スタートレック程には有名じゃないかもしれませんが、「Dr. Who」は、イギリス版のSFドラマシリーズです。13代目のドクターが女性だと聞いた時には、違和感を感じていたのですが、最近慣れてきました。中身がちゃんとドクターっぽい感じだからでしょうね。

「Dr. Who」についてもっと知りたい人は、ウィキペディアの「ドクター・フー」をご覧くださいませ。

イギリスで1963年から続いている長寿番組で、日本でいうと1969年に開始した「水戸黄門」レベル。

イギリスのこの長寿番組が「SF」なのに対し、日本の同程度の長寿番組が「時代劇」だという対比が結構面白いですよね。日本も女性の水戸黄門が登場する時代かもしれません…

ないか。

この「Dr. Who」がコンパニオン(帯同者)と出会って、時空旅行に出かけるのですが、下図がドクターが使っているタイムマシンです。今は亡き「警察ブース」です。時代を感じると共に、現代のタイムマシンのイメージと違いすぎて衝撃を受けます。

tardis

私は中国に住んでいた時に行きつけのDVD店長におススメされ見始めました。このため、2005年スタートの9代目、Christopher Ecclestonが演じたドクターからしか知りません。当時は10代目のDavid Tennant時代でしたので、「Dr. Who」と言えば、彼のイメージが強いです。

現在公開されている13代目が女性ドクターだと聞いた時、とても違和感を感じました。しかし、ドクターを演じているJodie Whittakerさんがめちゃめちゃドクターっぽくて、全然アリです。

私はボケーっとみているからあまり気づきませんが、知り合いの間では今シリーズは、「Dr. Whoにしてはストーリーが社会派すぎる」という意見もありましたが、女性に変わったこと自体は受け入れられているようです。

個人的には12代目の「クララ・オスボーン」を劇プッシュしてくる感じのストーリーよりは、今の愉快なトリオの方が好きかな。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください