ワールドでモンハンデビューしてよかったなと思う事の1つが、日本のyoutubeのゲーム配信の世界を垣間見れたこと。

私の感触では「動画」は、既に「ブログ」よりも厳しい競争下にあるという理解です。

ロスジェネが悲観的に愚痴りながら鬱っているだけでもそこそこアクセスが稼げる「ブログ」みたいな戦法は取れないっぽい世界。

仮に「ブログ」がオワコンだったとしても、「じゃぁ、お引越し♪」なんて入っていける世界でもなさそうに見えますね。参入障壁はブログの方が低い印象。

youtubeの配信者さんたちは概ね若い世代、人気が出る人たちには、必ず「何か」があります。

知識・スキルが高いとか、テーマに対する愛が深いとか、リスナーに対する愛が深いとか、人気youtuberって、何故人気が出ているのか、すぐにわかります。

配信者さん達が、素でプロっぽい。

そしてリスナーの目も肥えている。

「ブログ」は、海外のメディアと日本のメディアで雰囲気がとても違います。日本=ガラパゴスの構造で、ブログの英語化の価値は低い気がする。

でも「youtube」では、スタートレックマニアの愛が深すぎる英語勢の配信とモンハンマニアの愛が溢れかえっている日本語勢の配信が似た雰囲気を醸しています。

はじめから人間全般に受けいれられやすいスタイル?

ライブ配信なんて、ごく自然にリスナーさんとの一体感を醸成していて、素のプロ素質の高さにじんわりくる。(見てるポイントが違うけど)

そういうyoutuberの「投稿」は、「作品」感が凄い。

私のブログ「投稿」で「作品」感があるものなんて一つもないな…

とても反省して、記事500から記事600までは、ボツネタは公開しませんでした。

ちゃんと誰かのために書きました。

拙くて申し訳ないですけど、努力しないとちょっとも上手にならないですし。

そのうち初心を忘れ、努力するのに飽きちゃって、また逆戻りになりそうですけど、ちょっとでもそういう心境になれてよかったな。

ボツネタ消化進捗

600記事達成時↓

2019年5月6日現在、公開済み600、下書き843、全記事数1,443。

500記事達成時↓

2019年3月28日現在、公開済み500、下書き774、全記事数1,273。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください