恐怖!クロールエラー「404(見つかりません)」が大量発生

サーチコンソールにGoogle先生からメッセージが届いていました。大量の”クロールエラー”が発生したようです。

クロールエラー、404(見つかりません)とは

クロールエラーと言っても、数種類あります。私が経験したことがあるのは、サーバーエラー見つかりませんです。

今回、大量発生したクロールエラーは、みつかりませんの方です。
エラーコードが404なので、404エラーで意味が通じちゃうほどです。

ページが削除されたり、URLが変更されたりすると、サーバーが「みつかりません」(404エラー)を返します。
クロール中に発見されたこのエラーは、サーチコンソールのクロールエラーに記録されます。

そして、これが大量発生すると、グーグル先生からメールが届きます。

ユーザーの利便性

下記が、グーグル先生からいただいたメッセージです。

Google Search Consoleのメッセージより引用

https://noronoron.com/ で 404(見つかりません)エラーを返す URL の数が著しく増加したことが Googlebot で検出されました。これはサービスの停止や設定エラーを示している可能性があり、その場合にはユーザーの利便性が低下していることになります。結果として、こうした URL は Google 検索結果には表示されなくなります。該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

404エラーがたくさんあること自体は、Googleのペナルティーの対象にはならないと言われます。

但し、私がすごく気になるのは、ユーザーの利便性の方です。Googleがクロールしているという事は、既になくなってしまったページが検索結果に表示される可能性があります。そのページをクリックしてしまった人は、ボットと同様に404メッセージにランディングします。

これ、イヤじゃないですか?

該当するURLが完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。なんて書いていますが、ページが削除されたと最終的に認知してくれるまで結構時間がかかるみたいで、404エラーが繰り返し検出されます。

このため、ボットが発見した段階でササっと処置しておきたいものです。

グーグルおススメの処置法3ステップ

受け取ったメッセージに示されていた処置法は3ステップです。

問題URLの特定→修正→修正確認。って、普通ですね。

問題URLの特定

サーチコンソールのクロール→クロールエラー→(PC/スマートフォン)→見つかりません。で問題があったURLがリスト表示されています。

私はYoast SEOのSearch Consoleでワードプレス側から確認しています。

詳しくは、関連記事「ワードプレス、Yoastで”サーチコンソール”と連携」のYoastでクロールエラーのトラッキングをご参照ください。

Yoastのこの機能は、飽くまでサーチコンソールとの連携結果なので、検出タイミングがサーチコンソール依存です。もっと早く404エラーを検知したい場合は、Redirectionの404s機能がおススメです。

詳しくは、関連記事「プラグイン”Redirection”を使い倒して、404エラーの処置」の404sの機能をご参照ください。

404エラー修正

URLを残す場合

これが何気に一番難しいんですけれど…

404エラーが出ている時点で、そのページが存在していないことが多く、ページを作ることになるパターンです。
なくなったページがリカバーできるなら良いのですが、ない場合、書き直しです。笑。

私の場合、サーバーホスティング側での問題だったことがありません。

URLを残さない場合

日本語URLを英数字URLへ変更した場合、タグをカテゴリーに変えたことでURLが変わってしまった場合、アーカイブページを無効にした場合などは、ほとんどをRedirectによって処置します。

やり方は、関連記事「プラグイン”Redirection”を使い倒して、404エラーの処置」のRedirectsの機能をご参照ください。

そのうえで、参照元のリンクを探せれば修正しておきます。元のURLの一部を管理画面で検索すれば、その用語を含んだアンカーテキストも含めて結果表示してくれます。

参照元のインターナルリンクを探す
参照元のインターナルリンクを探す

何気に便利なのがYoastの内部リンクカウンターで、発リンクが出ている記事をクリックすると、参照元のリンクに行きつくことが多いです。

普通はグーグルアナリティクスやMozでやるみたいですけれど、↑の方が手っ取り早いです。

修正を確認する

Google先生からのメッセージには、Fetch as Googleを使うようにおススメされます。

もとのURLを残す場合は、Fetch as Googleの結果が、緑色のチェックマークと共に完了となり、HTTPレスポンスの結果が200 OKとなっているハズです。

リダイレクトがかかっている場合、Fetch as Googleの結果に、オレンジのビックリマークと共にリダイレクトされましたというステータスが表示されます。HTTPレスポンスの詳細も確認できます。

こんなことに毎日ボチボチ取り組んでいるわけですが、自分のブログ運営の計画性のなさにガッカリします。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください