SF (Film)

スタートレック IX: 叛乱、レビュー【後半ネタバレあり】

奇数番のスタートレックは駄作なんていうトレッキーの間の都市伝説がありますが、9作目に当たる本作は、良作でした。たまにはこういう軽いSFもいいですね。
SF (Film)

スタートレック VIII: ファーストコンタクト、レビュー【後半ネタバレあり】

スタートレック版の「オリジンズ」的な作品。スタートレック(=星々の探索)には、光速を超える移動手段「ワープ技術」が開発された時代、西暦2063年の地球は、見てみたかったので、興味津々。
SF (Film)

スタートレック VII: ジェネレーションズ、レビュー【後半ネタバレあり】

本作は「スタートレック III」以上に過去作を知らない人にはつまらないんじゃないかという点が気になって楽しめませんでした。スタートレック映画は、偶数版は良作、奇数番は駄作と言われますが、個人的には奇数番は「内輪向け」で、偶数版は「新規向け」という印象です。
SF (Film)

スタートレック VI: 未知の世界、レビュー【後半ネタバレあり】

クリンゴン帝国のホームワールド「クロノス」の衛星プラクシスが爆発して、仮に「クロノス」からの遷都を余儀なくされたとしても「クリンゴン帝国」が滅亡することはないと思うんだけど…それにこの後の時代にも「クロノス」はピンピンしているんだけど…
SF (Film)

スタートレック V: 新たなる未知へ、レビュー【後半ネタバレあり】

トレッキーの間では、奇数番のスタートレック映画は駄作だとか、シャトナー(=カーク)が監督として出張った「V」は壊滅的だとか言われていたのですが、特にそんな風には感じませんでした。
タイトルとURLをコピーしました