ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

          筆者のリライト宿題帳

          • モンハンワールド、オリジナル武器が三大”低火力”武器なのが残念 Weapon usage 2018-7-2モンハンデビューに当たって、モンハンでしか遊べない武器を渡り歩いていたら、そのまま三大”低火力”武器に呼応していてギョッとしたという話です。 なんか逆じゃない? ハンター歴10年ぐらい(?)の私の友人は、普通に狩るのに飽きてきたのか、(もしくは私が下手なので本当に助けを求めてか…)、救難信号を出して、知らない人をお招きしたマルチを楽しむようになりました。 そういうわけで、攻略情報見ない派の私も、マルチで足を引っ張らない様に、フレンドリーファイアとか、マルチのお作法などをネットで調べていたら、モンハン最弱武器を決める掲示板を発見し、思わず毎日読んじゃいました。 そりゃぁもう、勉強になりました… オリジナル武器は”低火力” 操虫棍、狩猟笛、スラッシュアックスというモンハンでしか遊べない武器、そして私の愛用武器が最弱のボトム争いをしていてびっくり。 私の使用率は2018年7月2日現在、多いモノから 操虫棍 1,079回 スラッシュアックス 196回 狩猟笛 110回 ライトボウガン 63回 大剣 21回 チャージアックス 11回 片手剣 1回 なんでこんなことに… いや、だって、虫ってぶっ飛んでるし、楽器で殴るとか珍しすぎるし、使ってみたくなりませんか? スラッシュアックスとチャージアックスの斧兄弟もモンハンで初めて見た武器種。先に選んだのがチャージアックスの方だったら… 操虫棍、狩猟笛の後の3つ目の武器を選ぶにあたって、めちゃめちゃ難しくて一回で断念した片手剣とイメージが重なるチャージアックスは、なんとなく避けちゃったんですよね… どうやら弓が最強武器らしいのですが、これは使わない。 関連記事「モンハンワールド、柄の”英雄の龍脈石”がHR219でようやくでた…」でも書いたのですが、英雄の龍脈石(柄)が全然でなくてメイン武器の操虫棍のカスタム強化が出来ていない状況で、同じ龍脈石を共有する弓なんて、使えない。 というわけで、モンハンならでは、なおかつ強武器のチャージアックスをマルチに担いでいこうと昨日から練習を開始しました。 個人的に、最弱は操虫棍 強い武器を使ったことがなく、ワールドでモンハンデビューの私目線では、一番弱いのは操虫棍な気がします。下手なりに操虫棍で最も早く狩れるのは、陸戦型&達人芸スタイルなのですが、練習時間がはるかに少ないスラアクや狩猟笛より手間取る感じです。(最近は某有名”業物”装備に逃げちゃっていますケド) スラアク、狩猟笛だと、耳栓5+体力増強3+気絶耐性3をベースに快適かつ気楽に戦っても、陸戦型&達人芸の操虫棍と同じぐらいのタイムで狩れちゃうのが、なんとも残念です。操虫棍だけは、未だに「練習」している感が抜けないですし。 スラアクと狩猟笛の比較では、歴戦古龍相手に切り上がり&切り下がり変形切りを練習しているだけでクエストが終わっちゃうスラアクに比べ、音色を揃えている間にひるみやスタンが取れるものの演奏攻撃のタイミングが難しい狩猟笛の方が若干弱く感じます。※クシャルダオラとキリンは狩猟笛の方が狩りやすい。 だから個人的な結論では、 スラアク > 狩猟笛 > 操虫棍 かな。 それにしても、折角アッと驚くクリエイティブな武器を開発しているのに、そのオリジナル武器が火力でボトム争いをしているなんて、なんかもったいない気がするんですよね~。
          • モンハンワールド、苦節。HR260で、幻の”解放珠”がでた… MHW Release Jewel週末だけ細々とモンハンワールドで遊んでおります。新米ハンターであるワタクシ、ありとあらゆるもののドロップ率がしぶっちいのに苦戦しているのですが、ハンターランク260でずっと欲しかった”解放珠”が出ました。 防具、護石、装飾品などを組み合わせて自分の好きなスキルを組んでいく自由度の高い構造なので、”解放珠”(装飾品)がなくとも、属性解放のスキルがついた防具や護石でやりたいことはできます。ただ、装飾品が最も柔軟にスキルを調整できるアイテムなので、あると格段に組みやすくなります。 属性解放と”解放珠” 「実在したんだね、解放珠…」 っというのがこの画面を見た時の率直な感想です。 属性には、火・水・氷・雷・龍などのエレメント系と、毒・麻痺・睡眠などの状態異常系があって、へたくそハンターの私は、上手くモンスターに攻撃を当てられず、時間がかかってしょうがないので、マヒらせたり、眠らせたりしながらダメージを入れていきます。 んが、しかし、武器の中には、この属性解放のスキルを使って潜在属性を発動させるものもあります。前述の通り、防具や護石で発動させることは可能なのですが、解放珠があると他のスキルとの組み合わせが楽になるんですよね。 無属性強化と無撃珠 敢えて潜在の属性を開放しないで、無属性強化スキルで武器の攻撃力を1.1倍するという対照的なスキルも存在します。 シリーズで遊んでいるベテランハンターさんの記事なんかには、属性解放するよりも無撃運用の方がいい例などもふんだんに挙げられています。同じ武器なのに全く逆の使い方ができる、なかなか興味深い世界です。 更に面白いのは、幻かのように全くドロップしない解放珠とは対照的に、無撃珠はボロボロ出ます。しかも一つでOK。 それにしても… 他のゲームだと「このモンスター倒せました!」とか「このクエストクリアできました~♪」みたいなキャプチャーで記念記事を書きたくなるところを、モンハンの場合、アイテムが1つドロップしたところが記念記事ポイントになりつつあって、なんか違う感が… ま、細かいことは、気にしないで、呑気に喜んでおくことにします。
          • モンハンワールド、柄の”英雄の龍脈石”がHR219でようやくでた… Heros Streamstone Shaftモンハンワールド、なんだかすごいゲームです。 武器を強化する一つの手段として、クエスト後の戦利品である”猛者”(レア6と7の武器)と”英雄”(レア8の武器)の龍脈石というアイテムを使ってカスタム強化を行うことができるのですが、全く入手できなくて、ビックリしました。 色々なゲームを遊んできましたが、こんなにアイテムのドロップ率が渋いゲームは初めてです。 常軌を逸している… っと言うのが率直な感想ですが、初モンハンの私の目線でのことであって、熟練ハンターさん達にとっては普通のことっぽい? あまりに嬉しくて、記念撮影。 アクションが苦手な私は、どのモンスターもベテランハンターの友人の3倍以上の時間がかかりますから、周回するのも一苦労。ぼちぼち、のろのろ、すすめています。 もしかすると、単に運が悪いだけかもしれません… 緑の枠線がついている部分が柄の龍脈石ですが、他の武器の龍脈石は、そこそこ出ています。 キャプチャーの上段が猛者の龍脈石、下段が英雄の龍脈石です。 剣、刃、斧、槌、槍、柄、弩の順で並んでいます。私が欲しかったのは、操虫棍の強化に使う柄の英雄の龍脈石。緑の枠で囲まれているところです。 お目当ての龍脈石がでないので、剣(大剣)、斧(スラッシュアックス)、槌(狩猟笛)で遊び始め、これらの強化はそれなりに終わって更に余りが出ているのに、柄だけ全然出ませんでした。 これがモンハン界でよく言われる”物欲センサー”っというやつでしょうか? ちなみに、現段階での武器の使用状況を見て更にビックリ。 操虫棍で1,000クエスト弱、残りが200クエスト強で、1,200クエスト分ぐらい遊んじゃっています。 現時点で持っているレア8の操虫棍は10本。 柄の英雄の龍脈石は1つ。 ハンターランクは219。 これって、カンストまで遊んでも、全部強化できないカモね。 アイテムのドロップ率以外は、至極楽しい神ゲーなんですけどね…