オールグリーン をとっだど~!(プラグインYoast)

ワードプレスのプラグイン「Yoast SEO」のSEO判定を”オールグリーン”にしたくていろいろ試してみました。”オールグリーン”を獲得したのは、まさにこの記事です。

ただ、この記事はオールグリーンに固執しないことをおススメしております。
オールグリーンの記事は、非常に読みづらくなるからです。

やり方は分かっているけど、諦めるべきところはサクッと諦める。

どの部分を諦めるのかは、それぞれのブロガーさん次第でしょうけれど、私は結構あきらめています。

ゲーマー魂ですべてをクリアし、オールグリーンにしたいのですが、手数が多く、正直面倒くさいです。

今回は、面倒くさい部分じゃなくて、グリーン判定に変える方法がわからなかった部分について書きます。

SEOプラグインのSEOアドバイス

ワードプレスを使い始めてから、SEOプラグイン「Yoast SEO」をインストールして、記事毎にSEOの判定をしてもらっています。

タイトル、URL(スラッグ)、メタディスクリプション、イメージの貼り方、外部・内部リンクなど、包括的な改善提案を貰えます。

英語だと簡単に”オールグリーン”にできる

↓下図↓は、「英語」記事の判定です。

Yoast 英語記事の"オールグリーン"
Yoast 英語記事のオールグリーン

すごく簡単にすべてをクリアでき、機能が壊れているわけではない事が確認できました。

検証に使った英語記事「Early retirement at the age of forty five」 です. 内容的には, 日本語の600文字程度かな?

日本語記事に対応していないだけ

「だけ」じゃなくて、そこが肝なのですが…

このプラグイン、日本語の文字の区切りを認識しません。
文書全体の文字数ではなく、単語数で判定します。

これが日本語記事では全てをグリーン判定にすることが非常に困難な理由です。

それでも、使うメリットの方がはるかに大きいですけれどね。

Yoast SEO メタボックスで “オールグリーン”をとる方法

この記事では、一般知識でまかなえる「外部・内部リンク」、「画像添付」などについてのアドバイスは触れず、Yoast固有の癖で苦戦した部分だけ書きます。

日本語記事が不利なポイントは、下記の3つです。
「文字数」、
「英数字スラッグ」、
「単語区切り認識」

それでは、それぞれ詳しく見てみましょう。

推奨される300単語よりも少ないです

最大の難関は「単語数 300」です。

英単語って、単語の合間に空白がありますよね。これがYoastの単語数の認知方法なので、スペースで区切られない日本語は、改行するか、段落が変わるタイミングでしか単語数が増えていきません。

I am a Japanese expat living in the UK, and this is the third foreign assignment after China and India. Living in foreign countries for more than 10 years, there always are something new and beyond my imagination. At the same time, we can share feelings in so many aspects as a same species. Being a foreigner, I somewhat occupy the best place to watch all those differences and resemblance as if I was an external observer.

英語版では、↑は、76単語です。
ところが内容は同じでも日本語の翻訳文↓は、 1単語と認知されます。

私はイギリスに住む、日本人駐在員です。中国、インドに続く3か国目の赴任に当たります。10年以上海外に暮らしていると、常に何かしら新しく、想像を超えたことが起こります。それと同時に同じ人類として、多くの事柄で心を分かち合うことができます。外国人でいると、それらの相違点や類似点をなんだか外部の観察人のような、最高のポジションから眺め暮らすことができます。

300単語と言いながら、300段落を要求するむちゃぶりです。

3単語と認定されるためには、
英語では、簡単。

I am Japanese.

日本語だと、カンマと半角スペースで区切って3つに分離にするか、

私は, 日本人, です.

もしくは、ポエム風に改行するか、

私は
日本人
です。

はたまた、アメブロのかわいい女子風に、段落までかえちゃうか…

私は

日本人

です

うーん。
ないな。

ところで、「300単語」の根拠も微妙です。

日本語記事のSEOサイトでは、最低1,000文字をおススメしているのを見かけます。

英語記事の場合は、おススメが「300単語」。

ゲーマーのコンプ魂以外でこれを達成する意味は全くありません。

だからこの記事だけでしかやりません。

というわけで, 以下, これまで以上に「, (コンマ) + 半角スペース」を多用して単語数を稼ぎますので, 読みにくさをお許しください.

このページのURLにフォーカスキーワードが含まれていません

日本語単語の認識に問題があるものの, 一番SEOに効いていると実感できているのが, 記事毎の「キーワード」の設定です.

Yoastでは, フォーカスキーワードと呼んでいます.

これを”SEOメタボックス”の”フォーカスキーワード”に入力します.

それが記事の核になります.

無料版だとキーワードは1つの記事に1つだけ, 有料版だと1つの記事に複数のキーワードを持てるようです. 私が使っているのは無料版です.

ところで, ページのURLにフォーカスキーワードを含ませることはできます.

「設定」 → 「パーマリンク」設定にて, 「投稿名」 /sample-post/を含むパーマリンクにして, スラッグにキーワードを記入するだけです.

日本語のキーワードでもOKで, スラッグに入力した単語が日本語だとそのまま日本語URLが作成されます.

但し, 英数字のパーマリンクが方が運用しやすいです.

そして, パーマリンクの設定は, とても大事な部分なので, こんな事に影響されるべきではありません!

私は個人的に, 日本語でパーマリンク(スラッグ)を設定していたことがワードプレスでのブログ運用の中で最大の失敗だと思っており, 「ワードプレス、”日本語URL”は二度とごめんだ!」という記事を書いたぐらい困ったので, 日本語パーマリンクはこの記事限りにします.

フォーカスキーワードがSEOタイトルに含まれていません

SEOタイトルというのは, 記事タイトルの事です.

記事タイトルに関しては, 文字数が多いだの, 少ないだの, いろいろとウルサイです. 大事なところですから, 仕方ないですね.

SEOのタイトルとフォーカスキーワードについては, 2つの判定が行われます.
1) キーワードを入れる
2) キーワードをはじめに入れる

オールグリーンにしたい場合, キーワードを頭に入れて, 半角スペースを開けるしかなさそうです.

文中のフォーカスキーワード

文中のフォーカスキーワードのアドバイスには, 下記の様なものがあります.

Yoastは, 単語の区切りをスペースで認知しているっぽいので, フォーカスキーワードを記事にちりばめても, 認識してくれません.

空白を開けるのが手っ取りばやいのですが…

仮にフォーカスキーワードが「日本人」だったとして, その周囲に空白を入れるのは不自然です.

私は 日本人 です。

代わりに英語風にキーワードを””(ダブルクオーテーション)で囲んでみたら認知してくれました.

私は”日本人”です。

ま, ちょっとはマシ, っという程度ですけれどね.
因みに””で囲まれていれば独立した単語として認知してくれますが, 単語数は増えません (笑)

せめて「」だけでも区切りとして認知されてくれればいいのに.

「キーワード」を意識するだけでも上達する

(まだ, これで250単語… ここからはポエムモードです)

まだまだ文章が下手なので
説得力がないかもしれませんが
記事にキーワードを入れるようになってからというもの、
少しはマシな記事が書けるようになったような気がします

少なくとも脱線すると
わかるようになりました

わかったからといって
どうしていいかわからないのですが
何とかした方がいいと気づきます

見出しをつけたり
画像をいれたり
引用元へのリンクを貼ったり
そういう事もマメになりました

ユーザの利便性に繋がっている = Googleの目指すところ

恐らくこういう細々した面倒くさいところが
ちゃんとSEOに繋がっているんだと思います

だから
完璧(オールグリーン)は目指す程ではないけれど
これからもYoastのメタボックスのアドバイスにしたがって
核のある分かりやすい記事を書く努力
続けようと思っています

オールグリーンはおススメしない

このようにオールグリーンに固執すると
最終的には
ポエムモード縛りになります

え?
誰も固執していないって?

そうですね
私がオールグリーンの記念記事を
残したいだけでした

ポエムモードは
一部の人には読みやすいのかもしれませんが
私は苦手です

ガッツリ塊で書いてしまうのは
それはそれで読みにくくて
よくないらしいです

ウェブ文章は一段落に3行ぐらいが理想的だ
と、書いていたのを読んだことがあります

というわけで、
4千文字を超えるこの文章を
最後まで読んでくださった方

実験にお付き合いいただきまして
まことにありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。