げない人に目くじらを立てる価値観の押し付けも見え隠れするので、この文化を誇りに思うには、抵抗があります。
  • イギリスのお布団の温かさ指数「Tog」 walesイギリスには、お布団の温かさを示す「Tog」という指数があります。面食らいます。夏は3.0~4.5 tog、春と秋は7.5~10.5 tog、冬は12.0~13.5 togだそうです。貧乏駐在員の私は、夏用と秋用をひとつずつ買って、冬は重ねて使うことにしました。
  • 振り返ると「いいこと日記」に救われていた take a walk in oxford 16-9人生で一番つらい時に「いいこと日記」を書き始めました。「腹立たしいことを頭と心から追い出すのは難しい。それでも不幸な時間を1分でも多く『今日はこれが面白かったな』と振り返る時間に上書きしよう。」っと、インド人の友人が提案してくれたことがきっかけでした。
  • 早期リタイア失敗対策③世間体?、どこの有名人ですか? england and sheep父に「早期リタイアって、世間体が悪いかな?」っと聞いてみたら、「世間体?、あなた、どこの有名人ですか?」「さては、うちの子じゃないですね。」っと笑われました。母にも聞いてみたところ「これまで十分頑張って働いたんだから、自信を持って堂々としていれば大丈夫じゃない?」と励まされました。
  • 【2019年3月更新】ブログの過去記事のリライト方針と手法 take a walk in oxford 16-9当ブログでは、検索需要リライトと巡回リライトの2種類を行なっております。検索需要リライトでは、サーチコンソールの検索パフォーマンス分析で、表示回数を降順ソートし、クリック率が低い記事を修正し、巡回リライトは最終更新日が古い記事を修正します。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。