“ボツ記事”が1,000記事を超えた経緯と危機感

ブログを書き始めて2年、公開済みが953記事なのに、”ボツ記事”が1,000記事を越えていました。

ボツ記事の方が多いって、どれだけ作文が苦手なんだ!?っと、危機感を持ち始めたダメブロガーの反省文です。

“ボツ記事”が1,000を超える

"ボツ記事"数、1,178!?
ボツ記事数、1,178!?

何か思いついたら、Bloggerにメモする。
けれど、仕上げないで放置する。
この繰り返しで、溜まったボツ記事数1,178件。

ダメダメですね。

完成して公開している記事数はメインブログを合わせると953です。

ボツと公開が半々ですね。

ボツ記事が増える理由をぼんやりと考えてみました。

ボツが溜まる要因1、収益化を試みていない

Googleで、「1,000記事」と検索して驚いたのですが、1,000記事の達成記念記事を書いているブロガーさんはもれなく収益化を目指しているようでした。

継続が難しいと言われるブログで1,000記事を仕上げるには、毎日書いて3年弱ですから、普通はその過程で収益化を考える時期がくるのかもしれません。

もし私が、収益化を目指していたら、記事を仕上げることが収益の起点ですから、”ボツ記事”を1,000以上溜め込むことなどありえないでしょうね。

と、いうわけで、要因の一つは仕上げるモチベーションに欠けるという点です。

私も収益化を考えないではないのですが、そのモチベーションは、新たに発生するカスタマイズタスクが楽しみだという部分です。

グーグルアドセンスのライセンス承認、広告を貼るためのテーマ・テンプレートカスタマイズを試してみたい。そこにつきます。

ある時、ふと思い立って、アマゾンアソシエイトを申し込み、広告を貼ってみたのですが、1つ貼って、やり方が分かったら満足して、そのまま放置してしまっています。

単発で試してみたいだけで、ケアする気がないので、今のところパスです。

ボツが溜まる要因2、書くことが苦手

私は、楽しそうに書いているブロガーさんに思わずつられたことがブログを書くきっかけとなりました。つられ笑いならぬ、つられブログです。

迂闊でした。
自分が書くことが苦手で、説明も苦手で、表に立つことも好きじゃないことを忘れておりました。

「楽しそう」パワー、恐るべし。

書き始めてすぐに直面した作文苦手問題を今でもずっと抱えており、書くことがあまりに難しすぎて、逆に辞め時がわからなくなった状態です。

もともと「つられた」だけで目的がなかったブログですが、今となっては「作文力と説明力を上げる」という目的ができたほどです。詳しくは、関連記事「本1冊の文字数は、ブログ”100記事”相当って、それだけ!?」をご参照ください。

逆に、「つられた」のではなく、「主体的に」ブログをはじめた人っていうのは、もともと書くことが好きだったんだろうと推察いたします。

書くことが好きだけど、ボツ記事をため込んでしまっているブロガーさんって、いるのかな?

ボツが溜まる要因3、なんでもネタにしすぎ

収益化を目指しているブロガーさんたちは、何らかの専門エリアをもって、「価値のある記事」を仕上げなければなりません。対して私のは単なる作文練習帳みたいなブログなので、ネタはなんでもいいんです。

海外暮らしなので、「スーパーでツナ缶買ったけど、プルトップがなかった。日本凄い」みたいなことでも書いちゃうのが良くないのかもしれません。

毎日どうでもいい刺激が多すぎて、仕上げが間に合っておりません。

ブログカスタマイズにおいては、サーチコンソールの検索ワードを見るにつけ、想定より容易な「基本的な操作」的なものの方が検索需要があるようです。これらの検索需要に従うだけで、何千記事もできちゃいそうです。苦笑。

ネタ切れで困るブロガーさんというのは、よっぽど自分に厳しく、高いレベルを目指しているんだろうな~っと頭が下がります。

いかがですか?、タイトルを見て、パッっと思いついた要因が含まれていますでしょうか?

危機感と対策

ボツ記事に溢れていても困ることは無いのですが、仕掛り→完成が50%以下というのは、流石に生産性が低すぎて危機感を感じました。

それでワードプレスでブログを書き始めるにあたって、これらを仕上げることをテーマとしました。

更にダメ度が上がった気がしなくもありませんが、2年間で癖になってしまった途中放棄・あきらめ癖を治すためのちょっとした工夫と対策です。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください