祝!200記事、”長文”は止めたい

作文力向上の鉄板アドバイス、「たくさん書く」は、「文字数をたくさん書く」ことではなく、「たくさん仕上げる」ことだと思うようになりました。サクッと公開して、反応を見て、リライトする過程で、ダメだった理由がなんとなく分かって来た時に、上達したというか、マシになったと実感できます。

次のマイルストーンまでは、1記事500文字までの1分以内でサクッと読めるものを、たくさん仕上げる訓練をしようと思っています。

たくさん書く=たくさん仕上げる

作文が上手になるためには、たくさん書くしかないというようなアドバイスをよく見かけます。

1記事1万文字に関する記事が面白かったので、100記事から200記事までの間は、長文ボツネタともかなり格闘しました。

しかし残念ながら、今の私のレベルでは、混乱して筆が遅くなるだけでした。

サクッと公開して、反応を見て、リライトする過程で、ダメだった理由がなんとなく分かって来た時に、上達したというか、マシになったと実感できます。

軽くても、緩くても、たくさん書く(=仕上げる)。
作文が上手になりたいなら、コッチだな。
書けば書くほどそう思えてきます。

そういう意味で、作文上達の最大の阻害要因は”長文”記事です。

長文って何文字?

"長文"って何文字?
“長文”って何文字?

大好きな「ハンガーゲーム」の最終話のレビュー(下書き)が、7,700文字程度になりました。

いくら推敲してもマシになったとすら思えず、もがくほど、どんどん混乱して、悪化している気すらします。

言いたいことがありすぎて、そしてしっかり良さを伝えたいので、読み返しては推敲しているのですが、公開できる日が来ないかもしれません。

熱の入りかたが他の映画とは全然違うので、この映画は私が一番好きな映画でなんだろうなと思えてきます。

私の感触では、2,000字を越えると、推敲がかなり難しくなります。
この辺りが長文の入り口。

ボツネタ消化進捗

前回の状態は↓

2017年6月10日現在、公開済み100、下書き1,184、全記事数1,284。

現在の状態は↓

2017年9月27日現在、公開済み200、下書き1,180、全記事数1,380。

公開記事が100記事も増えたのに、ボツネタは4記事しか増えていない…

4か月かけて100記事をのらりくらり仕上げている間に、96記事の新たな下書きが生まれたという事ですね。

次のマイルストーンまでは、ひたすら短文を仕上げ、下書き数を減らしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。