最新記事

  • 海外駐在員、OKYからKTYへ corporate livestock 16-9インドや中国にも7年勤務したので、私がホンネをぶっちゃけることをお許しください。インド、中国では、OKY (お前こっちきてやってみろ)だった海外勤務が、イギリスではKTY (こっちで適当にやっとくよ)に変わりました。
  • 社畜病⑧なんでも「逆算」しようとする corporate livestock 16-9仕事で「逆算」というと、ゴール・目標から遡って今やるべきことを割り出したり、途中の進捗目標をマイルストーンとして設定しておくことが浮かびます。今のご時世、何事にも「納期」がありますから、息を吸うかの如く、ごく自然に「逆算」して考えます。
  • 退職後やりたい100のこと、ストーンバランシング corporate livestock 16-9「ストーンバランシング」というのは、石ころをバランスを取りながら積み重ねていく遊びというか、ストレス解消というか、心を落ち着かせる方法というか、芸術です。ロックバランシングとも呼ばれています。私の知人が、ハマっていて、ストレス解消と心を落ち着かせるのに良いと言っていました。
  • 社畜病⑦社畜最強スキル「バランス感覚」 Shachiku 16-9「バランス感覚」って、言葉の響きはふんわりしているんですけれど、ビジネスに適用すると「最適ポイント」を探し出せる能力のこと。そして真にバランスが取れて、安定するポイントって、ごく狭い範囲、ただ一点だったりするんです。
  • 退職後やりたい100のこと、「数独」の問題を作る corporate livestock 16-9人間長く生きていれば、壁にぶち当たった時に、「こうしたらどうだろう?」などと、とっかかりの1つや2つ思いつくものじゃないですか? 私は「数独」の作り方に関しては、手も足も出ません。問題の作り方を考え、問題を作るとなると、解くよりも時間がかかりそう。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。