Categories
ブログのウラ側

文字数的には「本1冊がブログ100記事相当」って、え?、それだけ!?

書籍一冊分(普通の厚さの文庫)は、10〜12万文字らしいです。仮によくあるSEOおススメ文字数1,000文字記事を惰性で毎日書くと、3か月ちょっとで100記事、つまり本一冊分の文字数に相当するわけです。え?、それだけ??って感じ。

書籍一冊分(普通の厚さの文庫)は、10〜12万文字らしいです。

一方、SEO的なおすすめの文字数は最低でも1,000文字だと書いてあるのをよく見かけます。私が使っているSEOプラグインのYoastは英単語300語を押しています。

仮に毎日1,000文字ぐらいの記事を書くと、3か月ちょっとで100記事、つまり本一冊分の文字数に相当するわけです。

しぇ~。

脱線が多い私の場合、1,000文字なんて、軽いです。

読むほうも1記事1~2分で読めて、軽くていいボリューム。

そしてそれを惰性で3か月書き続けただけで、本一冊分に相当するわけです。

え?

たった、それだけ!?

ブログ100記事を本1冊に転化できるクオリティー

文字数的には100記事が本1冊分だとして、私の記事は100記事集めても、本になんてできません。

それだけ内容が薄いってことです。

さむっ。

もうちょっとマシなクオリティーにしなきゃな…っと反省しましたね。

しみじみ。

なんというか、作文が苦手で、練習がてら書いている私には当てはまらないのですが、書くのが好きな人は、100記事で1冊になりうることが、ブログを始めるきっかけに、そして果てには作家大先生なれるかも?っと思って、書いてみました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.