フィフス・パッセンジャー、レビュー【ネタバレなし】

3.0

歴代スタートレックシリーズの俳優さん達が沢山出ているから見てみようかな…っという感覚で鑑賞したのですが、普段はインディー映画に甘い私でもイマイチと感じる作品でした。

基本情報

原題Fifth Passenger
邦題フィフス・パッセンジャー
タイプSF
公開日2017年12月14日
監督スコット・ベーカー
脚本スコット・ベーカー
モーガン・ラリア
デビッド・ヘンリ・マーティン
原作者
おすすめ度3.0 (1~5点)

トレーラー

5th Passenger | Official Trailer

あらすじ

スペースクルーザーが事故を起こし、重要人物専用の4人乗りの緊急避難ポッドに、そこにいるべきではない虐げられた「非市民」を含むを5人のクルーが避難したが、救出されたのはたった1人。昏睡状態の女性の生存者の記憶から惨状の真相を紐解く。

脚本、世界観

$80,000という低予算で制作された割に、SF部分はよく作られていて好感。ただ、主人公の女性が大根役者というか、棒読みというか、硬いというか、まぁ、いろいろ台無しにしていました。英語が母国語じゃないのかな?

ストーリーのプロットも脚本も悪くないのですが、ベースのアイデアが少々チート気味でした。大どんでん返しが起きるともいう?

登場人物

エスケープポッドの乗員に、『スタートレック:ヴォヤジャー』のトゥヴォック役、イチェッブ役、『スタートレック:ディープスペースナイン』のクワーク役が登場!

救出側に『スタートレック:ネクストジェネレーション』のディアナ・トロイ役、カメオで『スタートレック:ディスカバリー』のサルー役を見かけました。

後で調べたら、DS9のモリー・オブライアン役だった役者さんもいた様です。子役だったから今の姿を知らなくて気づきませんでした。

それにしても、主人公、別の役者さんがよかったな…

アクション、笑い

バトル系SFではなく、ミステリー系のSFなので、アクションはありません。笑いもないです。

映像美

低予算をよく隠せている仕上がりです。

音楽

90年代のサスペンス、スリラーによく使われているようなBGMがずーと流れていて、ココが最も残念な感じでした。

感想

主人公にちょっとでも共感したくなる要素があったら、いい映画だと思えたかもしれません。私個人の好みがレビューに影響しすぎるのもよくないと思うので、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました